• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

乾燥肌の人は要注意、知らない間にあなたの肌も肥満状態に!

Date:2014.12.02

女性にとって毎日欠かすことのできないスキンケア。肌を守るため・将来のために肌のケアをいろいろとしているという女性は多いと思います。

こういうケアも大事なのですが、肌を甘やかすのはあまりよくないそうです。最近、乾燥肌で悩んでいる人の多くが肌のケアをしすぎからくる肌肥満という女性も。

肌肥満はどういうもので、肌肥満にならないためには日頃どういうケアをすればいいのでしょう?

体と同じ、肌も甘やかすと肥満状態に!

皆さんは「肌肥満」という言葉を知っていますか?実は肌も体と同じように肥満状態になることがあるそうです。

女性は毎日メイクをします。その時も肌が乾燥しないようにと日中美容液を塗ったり外部からの刺激を防ぐためにファンデーションを塗ります。帰って洗顔などをして汚れを落とした後、さらにその後に栄養たっぷりのクリームを塗ってから就寝。

この状態を見ると肌がまっさらになっている状態がほとんどありません。常に栄養を与え、肌が自分で皮脂分泌などができない状態にすると、肌が自分で働かなくなり、肥満状態になってしまいます。

本来であれば自分で肌に必要な皮脂を分泌し、肌が乾燥しないように保つことができるのですが、これができないのは肌が肥満状態で働きを忘れてしまっている可能性が高いそうです。

スキンケアをシンプルにするためには洗顔に重点を

肌肥満にならないためには肌に余分な栄養を与えないということも大事ですが、肌が自分で皮脂を分泌しやすい状態にしてあげることが大切です。そのためにも洗顔でいらない汚れやメイクを綺麗に落としてあげるようにしましょう。

メイク落としの時、肌にたっぷりとつけて軽く指の腹でくるくるとマッサージしながら落としてあげると肌への負担がかかりません。よくアイメイクなどを落とす時にゴシゴシと指でこする人がいますが、これは肌を傷めるだけではなく肌の老化の原因の1つにもなります。

洗顔も同じく泡をたくさん作り肌への摩擦を抑えるようにしましょう。洗顔料は洗浄力の高いものは必要な皮脂も奪ってしまいます。肌と同じ弱酸性のものや天然成分でできたものを選ぶと洗顔料での肌の負担を軽減することができます。

肌肥満を起こさないためのスキンケア

肌肥満を起こさないためには必要以上に顔に塗らないことが大切です。夜のケアは洗顔後にしっかりと化粧水で保湿し、その後はクリームで水分の蒸発を防ぐ程度で大丈夫です。

シンプルケアをすることで肌が自分で肌を再生しようとする力をつけるので、乾燥肌や肌荒れを起こしにくくなります。

このシンプルケアだけでは不安という人はクリームを馬油にすると水分蒸発もさらに防止できますし、肌に油分が浸透するのでカサカサになることはありません。

馬油は余計なものが入っていないので肌荒れなどを起こした時に直接塗っても問題がないので、1つ持っているととても便利です。

美容液・スペシャルケアは週2でOK

今まで毎日美容液をつけたりパックをしていた人には上記の超シンプルケアでは物足りないと感じることがあると思います。もちろん美容液やパックなどをずっとしないというわけではありません。週に2回程度、肌に少し贅沢をさせてあげることも大切です。

美容液やパックは時々するからこそ効果が現れます。毎日していると肌も「それが当たり前」と思い込んでしまい、効果を感じられなくなるという人もいます。今まで毎日行っていたスペシャルケアは週に2回、あとの日はシンプルケアで肌に力をつけてあげることが大事です。

スキンケアをいきなり超シンプルケアにするのは少し抵抗があると思います。最初のうちは「何だか物足りない」「乾燥が気になる」という人もいますが、徐々に肌が自分で働いて美容液などを塗らなくてもツルツルで潤いのある肌に戻っていることも。

「ちょっと肌を甘やかしていたかも」と感じた人は肌のためにも少し手を抜いてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事