• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

27歳女子が白馬の王子様と出会うために「必ず」やるべきこと

Date:2012.10.09

この記事のタイトルとURLをコピーする
27歳女子が白馬の王子様と出会うために「必ず」やるべきこと|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/hakubaouji62976/

ちょうど人生の甘いも酸いも知ってきた27歳。肉体的にも精神的にも成熟して、ちょっと小悪魔的に男を騙そうと思えば、いとも簡単に騙せてしまう27歳。白馬の王子様を諦めているかもしれませんね。

でも、白馬の王子さまは、あることをすればやってきます。本当に白い馬に乗っては来ないでしょうが、ある日、突然、あなたの目の前に現れます。

品がないこと

いつの時代の話をしているのかと疑われるような話をします。しかも結論を先に言います。分相応を知れば、白馬の王子さまは、ある日突然に目の前に現れます。すべての夢物語をあきらめて、分相応にあなたが生きた時に、王子さまは来るのです。

これは、世の中の7不思議と言われるくらい不思議なとこです。探し物は、探すのをあきらめかけた時に見つかると言います。お金はお金のことを諦めて、コツコツと働きだした時に、儲かると言われます。それに近いニュアンスが白馬の王子様にもあるように思います。

夢を見て、高望みをして地に足がついていない人は、どことなく品がないので、王子さまはイヤがるんだろうと思います。

そういうガツガツした女性ではなく、出来ることを地道にやっている女性であったり、目の前にある「やるべきこと」を1つ1つ丁寧にやっている女性に、王子さまは目が行くのだと思います。ふざけたような書き方ですが、他に理由を説明しようがありません。

人生に期待しない

夢のない話になりますが、自分の人生に期待しないことが大切です。つまり「もしかしたら」こういういい展開になるだろうとか、「もしかしたら」来週、素敵な男性と出会えるかもしれないとか、そういう「もしかしたら」。

これを気持ちの中から捨てないと!歴史に「もし」はないとよく言われます。「もし」織田信長が長生きしていたら…それは考えないようにしましょうと。考えても無意味ですよと。そういうことです。

つまり、あなたの過去を、あなた自身が振り返って、「ああすればよかった」とか、「こうしたのはまずかった」と考えるのではなく、過去のことは既成事実として受け止めたうえで、未来に向けてどのように生きるかを考えて、それを実践しない限り、なにもあなたの生活は変わりませんよということです。

逆に、そうやって現実を受け止めて、謙虚に生きているからこそ、多くの人はあなたのことを認めてくれて、ある人はあなたのことを好きになってくれるということです。

それができりゃあ、苦労しない

そういう話をすると「それがカンタンにできりゃあ、苦労しない」と、こう言われます。まあ、そういうことでしょうね。誰だって自分の過去に対する未練があります。100%過去に未練などありません。すべてパーフェクトな過去でした。そんな人はいません。

でもね、いずれみんな自分の過去と上手に折り合いをつけていかなくてはいけないのです。人生は長いので、いつまでも過去のことを引きずって生きていけないようにできているので、いずれ過去を精算しなくてはいけない時期がきます。

「いつか」精算するのなら、27歳の今精算して、白馬の王子さまを呼び寄せましょう。いつまでも済んだことを「ああでもない」「こうでもない」と引きずっていても、なにも始まらないのです。

「あの日、あの時、あの彼に振られたのは、100%、私の力不足」とか「あの瞬間に私が好きな彼に告白できなかったのは、彼と縁がなかったからだ」とか、100%自分の未練と決着をつけましょう。いますぐ。決着をつけたら、分相応な自分が見えてくると思います。

その見えてきた「私」を真剣に生きましょう。多少、傷ついて不細工な「私」かもしれません。でも、ついた傷はあなたの勲章です。その傷があるから、今のあなたがいます。

27歳。女性として成熟してきた良い時期です。諦めることも知って、傷ついた経験も受け止めて、まっすぐに歩いていたら、白馬の王子さまと出会えますよ。犬だって歩けば棒にあたるわけです。

何かをしていれば、思いがけない幸運に出会うこともあるという意味のことわざがありますよね。あなたも、あなたらしく歩いていれば、白馬にぶつかって、王子が上でにっこりと微笑んでいる…ということだってあるかもしれません。

その時は、にっこり微笑み返してあげればいいのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
27歳女子が白馬の王子様と出会うために「必ず」やるべきこと|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/hakubaouji62976/

この記事をシェアする

関連記事

コメント