• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌・元気肌を取り戻すために肌スケジュールを作ってみよう

Date:2013.12.29

美肌・元気肌を手に入れるにはその時のケアだけでは絶対に長続きしません。1日のスケジュールの中で美肌・元気肌になるための時間を組み込むことで常に美肌・元気肌をキープすることができます。

どのようなことを1日のスケジュールに入れることで美肌・元気肌を手に入れることができるのでしょう。

その1.朝起きたらすぐに朝日を浴びましょう

朝起きてすぐに陽を浴びることで体内リズムが正常に動き始めます。体内リズムが乱れるとホルモンバランスが崩れ肌荒れの原因などになります。朝起きてすぐカーテンを開けて陽を浴びるだけで変わってくるので、必ず行いましょう。

その2.朝食抜きは危険!元気もでないし肌にも悪い

「時間がないから」「少しでも寝ていたいから」といって朝食を抜くという人が多いようですが、この朝食抜き、実は太る原因とも言われています。そして朝食を抜くことで元気も出なくなり、朝から疲れた顔になってしまいます。

本当は朝食はしっかりと食べるのがおススメなのですが、それが難しいという場合は野菜ジュースだけでも飲むようにしましょう。朝からビタミンや野菜を取ると体調も整えてくれて肌の調子もよくなります。

その3.パソコンを使う時は1時間に1回休憩を

仕事でパソコンを使う人が多いと思います。パソコンをずっと眺めていると目に疲れがたまります。そして目が疲れてくると目を凝らしたり眉間を寄せたりしてしまうことが増えます。これはシワの原因となるので注意が必要です。

仕事でも1時間に1回、少しでも目を休める時間を作りましょう。そうすることで目の疲れを蓄積することが減り目元のシワも減ってきます。

その4.入浴はシャワーではなく湯船で

どうしても忙しかったりすると入浴をシャワーで済ませてしまうことが増えてきます。しかしシャワーでは疲れもとれません。疲れが取れないと体内の活性酸素が増殖し、肌荒れの原因になってしまいます。

そしてなんといっても湯船に浸かることで心と体がリラックス状態になり質の良い睡眠へとつなげてくれます。それ以外でも湯船に浸かることで代謝があがり血行も良くなるので肌の調子もよくなります。

その5.睡眠はしっかりと取ろう!眠っている間に美肌は作られる

「美のゴールデンタイム」と呼ばれている22~2時の間には眠るようにしましょう。この時間は成長ホルモンの分泌が増え肌の修復と再生をしてくれると言われています。

22時に眠ることは無理でもこの美のゴールデンタイムの間に最低2時間は睡眠がとれるような状態にしておくだけで肌の状態はかなり変わってきます。

そしてよく休みの日に寝だめをしているという人がいますが、睡眠の寝だめは1日しかできません。その日の睡眠が足りず昼寝などをすると睡眠時間に換算することはできますが、1週間分の寝だめというものは実際には意味がありません。

なのでその日にきちんと睡眠を取ることが大事になってきます。毎日のちょっとしたことが美肌・健康肌に繋がります。このちょっとしたことを毎日続けることで美肌・健康肌を手に入れることができるので注意して続けていくようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事