• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「おでこのしわが消えない!」しわを作らず肌美人になる改善法

Date:2014.07.22

何気なく鏡を見た時に、おでこや口周りのしわが気になったことはありませんか?

若い時は、寝ている時に枕や布団に顔を押しつけてできたしわさえ一瞬で消えてしまうのでそれほど気にしなかったでしょうが、年齢と共に張りや弾力が失われるのでしわが消えにくくなってしまいます。

老化によってしわはくっきり残るようになるので、30歳を過ぎた頃から化粧崩れが気になるという方も多いのではないでしょうか。今回は、顔のしわを改善して若返る方法を4つご紹介します。

1 顔の筋トレでしわを改善しよう

私たちの体は、筋肉によって膝を曲げたり伸ばしたりというようにスムーズに動かしているのですが、残念ながら筋力は年齢と共に低下していきます。同様に、顔にある表情筋も老化によって低下するためしわができやすくなると言われています。

表情筋が低下すると顔の引き締め効果がなくなるので、額や目、口周りに大小様々なしわが出てしまうのです。しわのある顔は、実年齢よりも上に見られる原因になるので顔の筋トレでしわを改善しましょう。

表情筋を鍛える方法は、とても簡単です。ひらがなの「あ」行から順番に言うだけです。普段よりも口を大げさに開けて顔の筋肉を動かすことがポイントです。ひらがなが飽きてきたらアルファベットの「A」から順番に言っても良いでしょう。

口を動かすほど表情筋を鍛えられるので、しわが消えるだけではなく顔の引き締まりによる小顔効果も期待できます。顔の筋トレの場合は、ただ顔を動かすだけなので運転中や入浴中などいつでもどこでも簡単にできますので、お時間がある時に是非お試しください。

2 保湿でしわを改善しよう

保湿不足がしわを招いている場合は、肌に必要な水分や油分を補うことで改善できることもあります。若い時には何のお手入れをしなくてもくすみもたるみもない肌をキープできていたでしょうが、老化と共に年齢に合わせたお手入れが必要になります。

化粧水や乳液などを油分があるしっとりタイプで揃えることはもちろんですが、紫外線が強い季節や乾燥する季節は特に念入りに肌のお手入れをすることをお勧めします。

乳液や美容クリームなど肌馴染みが良いアイテムを使う時には、顔の血行を促進させるためにマッサージすると良いでしょう。下から上へ、内側から外側へ、意識して指を優しく動かしましょう。

顔のマッサージだけではなく、首や頭のマッサージも一緒に行うこともお勧めです。自宅でできるヘッドスパ関連のシャンプーやトリートメントなどを使って、頭皮をマッサージして血行を促進させることで顔のくすみも改善できるでしょう。

3 コラーゲンでしわを改善しよう

小さな細胞が集まっている肌は、コラーゲンによって繋がっているのですが摂取量が少ないと張りや弾力不足に陥りしわができやすくなります。

コラーゲンは食べ物によって補給できるので、しわやたるみに気づいたらコラーゲンを意識した食生活にすることをお勧めします。さんまやカレイ、豚足、フカヒレなどにはコラーゲンが含まれていますが、継続することが難しい場合はサプリメントを利用しても良いでしょう。

お勧めは、すっぽんエキスが配合されているサプリメントです。すっぽんには、コラーゲンだけではなくアミノ酸やビタミンEなど肌に良い成分が多く含まれているので、しわを軽減するだけではなく新陳代謝を高めるので肌のターンオーバーの促進も期待できます。

より効果を実感したい方はコラーゲンのみではなく幾つかのサプリメントを組み合わせてみてはいかがでしょうか。

4 寝てしわを改善しよう

肌は寝ている時に作られると言っても過言ではありません。寝ている間に分泌される成長ホルモンは肌質向上には欠かせませんし、睡眠不足が続くことで肌荒れや肌ストレスなどを引き起こすのでしわだけではなく目の下のクマや吹き出物の原因にもなってしまいます。

午後10時から午前2時は肌を再生させるために必要な時間帯ですから、深夜に寝ることが多いという方は早寝早起きの習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

美容外科を検討してみても…

顔のしわをすぐに消してしまいたい場合は、美容外科でヒアルロン酸やコラーゲンを注入してもらうこともお勧めです。額や目尻などに直接針を刺して注入することでしわを取り除いて若返ることが可能です。

美容外科によっては、お友達紹介プランや初回限定プラン、プランを組み合わせるセット割引などもあります。カウンセリングは無料で行っている所がほとんどですし、メスを使う整形と違って費用も数万円程度です。

ただし、一度の注射でしわが消えるわけではなく効果持続にはある程度の期限がありますので、興味がある方は詳しい話しを聞いてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事