• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

初対面の男性に好感を持ってもらえる話し方

Date:2013.02.27

合コンや婚活、または仕事先で初対面の男性と話をする機会がありますね。そのときには、どの程度のおしゃべりが好印象を残せるのでしょうか?

最初からあまりおしゃべりでも、疲れる女性とみられてしまいそうだし、無口でもつまらない女性と思われてしまいそう。

初対面だけに、最初が肝心だと思うと気を遣いますね。好感を持ってもらい、次に会うときには「先日は楽しかったです」というくらい好印象を残したいもの。そのためには、どのくらいのおしゃべりがいいのでしょうか?

少し相手に多くしゃべってもらう

性格にもよりますが、人はおしゃべりができる相手には好感を持ちやすいです。初対面ではお互いが緊張することもあり、たくさんしゃべれないかもしれませんが、相手によっては最初からこんなことまでしゃべってしまった、と思うこともあります。

それは居心地がよくて、しゃべりやすかったときですよね。女性としては、そう思ってもらえると、次のステップにつながりますね。

そのためには、相手に少し多くしゃべらせるように、質問をしていきましょう。でも、相手にしゃべらせるばかりではなく、自分もしゃべるようにしましょうね。

質問攻めはNG

会話をはずませようと、次から次へと質問を浴びせては、相手は初対面でなんでこんなことまで言わなきゃならないんだ?と思ってしまいます。質問はゆっくりと、一つひとつの質問に対していろいろ話をしてみましょう。

また、質問をしたら、自分でも答えるようにするなど、会話のバランスを考えて質問しましょう。

自分ばかりしゃべる

自分の話ばかりするのもNGですよ。初対面で相手のことをペラペラと話されても、知らない人だったり、知らない人なのでおもしろくありません。一緒にいるのが苦痛にさえなってきます。

楽しいのは自分だけ、ということにならないように、相手の表情やしぐさを観察して、飽きていないかどうかを確認しながらしゃべりましょう。

最初から会話が楽しいとは限らない

お互いが初対面ですから、最初から会話のキャッチボールがうまくいって、会話が盛り上がるとは限りません。うまく盛り上がらないのが普通です。

ですから、会話が途切れてしまったからといってあせる必要はありませんよ。あせると何を言うか分かりませんから、何も考えずに発言するのは危険です。

沈黙の時間があっても、それは当然ですから嫌な気持ちにならずに、次の会話の糸口などをさがしましょう。

相手の話はよく聞く

相手を気持ちよくしゃべらせるには、話をよく聞いて適度な相槌と質問をすることが必要です。相手の顔を見て、笑顔を見せながら話を聞きましょう。

自分の話に興味を持ってくれていると感じると、男性は気持ちよくなってもっとしゃべります。自分の得意な話に関して、質問なんてされたら、喜んでしゃべります。聞き上手になりましょう。

この記事をシェアする

関連記事