• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

まるで甘いカクテル!流行りのはちみつ+ウイスキーを試してみた

Date:2014.01.25

ウィスキーと聞くと、どういったイメージでしょうか?ハイボールでさっぱり?ロックで濃厚に?それとも、渋いおじさまの飲み物でしょうか。実は今、スイーツ大好き女子が、ハニーフレーバーのウィスキーにハマり始めているのです。

アサヒ、サントリーが続々と発表

アサヒビールからは、アメリカやヨーロッパを中心に人気を博していた「ジャックダニエル テネシーハニー」が登場。アメリカの有名バーボンウィスキー、ジャックダニエルにハチミツを入れ、シナモンで風味をつけているそう。

ジャックダニエルらしい高級感のあるパッケージに、蜂のイラストがキュートです。

サントリーからは、なんだか憎めないおじさん“アンクルトリス”でおなじみトリスウィスキーの、ハニーフレーバーバージョン「トリスハニー」が登場です。こちらはハチミツのほか、レモンリキュールもブレンドされていて後味のすっきりさが売り。

近年では欧米でフレーバードウィスキーが流行していることから、日本でも今後ハチミツ以外のフレーバーのウィスキーも登場してくるかもしれませんね。

どう飲む?どんな味?

・まずはお湯割り

興味津々の私はさっそくトリスハニーを購入!ハチミツとレモンリキュール=「はちみつレモン」というなんとなくヘルシーなイメージからか、風邪によさそうと都合よく考えて、まずは寒い日にお湯割りで挑戦しました。

好みのお湯の量を知るまでなかなか酔っぱらうことになりましたが、意外にしっかり甘い印象です。ウィスキーの風味がどっしりきたのはお湯割りだったからかもしれません。しかし、寒い夜にまったりするには間違いない一杯。

・定番のオンザロック

大きな氷が家になかったので、小さな氷をザラザラ入れるという残念なオンザロックに。しかし、飲みやすい!

ハチミツの甘さとレモンの風味がしっかり感じられて、すっきりした甘さに感じられます。ウィスキーは苦手という女子の、ウィスキー初体験におすすめしたい一杯でした。

・やっぱりハイボールです

個人的には一番楽しみにしていた飲み方が、この炭酸割りでした。ハイボールにレモンのベストバランスに甘味を入れて、まずくなるはずがない!

公式サイトでおすすめのウィスキー:炭酸バランスが1:3だったので、それを参考にしました。いつものハイボールにハチミツのまろやかさが加わって、至福の味に。がっつりめのおつまみにも、意外に合うようです。

「ウィスキー×ハチミツ」カクテル

ウィスキーとはもともと、麦やとうもろこしなど、穀物から作られているお酒。

原料とハチミツの相性は抜群によいのだから、ウィスキーとハチミツの相性だって良いはずだ、というのが、思考回路が単純な私の、ハニーフレーバーのウィスキーに関心を持ったきっかけなのですが、調べてみると、実際にハチミツをたらしてウィスキーをたしなむ人もいる様子。

スコッチ×生クリーム×ハチミツを材料に、「ヘアーオブザドッグ」というカクテルがあるそう。材料からも知れる通り、スイーツのような甘さ、そしてなかなかのアルコール度数のカクテルです。

ウィスキーを甘くして飲むなんて邪道?いえいえ、大人のスイーツとして、新しい扉が開けてしまいますよ?

この記事をシェアする

関連記事