• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは姑に母の日プレゼントはする?しない?

Date:2014.05.07

最近はお嫁さんから「おトメさん」と呼ばれてるらしいですが、お姑さん、義理の母、つまりは・・・夫の母親に対して母の日のプレゼントって、するべきでしょうか?

結婚したばっかりで、初めての母の日・・・とかだと、悩んでるお嫁さんも多いのかもしれないですね。

おトメさん側の気持ち

お姑さん側の気持ちとしては、プレゼントを貰うのは嬉しいでしょう。でも、趣味では無い物だったりすると、困っちゃうんですよね。気持ちは嬉しいけど、こんなの貰っても使えないとかって話も・・・。実のところ、よく聞くパターンですよね。

更には、息子の母ではあっても、お嫁さんに対しては「あんたの母親じゃないわよっ」みたいな気持ちもチラリとは隠れてるみたいですよ。やっぱり、どこかに『大事な息子を嫁に盗られた』感はあるんでしょう。

先輩嫁たちの苦悩

嫁歴の長い先輩女性たちに聞くと、母の日や誕生日のプレゼントって一度でも贈りはじめると、止められないのが困るって・・・確かに。お中元やお歳暮と似た感覚だったりするのかもしれないですけどね。どのタイミングで止めたらよいのか?は、悩むところです。

止められないってのも、大問題なんですけど、プレゼントの中身が徐々にレベルダウンしたりすると、陰で文句言われてたり、露骨に嫌みが飛んできたりもするとか。キャー!「昔は、ブランド物をプレゼントしてくれたのに、最近は安物ばっかりで」みたいな。

プレゼントしても、しなくても、結局は色々とネガ方向で言われるんですね。

いつ、母から祖母になる?

そのうちに、孫から『おばあちゃん』と呼ばれるようになる訳ですが、嫁の立場では、いつまでも『お義母さん』な訳ですよね。勿論、夫にとっては・・・幾つになっても『お母さん』でしょう。

敬老の日のお祝いをするようになった頃、自分も母の日には、夫や子供たちからカーネーションを贈られたり、カレー作って貰ったり(母の日の定番ですね)と、「おかあさん、いつもありがとう」なんて、労われたりするようになります。

そしたら、お姑さんへの母の日って・・・どうします?結構、悩んじゃいませんか?

最初からパスするのが無難

一度贈りはじめたら、なかなか止められない。せっかく贈っても、趣味に合わないと喜ばれない事も、多々ある。プレゼント内容のレベルが落ちると、ムチャクチャ言われる。

何をしても、しなくても、結局は喜んでもらえないし、文句言われる立場。それが、嫁ってものなんですよね。お姑さんにとっては、嫁は敵なんだ・・・と、覚悟しなくちゃなりません。それなら、最初からしない方がマシ!って思いませんか?

息子からの気持ち

別に、お姑さんと敵対する必要は無いですし、対抗する必要も全くないですが、所詮は『為さぬ仲』なんですよね。ソコだけは、ちゃんと自覚しておく必要があるんですよ。

夫の実家とは、ソレナリに距離を保っておいた方が、後々で楽です。お姑さんと、ソコソコ適度な距離を保つには、間に夫を介在させる事が一番!旦那さまを上手に使いましょうよ。

どうしても、お姑さんに母の日のプレゼントをしたいのならば、カーネーションとか、スイーツ類や食べ物とか、消えモノをお勧めします。消えて無くなるもの、残らないものを、息子である人から贈って貰う。たって、彼のお母さんなんですもんね。当然ですよ。

嫁から貰う、どんな豪華なプレゼントよりも・・・。息子からの「母の日、ありがとう」という気持ち、TEL1本の方がおトメさんは絶対に喜ぶものなんですから。

この記事をシェアする

関連記事