• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おしゃれで美味しい!あなたを救うハーブティの効能

Date:2013.09.28

最近好んで飲む方も多い、嬉しい効果が満点のハーブティ。ハーブティにはリラックス・リフレッシュ効果だけでなく、デトックス(毒素排出)効果、美容効果、老化防止効果など、その種類によって様々な効果が期待できます。

近頃ではハーブティ専門店もあり、その種類は膨大です。挑戦したいけれど、正直種類が多すぎてどれを選べばいいかわからないとお困りの方に、効果別の選び方をご紹介いたします。

キレイに効く!美容効果

・ローズヒップ

言わずと知れた美容効果のある代表的なハーブ。レモンの20倍のビタミンCが含まれているといわれ、美肌効果が抜群です。また、色素沈着防止作用があるため、美白やシミ、ソバカスにももってこいのハーブです。

ビタミンCには美肌に欠かせないコラーゲンの吸収力を約10倍良くさせる働きがあるので、ローズヒップティと一緒にコラーゲンを摂取すると、より効果的です。

・ハトムギ

女性ホルモンの働きを活性化させ、肌の調子を整えて美肌に導いてくれるハーブ。むくみやシミ、ソバカスにも効果があり、皮膚の浄化を促す作用も。ただし、体を冷やす作用があるため、妊娠中の方は注意する必要があります。

心地よい眠りへと導く。リラックス効果

・カモミール

不眠や風邪、腹痛などにも古くから民間薬として使われてきたハーブ。身体をリラックスさせ、心地よい眠りへと導いてくれます。治癒促進・免疫機能向上作用もあるので、ニキビやインフルエンザ、風邪などにも効果があると言われています。

・ラベンダー

少しクセのある味ですが、ラベンダーの香りには鎮静作用がありストレス性不眠に良いと言われています。

しかしいくら安眠のためとは言っても、ラベンダーには子宮を刺激する作用が含まれているため、妊娠初期は多量に用いないよう注意する必要があるでしょう。逆に考えると、生理不順にも効果があります。

なんとかしたい!お腹の張り。便秘解消

・ルイボス

南アフリカの原住民が利用した不老長寿の飲み物、万能茶として昔から語り伝えられたハーブです。代謝促進作用があるため、胃腸の不調や便秘解消に効果が期待できます。

また、抗アレルギー作用があるので、花粉症やアトピー、小児喘息にも良いといわれています。香りはほとんどなく、爽やかな飲みやすいハーブティなので気軽に取り入れることが出来るでしょう。

ハーブにはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれており、普段の生活にハーブティを取り入れることで不足しがちな栄養成分を補うことが出来るのです。

「飲んでみたいけどハーブティが苦手・・・」という方は、ハチミツを混ぜてみることで飲みやすくなります。まずは夜眠る前に1杯のハーブティを取り入れて、心も身体も洗浄してみませんか?

※ハーブティはノンカフェインなので、安心して就寝前にお召し上がりいただけます

この記事をシェアする

関連記事