• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

忙しくても綺麗になれる!肌の悩み目的別簡単スキンケア方法

Date:2014.06.23

毎日慌ただしい生活を過ごしていると、肌のスキンケアも衰えがちになったりしませんか?「綺麗になることを諦めたくない!でも、忙しくて完璧にケアできない」という人におススメなのが、目的別に絞った簡単スキンケア方法です。

自分の肌状態を知り、その目的に合わせた有効的な肌ケア方法を紹介します。簡単な方法ですが、必ず結果を実感できるでしょう。

肌の乾燥やくすみが気になるなら

どんなに美人でも肌のきれいな人でないと本物の美人とはいえません。スキンケアで最も大事なのが保湿です。保湿をしないとバリア機能が壊れて、肌荒れやくすみなどのトラブルが起きてしまいます。

なので、セラミドやヒアルロン酸など保湿成分が配合された化粧水と美容液をしっかりと塗ってあげることが大切です。セラミドといっても本物と本物ではないタイプがあります。

商品の裏に書いてある成分表をみたとき、セラミドの文字の後ろに 2、3、4、10などの番号がついてれば、本物のセラミドなので安心して使ってくださいね。また、美容液だけだと目元や口元はどうしても乾燥しやすいのでクリームを塗るというケアも重要でしょう。化粧水も美容液もラインでそろえた方が効果はよりあらわれます。

クレンジングで肌がカサついてきたと思ったら

疲れて帰ってきてうっかりメイクを落とさずに寝てしまった、なんてことありませんか?メイクを落とさないまま寝るというのは肌にとって一番良くないことですよね。

シートタイプ▲

シートタイプは手軽にふき取るだけなので、面倒くさいを解決してくれますが、こすり過ぎて肌を傷めてしまうので、あまりおススメできません。

オイルタイプ▲

メイク落としの主流であるオイルタイプは濃いめのメイクでもすんなりと落とせるのでありがたいのですが、業面活性剤が多く含まれているので、肌への負担はかなり大きいでしょう。

洗い流せるクリームタイプ◯

クレンジングの中で比較的、肌に優しいのが、洗い流せるクリームタイプです。その中でも適度な硬さの質のよいものを選ぶと肌にそれほど負担がかからないと言われています。皮脂の多いTゾーンから洗うのが鉄則です。

乾燥しやすいUゾーンやデリケートな目の周りや口元などは最後に洗うようにします。とにかく肌への刺激を最小限に食い止めるのがポイントです。

最近、肌のくすみが気になり出したら

年齢とともに肌の新陳代謝が衰えていき、くすみが目立つようになります。余分な角質を取るピーリングを行うことで、くすみが改善されてターンオーバーが正常な方向へ働きだすようになります。

ピーリング剤の選び方としては、低酸性で肌に優しいミルクタイプ。ピーリング剤を塗ってしばらく置いてから洗い流すという方法です。AHAなど専用の薬剤が配合された石けんを使うこともおススメです。週2回をめやすにやってみてください。

刺激の強いスクラブやこすり取るタイプのものはどうしてもこすり過ぎてしまい、シミをつくる原因に。逆に肌に悪い影響を与えるのでやらない方がよいです。

ピーリングした後は、角質が一時的に薄くなり、肌がとてもデリケートな状態となるので使う化粧品は敏感肌用がよいですし、紫外線の影響を受けやすくなるので、外出するときは特に紫外線対策を怠らないようにしてくださいね。

小鼻の横の毛穴の黒ずみが気になるなら

小鼻の横に見られるざらつきと黒いブツブツ気になりませんか?気になるからといって無理やり取ろうとするとなおさら汚く目立ってしまうこともよくある話です。

肌を傷めずにザラつきや黒ずみを取りたいならタンパク質を分解する酵素洗顔料をつかうとよいです。普通の洗顔料というのは、皮脂を分解しますが、酵素洗顔料の場合は、タンパク質分解酵素の働きにより、角質を取り除くことができます。

パウダーウォッシュタイプなんていいですね。気になる小鼻の黒ずみにぜひ使用してみてください。

個人的な毛穴ケア方法

  • ・肌に合わせたオイル系のクリーム・液体
  • ・気になる毛穴の箇所に指の腹でクルクル回してマッサージ
  • ・4~6分ほど行います。
  • ・出来ればオイル系以外の洗顔料で洗います。
  • ・化粧水・乳液で引き締め保湿を忘れずに!

シミができやすくなってきたなと感じたら

シミが気になる肌にはビタミンC誘導体の化粧水がおススメです。その中でもAPPSやリン酸アスコビン酸が入っている化粧水を選ぶようにしましょう。

というのもビタミンC誘導体とは、他の成分が混ざっていると壊れやすいです。できるだけ、シンプルな処方のものを選ぶようにしてください。

目元のシワやハリ感の低下が気になるなら

目元のハリがないと感じられたり、シワができやす場合は、レチノール配合の美容液がおススメでしょう。コラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化させる作用があります。

コラーゲンやエラスチンを根本的に増やすことができるので肌の弾力がよみがえってきます。目元のシワやハリ感などもレチノール配合の美容液やクリームをつけることで改善されていくでしょう。

ただし、浸透しやすい成分ですし、効果もそれなりに高いので、使う量や頻度には十分に注意してください。

この記事をシェアする

関連記事