• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたは何色が好き?色が決め手!ハッピーライフ!

Date:2013.06.10

人それぞれ好きな色嫌いな色ってありますよね、洋服はTPOにあわせなくてはいけないので、好きな色ばっかり着ていられないけど、ふと気付くと小物は全部同じ色って事ないですか?

それってあなたの性格や人間性を無意識にアピールしてるって事ご存じですか?色に対して人は多少はちがっても、みんな共通の概念をもっています。

特に小物には自分自身気付いてもいなかった意識が反映される事が多いのです。逆を返せば、小物や自分を取り巻く色をこちらから意識的にコントロールする事で、無意識に自分の憧れの姿に近づく事ができます。今回はそんな色が作るハッピーライフのお話をご紹介します!

まずはそれぞれの色のイメージを知ろう!

あなたの好きな色は何色ですか?その逆に苦手な色は?上記でも述べたように色には共通の概念があり、あなたが無意識にアピールしている自分の性格を相手も無意識に感じ取っているのです。

ですから、あなたがはっきりと理想の自分像を描いているのなら、自分の理想のにあった色を身につける必要があります。

たとえば、人と関わるのが大好きでマイペースでいつでも陽気!子供っぽいところがちょっと傷というあなた、好きな色は黄色ではありませんか?

気配り上手で、人のサポートが得意、でも実は誰かに嫌われるのが怖くて上っ面だけ合わせてるというあなた、好きな色は水色ではありませんか?

こんな風に好きな色と、自分の性格というのは深く関係しているのです。

  • 黒は威厳や粘り強さ、完璧主義を表します。
  • 赤は情熱、決断力、行動力。
  • オレンジはチャレンジ、リーダーシップ、仲間意識。
  • 緑はおだやか、安定、平和主義を。
  • 白は正義感、純粋さを表します。
  • こだわり、美意識を表す紫。
  • 控えめで、おとなしい、深慮深くてスマートなグレー。
  • 優しくて、甘え上手なピンク。
  • 堅実で、頑固だけど頼りがいがある茶色。
  • 冷静で、ストイック、常識的な青。

まだまだたくさんの色がありますが代表的ないろは上記の通りです。

色のイメージがわかったら、自分の理想の色を取り入れよう!

上記を読んでもらえば、自分が多く身に付けている色で相手にどんな印象を与えているか、また自分自身を無意識にどんな人間にしてしまっているかが分かると思います。

黒が好きでピンクが苦手な人は、完璧主義で仕事は人の手は借りず最初から最後まで粘り強く打ち込み一人でやりきります。そして、人に甘えるのが苦手で、思いやりにかけている一面も持っています。

そんなあなたは、ピンクの持つ人懐っこい甘え上手さや優しさが必要だと言えるでしょう。ですがさすがにいきなりピンクを身につけるのは勇気がいるでしょう。

でしたら、黄色か水色を何かに取り入れてみてはいかがですか?ひとなつっこい黄色、人との関係を良好にできる水色、どちらも対人関係をうまく取り持つ色です。

ピンクのように甘えたり、だれにでも笑顔を振りまくような事はちょっと難しくても、まずは対人関係が苦手という部分を緩和できる色を身につける事が大事です。

まずは無難なところで、ハンカチなどで色を取り入れてみてはいかがでしょう?その色を持つというだけで、あなたの意識はぐんっと変わりますよ!

仕事のオンオフは色で切り替えて!

なかなか仕事とプライベートの切り替えがうまくできなくて、リラックスした時間がとれずいつも疲れてしまう。学生時代はもっと明るく、いろんな事に挑戦できたのに今はおしゃれをしてもなかなかそんな気になれない。そんな経験ってないですか?

そういう人って、結構仕事で使っているアイテムをそのままプライベートでも使っている事が多いんです。

プライベートでも使えると思って買ったグレーのジャケット。休日にも愛用していたらなぜだか昔のように思いっきり楽しめない。

それは、あなたが職場でのスマートで控えめな印象を保ちたいという意識をそのままプライベートに引きずってしまっているところがあるからです。

仕事でグレーを愛用しているのなら、プライベートではオレンジを取り入れてみると良いでしょう。

オレンジは何にでも首をつっこんでしまうようなおせっかいなイメージがあります。ですが逆を返せば人情味があり、自分が主役になれるようなオーラを放っていると言う事です。

グレーとは正反対なオレンジをプライベートに少し取り入れるだけで、プライベートな時間を思いっきり楽しめるようになれますよ♪

十人十色というように、人それぞれ自分をアピールできる色を持っています。今あなたが好きな色は、少なからずあなたの今を表していると言えるでしょう。

もちろん今あなたが好きな色を完璧に自分から排除する必要はありません。その色だってあなたを表す大切な色です。それとは別に、自分のなりたい自分を表す色を身につける意識を持ってみましょう。自分のなりたい自分へ着実に近づく事ができますよ!

この記事をシェアする

関連記事