• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

家にある意外なもので肌トラブルが解決!今日から始める家庭療法

Date:2013.12.27

朝起きてふと鏡をみたら顔ににきびが…更になんか顔がくすんでいるような…そんな経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

「昨日チョコレート食べ過ぎちゃったのがたたったのかな」「あぁ、最近ストレスが多かったから…」色々と思い当たる原因を探っていっても、後悔先立たず、なかったことにはできませんよね。

そこでダメージ肌を治そうと薬局で薬を買ってみたり、高いクリームを買ってみたり、そんな行動に出る方が多いかと思います。でも、待ってください。もしかしたら貴女の家にあるもので肌トラブルを効果的に直すことができるかも知れないのです。

ドラッグストアに駆け込む前に、一度家にあるもので試してみませんか?

1. オリーブオイル

にきびは皮脂が毛穴に詰まり、炎症を起こしてできるものです。でもその炎症にオイルが効くのです。そう、それがオリーブオイルなのです。化粧品として販売もされているので試された方も多いかもしれません。

でも、その市販の化粧品を使用しなくとも、家にあるもので代用ができます。まず器に入れたスプーン4杯分の塩を用意し、オリーブオイルをスプーン3杯分をそこに少しずつ入れていってよくかき混ぜてください。

そのペーストを顔の気になるところに塗り、軽くマッサージしてから1〜2分程度置いてパックしてみましょう。その後ぬるま湯で軽く洗い流し、その後優しく洗顔フォームで洗い流してください。塩が毛穴をきれいにしてくれ、オリーブオイルが保湿をしてくれます。

肌の状態がひどいようであれば1日1回、毎日1週間ほど続け、その後、週に2〜3回に減らして続けてみましょう。肌の状態が改善されていくのが目に見えてわかりますよ。

2. アスピリン

生理痛や頭痛に大活躍の痛め止め、アスピリンは実は痛みを止めてくれるだけでなく、にきびにも効いてしまう女性の強い味方なのです。アスピリンを1錠、すりこ木などを使って砕き、それを入れ物に入れ水を少しずついれてペースト状にしましょう。

それをにきびに塗り、2〜3分置いてパックしてください。その後洗顔料とぬるま湯できれいに洗い落としましょう。これでにきびの赤みとちくちくした痛みがかなり治まるはずです。しつこいにきびには治るまで繰り返して行いましょう。

3. レモン

レモンはビタミンCが入っているから美肌に効果的、そんなことを聞いたことがあると思います。そこでレモンを丸かじりしてみたり、薄切りにしてパックをしてみたり、そんなことを試された方も多いかもしれません。

でも、レモンはすっぱいし、薄切りにしたレモンを置いとくとちょっと刺激が強すぎて…なんてこともあります。そこで、レモンを絞り、そのレモン汁をくすんだり、シミになったり、そばかすになってしまったりするところに直接塗り、15分ほど放置してから洗い流してみましょう。

レモンを直接置くほど刺激が強くなく、安全です。美白効果もあるので、肌のトーンが明るく見えるようになりますよ。

4. ヨーグルト

肌が何か疲れている…それで高いお金を出してエステに行くのもいいですが、家の冷蔵庫にある健康&美容食品、ヨーグルトを肌にも生かしちゃいましょう。プレーンヨーグルトを顔の気になるところにたっぷり塗ってあげ、そのまま20分ほど置いて洗い流しましょう。

肌の汚れを取り、毛穴を引き締めてくれる効果が期待できます。そのままでは抵抗がある…という方は、プレーンヨーグルトにアロエ、オレンジの絞り汁を混ぜてパックを作り、顔に塗り、5〜10分ほど置いて洗い流すのも効果的です。

5. マスタード

料理にぴりっとアクセントを出してくれるあの黄色いマスタード。これが実は肌をすっきりと引き締める効果をもっていたりするのです。気になる部分に塗り、数分おいて洗い流してみましょう。ただ、刺激がちょっと強いので、まずは少量、短時間から初めてみてくださいね。

いかがですか?どれも家にあるもので、簡単にできてしまうのが嬉しいところですよね。基本、どれも安心なものなのですが、敏感肌の人はくれぐれも気をつけ、様子を見ながら少しずつ試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事