• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌荒れしてると思ったら確認したい5つの事

Date:2013.09.17

女性の肌荒れの原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足など様々なものがありますよね。しかし、よく睡眠をとっても、サプリメントで栄養補給しても、基礎化粧品を変えても治らない…。ちょっと待った。肌荒れを引き起こす原因、他にも見落としていませんか?

メイク道具は汚れていないか

ファンデーションのスポンジやパフ、チークブラシなど、定期的に洗っていますか?使用後のメイク道具は皮脂汚れがついていたり、雑菌が繁殖しやすくなっています。当然、洗わずそのまま使っていたら、肌荒れの原因になるでしょう。スポンジであれば、使い捨てを使うという手もあります。

スポンジやパフを洗って使い続けるのであれば、専用クリーナーか中性洗剤を使用し、ぬるま湯で洗ってください。2~3日の頻度がベストです。

チークブラシは、人工毛や天然毛など種類によって使える洗剤や洗う頻度が違います。基本は、毎回必ず使用後にティッシュでブラシを拭き取り、週1回の頻度で専用クリーナーを使用し洗うようにしましょう。

寝具は洗っているか

枕カバーやシーツなどの寝具は、毎日肌に触れるものですよね。寝汗、皮脂、ダニが付着した状態で寝ることも、肌荒れの原因のひとつです。せめて1週間に1度は洗うようにしましょう。

シャンプーの前に洗顔していないか

これはシャンプーの前に洗顔すること自体が悪いのではありません。髪を洗うと、どんなに気をつけて洗っていても、シャンプーやリンスが肌につきますよね。せっかく洗顔した後なのに、シャンプーやリンスが肌についてしまっては意味がありません。

洗う順番を見直しましょう。洗う順番は、髪→顔→体の順番がベストです。上から下へ汚れが落ちるので、きちんと洗い流すことが出来ます。

洗顔や洗顔後拭く時タオルで強く擦っていないか

摩擦により、肌が荒れたり、シミの原因になることがあります。洗顔する時、タオルで顔をふく時、強く擦りすぎていませんか?心当たりがあれば、洗顔する時は擦るのではなく水をかけるようにして洗い、タオルで拭く時は顔を抑えるようにして拭きましょう。お風呂上りに体を拭く時も同様です。

塩分や糖分を多く摂りすぎていないか

塩分や糖分の摂りすぎは、肌だけでなく健康にも悪いことです。肌荒れする前に、普段からスナック菓子、チョコレート、揚げ物、インスタント食品などの食事は出来るだけ控えておきましょう。

使用しているモノや肌を衛生的に保つこと、バランスの良い食事は美肌を作る上で土台になるものです。以上5つのポイントを見直して、自分の肌を守りましょう。

この記事をシェアする

関連記事