• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

「どうして聞いてくれないの?」女の話を男が聞かない理由とは?

Date:2014.11.07

ドラマの話や友達の話など、彼氏や夫に聞いて欲しくて話したのに無視されたという経験はありませんか?「すぐ目の前で話しているのに聞こえていないなんて有り得ない!どうして聞いてくれないの?」とイライラするかもしれませんが、それには理由があるようです。

今回は、男が彼女や妻などの話を聞かない理由をご紹介します。これを読めば聞いてくれないイライラがなくなるかも?!

女性は話し好き。でも男性は…

女性は、レストランやコーヒーショップなどで長時間会話を楽しめますが、男性の場合は脈略もなく話すことが苦手な傾向にあるようです。

女性は、話すことでストレス解消ができるのですが、男性の場合ゴールの見えない話に付き合うことは苦痛でしかないようです。では、その理由は一体どこにあるのでしょうか。

男性が話を聞けない理由は脳にある

女性は、料理をしながらテレビを観る、テレビを観ながら友達とメールするなど幾つもの作業を同時に処理することができますし、終わりが見えない話であっても相手の気持ちを察しながら付き合うことができます。

しかし、男性の場合は狩猟をして暮らしていた時代からゴールに向かう傾向にあります。目の前に居る食料である動物を狩るという行為を成し遂げることで目的が完了するので、ゴールの見えない会話を嫌うのです。

脳の処理能力が違うので、お互いに満足いく会話をすることは難しいことかもしれません。

男性と女性の脳の違いで起こりやすい喧嘩とは?

では、具体的に脳の違いによって起こりやすい喧嘩をご紹介しましょう。

パート主婦の女性Tさんは、パート先の女性社員(A子さん)との関係に悩んでいました。A子さんはTさんに対して「仕事が遅い。ミスが多い」など日に何度も注意をしてくるのです。

Tさんは、その日あったことを聞いて欲しくてご主人に相談するのですが、無視されることが多かったそうです。そんなご主人の態度に腹を立て、「ちゃんと話を聞いてよ!」と怒鳴ると「お前の話はだいたいいつも同じだろ。結論が出たら言ってくれ」と言われたそうです。

この喧嘩には、男性と女性の脳の違いがはっきり出ています。結論が出てから聞きたい男性に対して、女性はその日に起きたことや悩んでいることなど聞いて欲しいのです。

そこでTさんは、「そんなこと言わないで一緒に考えてよ。どうしたらいいと思う?」とご主人に質問すれば、今度は極論が返ってきました。「じゃあさ、辞めればいい」と。家計の足しになれば良いとパートを続けていたTさんには、辞めるという選択肢はありませんでした。

「あなたは何もわかっていない」と言い放ち、結局Tさんは仲の良い友達へ相談し、今もパートを続けています。Tさんは、極論のアドバイスを欲していたわけではなく、ただ話を聞いて欲しかったのです。

では、一体どのようにすれば男性と女性が歩み寄り、仲良く会話を楽しむことができるのでしょうか。

男性の脳を理解して喧嘩を避けて仲良く過ごす方法

男性と女性の脳の違いがわかってきたところで、トラブルを避けて仲良くラブラブに付き合う方法を3つご紹介します。

1 何かしている時は話を避ける

男性の脳は、幾つかのことを同時進行できる女性と違って一つのことしか処理できません。テレビを観ている時やゲームをしている時は、目の前の一つのことに集中しています。

集中している時に話をして「そうか、わかった」と返事をもらっても、頭の中で処理していることは会話ではないので忘れてしまいます。

「あの時、話したじゃない!」と後で怒ることにならないように、聞いて欲しい話や大事な話は何もしていない時にしましょう

2 アドバイスを求めず、聞いて欲しいと伝える

女性の場合は、話にゴールを定めずあらゆる分野を次から次へと話すことができますが、男性の場合は一つの話に対してゴールを一つ求めます。

悩み事があった場合、女性はただ聞いて欲しいのに男性の場合はアドバイスを求められていると思って、問題の解決策を導き出そうとする傾向にあります。先ほどご紹介したケースのように、極論を告げて満足するとそこから先の話は「全て同じ事」と思ってしまいます。

「ちゃんと最後まで話を聞いてよ!」と喧嘩にならないようにするためには、「アドバイスはいらないから、ただ聞いてもらえないかな」と話す前に予めお願いすると良いでしょう。

3 男性が飽きないようにオチを準備しておく

日常生活で起きたことや面白い人の話など、男性に聞いて欲しい時には予め終わりの部分を用意しておくこともお勧めです。

言いたいことを話してスッキリしても、彼氏やご主人から「結局何が話したかったの?」と聞かれてがっかりする心配もありません。何か話したいことがある時には、話のオチを準備しておきましょう

相手の立場に立って…

相手を理解しようとする気持ちを大切にして、不要な喧嘩を避けてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事