• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

グラマラスな女性必見・下着屋で思わぬ冷遇を受けないための対処法

Date:2013.08.16

スタイリッシュな女性
あなたはグラマラスですか?もしグラマラスだとしたら、下着屋さんで思わぬ冷遇を受けたことはありませんか?なかなか話題にはならないことかもしれませんが、グラマラスな女性というのは下着屋さんで思わぬ冷遇を受けることがあります。

女性として恵まれている体型だからこそ、同性の店員さんからはなかなか親身になってもらえないという現実があるからです。女性同士というのは本当に難しいものですね。

また、グラマラスな女性だからこその下着に関する悩みは多く、人に言えないものがあると思います。

店員さんがあなたと同じくグラマラスな人生を歩んできた人でない限り、下着に関する悩みを伝えてもなかなか理解してもらえず、それどことか好意的な反応をもらえない可能性もあります。積極的に下着を選んでもらえない可能性だってあります。

ここでは、下着屋さんで思わぬ冷遇を受けないための対処法をお伝えしたいと思います。グラマラスな女性が少しでもお店で厚遇を受けますように!

自分と同世代の店員さんよりも、歳が離れた店員さんに話しかける

さて、下着屋さんに入って下着を選びます。そんなときに自分ではなかなかちょうどいいサイズのブラジャーを見つけられない場合があります。

しかしグラマラスな女性というのは「○カップのものはありますか?」と店員さんに話しかけたとき、あまり積極的に接客をしてもらえないときがあるのです。それは店員さんも同じ女性であり、グラマラスな女性に対する本能的な嫉妬心があるからでしょう。

特にまだ若い年齢の店員さんだと、その本能的嫉妬は明らかに態度となって出ます。ですので、もし下着屋さんで丁寧な接客を受けたければ、自分とは世代の違う、歳の離れた店員さんに話しかけるのが一番いいはずです。

歳を重ねている女性であれば、人生経験から培った自信がありますので、グラマラスな女性に対しても優しく接してくれるはずです。

自分と同じくらいのグラマラスな店員に話しかける

グラマラスな女性が下着屋であまり積極的な接客を受けられないということの原因には、嫉妬ということもあるかもしれませんが、もっと言えば、「グラマラスな女性の悩みを理解できない」ということがあるかもしれません。

グラマラスじゃないからどのくらいブラジャー選びが大変か、わからない!という店員さんだって多いでしょう。

ですので、下着屋さんに行ったときにきちんとした接客を受けたいと思うのであれば、そのお店の中で最も自分の体型に近く、あなたと同じようにグラマラスな女性店員に話しかけるようにしましょう。

同じような体型であれば、今まで抱えてきたブラジャーに対する悩みも同じはず。そしてきっと理解してもらえるはずです。そして親身になって商品を選んでもらえます。

店内を見渡してみて、自分と似たような体型の人がいないのであれば、次に美人な店員さんを探しましょう。お顔が美しいということはその人の自信につながっていますので、余計な嫉妬心なく接客を受けられる可能性があります。一度試してみてください。

遠慮はせず、しっかりと胸に関する悩みを伝える

下着屋さんでグラマラスな女性が一番心がけなくてはならないのが、堂々と胸に関する悩みを伝えるということにあります。

体型上の特徴というのは自信にも武器にもつながりますので、周りの人たちから散々話題にされてきたかもしれません。うらやましがられてきたかもしれません。ときには女性同士特有の批判の対象にされたこともあるかもしれません。

しかし、体型はよほどのことがない限り、かえることはできません。堂々としていていいのです。そして下着屋さんに行ったときにはしっかりと胸に関する悩みを伝えましょう。遠慮する必要はありません。

「高いお金を出して買うのだから、下着選びは絶対に失敗したくない」と伝える

下着の値段というのはピンきりです。安いのもあれば、高いのもあります。しかしグラマラスな女性用のブラジャーというのはどうしても値段が高くなってしまう傾向にあります。

高い値段を払って買うのに、遠慮して自分の希望を伝えることができずに結局自分に合わないサイズや形のものを買ってしまうのは本当にもったいないことです。

あまり積極的に接客をしてくれない店員さんには「高いお金を出して買うものだから、きちんと合うものを選びたい、失敗したくないんです」としっかりと伝えましょう。

最初にビシッと言うことで、店員さんにも「お客さんのためにしっかりブラジャー選びをしなきゃ」と思ってもらえるきっかけになります。「以前、下着選びを失敗したことがある」と言う話をして、釘を刺しておくのも効果的です。

堂々としているべき・そして相手もプロであることを忘れない

グラマラスな女性は、ただでさえ嫉妬のまなざしを向けられやすい傾向にあります。魅力的な体型であることは、それだけうらやましがられる対象にあるということですから、仕方がないことでもあります。

グラマラスな女性は、とくに下着屋などでは堂々としているべきです。遠慮せず、しっかりと自分の希望を伝えることで相手にも接客態度を改めてもらうことができます。

それから一番大切なことは、店員さんもプロであるということを忘れてはいけないということです。「どうせ冷遇されてしまうから」「どうせ親身になって接客してもらえないから」と最初からマイナスなイメージでお店に向かわないようにしましょう。

相手もプロです。サイズを測ってくれたり、サイズに関するアドバイスをしてくれたりと、そういった技術面に関してはしっかりとした知識を持っているはずです。

下着屋さんに入って思わぬ冷遇を受けてしまった際には、むしろあなたのほうから積極的にアドバイスなどを求めてみてもいいかもしれません。下着は自分の体に合ったものをつけないと姿勢が悪くなり、全身にも悪影響が出てしまいます。

サイズの合ったものをじっくり選ぶということはとても重要なことです。この記事が、下着屋さんで気持ちよく下着を選べるお手伝いになれれば幸いです。

この記事をシェアする

関連記事