• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ハンドクリームの効果を倍増させるハンドクリームの活用法

Date:2013.03.02

乾燥する季節になると欠かせないハンドクリーム。手を洗った後はハンドクリームをつけるのとつけないのとでは手のうるおいが違いますね。

女性としては顔だけではなく、すべすべの美しい手でいたいものです。そこで活躍するのがハンドクリームですが、現在ではさまざまなハンドクリームが出ていますね。

どれを使ってもしっとりくる、という人もいるでしょうがクリームを塗ってもすぐに乾燥してしまう、という人もいるでしょう。合うクリーム、合わないクリームがあると思います。

でも、ハンドクリーム上手に活用することでもっと美しい手になることができるかもしれません。合わないと思っていたクリームもつけ方によっては効果が違うかも。そんなハンドクリームの効果を倍増させる方法を紹介しますね。

マッサージでハンドクリームの効果倍増

ハンドマッサージで手の血行をよくすることで、ハンドクリームの効果がアップしますよ。ハンドマッサージの方法はいろいろありますが、簡単にできるマッサージ方法を紹介しましょう。

  • 両手の指を交互に絡めて組み、力をちょっとだけ入れて右手と左手を交互に握ります。こぶしあたりをプッシュする感じですね。
  • 次は片手ずつていねいにマッサージ。1本1本の指を付け根から指先に向かって押し上げるようにマッサージをしていきます。
  • 爪の周りをくるくるとさすります。
  • 最後に手の平の真ん中あたりにあるツボをギュッと押します。

血行がよくなった手にハンドクリームはよくなじみますよ。

手袋をつけて寝る

起きているときに手が使えないと不自由ですが、寝ているときには手は使わないですね。手のパックをするのは就寝中がおすすめです。

ハンドクリームやオイルを塗って手袋をして寝ましょう。コットンやシルクの手袋がおススメです。次の日はしっとりとした手になっていますよ。

洗い物をするときに手袋をする

お皿を洗うときや浴室の掃除をするとき、クリームを塗ってからゴムの手袋をつけて洗い物をしたり、掃除をしましょう。

洗い物をするときにはお湯で洗うと、保湿効果が高まりますよ。ちょっと面倒だな、と思ってもこれをすると手がしっとり。

手のローションパック

顔のローションパックはされている方も多いでしょう。それを手に応用するだけです。

化粧水でひたひたにしたコットンを手の甲にのせます。そのままビニール袋の中に手を入れます。これで10分程度待ちます。その後はハンドクリームを塗って保湿します。

紫外線対策をする

顔と同じように手にも紫外線対策が必要です。紫外線対策をしないと、手が乾燥してシワだらけになってしまいますよ。

手にも日焼け止めを塗るのが基本ですよ。またはUVカット用のハンドクリームを使ってケアをしましょう。紫外線の高い夏などは手袋で紫外線を予防しましょう。

ハンドクリームの使い分け

ハンドクリームの種類もいろいろありますね。それぞれをケースに合わせて使い分けをするといいですよ。

日常的に使うものはあまりベタつかないもの。夜は少し油分が多く保湿効果の高いもの。疲れたときには香りのいいものやアロマ効果のあるクリームを。

またパック用や乾燥対策のものなどあらゆる種類のハンドクリームを集めるのも、なかなか面白いですよ。その中から自分の手にぴったりのハンドクリームと出会えるかもしれません。

ひじにもハンドクリームを

ハンドクリームは手や爪ばかりではなく、ひじやかかとなどにも使いましょう。ひじやかかとは乾燥しやすく、黒ずみやすい場所です。こまめにクリームを塗って乾燥対策をしましょう。

また、買ったもののあまり使い心地がよくない、自分の手に合わないようだ、と思ったら靴磨きクリームとしても使えますよ。捨てる前に活用してあげるといクリームも喜びます。

手のスペシャルケア

ハンドエステというのをご存知ですか?ここでは手を素晴らしく美しく変えてくれるスペシャルケアが受けられます。手のムダ毛の処理や角質ケア、保湿ケア、ネイル、などで手を美しくしてくれるエステです。

白く美しい手を目指すならときにはエステでスペシャルケアを施すのもいいですよ。顔や体のエステを同じように、精神的にもリラックスしますしね。

この記事をシェアする

関連記事