• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌が突然荒れた時に知っておきたい!とっておきの対処方法とは?

Date:2012.11.22

季節の変わり目ともなると、何故か今まで使っていた化粧品が突然肌に合わなくなったといった事はありませんか?

どうやら周りの人たちに色々と対処法を訊いてみたところ、「化粧品を全部取りかえてみる人」も。怖いからと、「なるべく何もつけずにいようとする人」。逆に「たくさんつけようとする人」・・・。

メイクに関しても、「肌荒れを起こしていると時は一切しない人」、または「隠そうとしてベッタリとファンデーションやパウダーでいつもより厚塗りをする人」など。

中には「メイクはしないけれど、紫外線は肌に悪いからと言って、日焼け止めクリームだけを塗る人」などなど。人それぞれの対処法があるかと思います。

しかし、本当に良い対処方法とは一体何なのでしょうか?正しい対処方法を知ってキレイな肌を保ちましょう!

水分蒸発を防ぎましょう!

まず第一に言える事は、荒れた肌は、確実に水分がどんどん蒸発しているという事。このままだと荒れる一方です。何より「保湿」が1番大切だという事です。ただし「肌にしみるものはつけてはいけない」と思ってください。

肌が「しみる」のは、実は肌が拒絶しているサインなのです!化粧水、乳液、クリームでいうと、化粧水が1番しみるはずです。何故なら水っぽいものの方がしみやすく、油分の多いものの方が、肌への当たりがやわらかいのです。

そのような時は、思い切って、化粧水は使わずに、いっその事クリームだけをつけます。クリームでもしみる時は、ワセリンを塗ると良いでしょう。ドラッグストアにも置いてあるので比較的手に入りやすいと思います。

ワセリンのような油を塗ると「油焼けしてシミになる」と思っている人が時々います。しかし、現在の日本では、化粧品やスキンケア用品に使われている油はちゃんと精製されているので、まず油焼けをするような事はありません。

パウダーメイクで美白肌を守りぬく!

次に紫外線対策です。日焼け止めクリームは、やはり荒れた肌には多少刺激があります。だからと言って、現在の紫外線事情は複雑です。放っておく訳にはいきません。シミになってからでは遅いですしね。

そんな時にはパウダーファンデーションやルースパウダーをつけましょう。また粉おしろいでも構いません。日焼け止めクリームよりはパウダー類の方がかぶれにくいので、荒れた時はこちらの方が断然オススメです!

ただし気をつけるポイントあります!パウダー類は肌を乾燥させるので、必ず下にクリームなどを塗っておきましょう。そして帰宅したら、必ずダブル洗顔をし、また保湿クリームを塗っておきましょう。

このようにして肌を休めていれば、大抵の場合は約1週間くらいで肌は落ち着いてくるはずです。それを待って、少しずつ他の化粧品(化粧水や美容液など)を加えていきます。

まずは敏感肌専用のものから始めると良いですよ。色々な方法がありますが、何より保湿が大事です!化粧品を変えたい場合、いきなり全部は変えないで、少しずつ加えながらも変えるようにしていきましょう。

とは言いつつも、化粧水、乳液、クリームといった化粧品メーカーが提案するラインで揃える必要はありません。

あくまでも「自分の肌は自分が1番知っている」という自信を持って、自分に合った化粧品を選びましょうね。高ければ良いという訳ではありませんよ。

この記事をシェアする

関連記事

コメント