• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

気になる口臭、歯茎の色、出血!セルフマッサージは効くの?

Date:2013.08.22

歯茎から血が出る!とか、しみる!痛い!と言った歯や歯茎の悩み、ありませんか?食べたり飲んだりする時には、しみたり痛いのが続くと本当に嫌になりますよね。

歯科医に見てもらえば一番いいのですが、時間やお金が…と言う方も多いはず。そこで調べてみると、歯茎の「セルフマッサージ」と言うものが目に付きます。セルフマッサージってどういったものなのでしょう?そして、本当に効果的なのでしょうか?

歯周病が原因?

歯の痛み、出血、黒ずみや膿みなどは、歯周病が原因の多くと言われています。歯周病は、歯と歯茎の間(歯周ポケット)に歯垢が残っていると、それが細菌の塊となって歯茎などに悪さをします。

歯ブラシのCMでも「歯垢をカキ出す!」って言いますもんね。特に奥歯の場合は、歯ブラシでは届きにくい部分が多く、歯垢が残る可能性が高いです。

セルフマッサージとは

そこで、最近話題になっているのがセルフマッサージです。歯茎を指で優しくマッサージするものです。

何でも、マッサージで歯茎の血液の流れを良くし活性化したり、唾液腺も刺激するので唾液で細菌を流して、歯周病を予防してくれるのだとか。更には、歯茎には身体全体のツボがあると海外の医師も発表しているそうです。

本当のマッサージの様に、ツボに刺激される効果もあるわけです。歯茎には毛細血管が無数にあるので、全体的に優しくマッサージすれば、やり方はOKです。

本当に効くの?

マッサージがとても良いと言う専門家もいれば、一方でほとんど効果が無いと言う専門家もいます。本来は、歯科医によって歯垢(プラーク)を適切に除去するのが正しい治療であり、セルフマッサージではないと言う事です。

このように語る多くの専門医がいらっしゃいます。実際どうなのでしょうか?

歯科医ではやってるの?

歯科医で治療の一部でマッサージをすると言う事は、ほぼ無いようです。ですが、一部の病院では歯肉マッサージを行っているようで、それはあくまで、サービスの要素が強いようです。

ツボを刺激してリラックス効果をもたらすようなサービスであり、本質的な治療としては用いていないようです。

効果のほどは?

結果からすると、あまり過度に改善を期待するものでは無いと思われます。実際に歯周病を治したい場合は、やはり歯科医の適切な治療が大事です。

時間をかけて歯を磨いても、歯垢は取りきれないのが通常です。歯の健康に気をつけている方は定期的に歯垢除去もされているようですね。

一方で、実際に腫れや痛みが良くなったと言う報告もあるようで、実際に私の周りにも歯の黒ずみがよくなった方がいます。しかし、歯肉マッサージが本当に改善策であったと言う明確な証拠が無いのも事実です。

それなので過度に期待しない程度に、気長に行うのが良いかと思われます。ツボを刺激し血行を良くするのは間違いないので、気になる方は毎日の歯磨きの流れに組み込むのも良いですね。

この記事をシェアする

関連記事