• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

家事疲れは手に現れる!自宅でできるガサツキ改善ハンドケア

Date:2014.11.15

女性の身体で年齢を一番感じる部分、どこだと思いますか?目尻の小じわ?口元のほうれい線?お腹周りのたるみ?どこも気になる部分ではありますが、個人的には、「手元」だと思います。

どんなにキレイにお化粧していても、ファッションに気を使っていても、しわだらけの手の甲、かさついた指では台無し。長年の家事疲れは、手に一番顕著に現れます。

「そういえば、私の手、ガサガサしていて、おばあちゃんみたい」、そう感じたあなたもご安心を!正しいケアを継続して行うことで、若々しい手元は必ず蘇ります。

今回は、自宅で簡単に実践できるガサツキ改善ハンドケア方法をご紹介します。諦めるのはまだ早い!今日からでもケアをはじめて、手年齢マイナス15歳を目指しましょう。

乾燥をブロック!ハンドクリームの前に化粧水をプラス

お顔のアンチエイジング同様、手の美肌作りは、水分を補うことからスタートです。ヒアルロン酸、アロエベラなどが配合された保湿タイプの化粧水と精製水をミックス、スプレーボトルに入れ、常備します。

手を洗った後、水仕事をした時、乾燥が気になるときに、手に適量をスプレーしましょう。手の表面だけでなく、指を曲げたときにできるしわの部分、広げたときに、カッパの水かきのようになる部分もお忘れなく。

外出の時も小さなボトルを持ち歩き、ケアを怠らないようにするとより効果がアップ!

パーツモデルの金子エミさんは、資生堂の「肌水」と精製水を1:1で配合して使用しているとか。お風呂上がりや外出先、とにかくマメなケアをすることが、美肌を保つ秘訣だそうです。

寝ている間にダメージ修復!夜のアンチエイジングハンドケア

「ハンドクリームを塗って乾燥を防ぐことが大切」。分かっていても、家事や仕事の合間にケアをするのは、結構大変です。さらさらタイプの商品を選択しても、どうしても、べたつき・PCや文房具へのクリームの付着が気になりますよね。

そんな方には、夜寝る前にハンドクリームを十分に塗りこみ、集中してダメージ修復を目指す方法がおすすめ。より効果を高めるためには、ハンドクリームを塗った上から市販のビニール手袋で密封し、浸透力を高めましょう

給食の配膳で使用したような、ビニール手袋の他、手袋自体に美容成分が含まれたハンドケア専用アイテムも発売されています。ビニールに違和感を感じるようなら、綿やシルク、お肌との摩擦が少ない生地の手袋で代用してください。

角質除去で美白に!スクラブを使ったハンドケア

普段のケアにプラスして、週に1度はスクラブを使用しったスペシャルなハンドケアを実践しましょう。

用意するもの

・角質除去タイプのスクラブ剤
・ぬるま湯

スクラブを使用したハンドケア

1.スクラブ剤を適量手の甲に乗せてください。

2.円をかくように、ゆっくりと、マッサージしていきます。指の方まで、丁寧にケアをすすめてください。

3.ぬるま湯でキレイに手を洗います。

角質を落とすことにより、ハンドクリームがよりお肌の内部に届きやすく、ケア効果が高まります。また、角質によるくすみがとれるため、お肌が1トーン明るくなって、若々しく美しい手元を演出。

スクラブをわざわざ購入しなくても、普段使っているハンドクリームにあら塩を混ぜたものでも代用できます。ポイントは、強くこすりすぎずに、優しく、ゆっくりケアをすること。

頻度の目安は、週に一度、頻繁すぎるケアは、正常なお肌の表面まで削ってしまうので、避けてください。

若々しい手元は日々のケアから

若々しい手をつくるには、継続的にケアをすることが何より大切。一気に頑張っても、思うような結果は得られません。日々の取り組みが、魅力的な手元を作ります。

子どもや旦那様、ママ友から、「いくつになってもきれい」「30代(40代)とは思えない」と言ってもらえる手元を目指して、一歩ずつ前進していきましょう。

この記事をシェアする

関連記事