• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼が胸きゅん!彼女のカワイイ!ハロウィンのいたずら体験談

Date:2013.12.03

ハロウィンといえば、子どもが仮装し、お菓子をくれなかった相手に対していたずらをするお祭りです。

だけど、大人だって年に一度のイベントを楽しんでみてもいいじゃないか!ということで、今回はハロウィンにかこつけて、大人女子が彼氏にしたかわいいいたずらの体験談を聞いてみました。

「確かにかわいい」というものから、「それ、やりすぎじゃない?」というものまでいろいろですが、惚れた男の弱みというのか、男の子は彼女のいたずらを好意的に感じている様子。

遊び心のある女性は可愛く見えるというのは、確かに本当なんだと思います。今年のハロウィンは、大好きな彼氏にいたずらをしかけてみてはいかがでしょうか。

1、お風呂を出たら僕の着替えが!こんなの着れないよ、と思いつつも・・・

「同棲している彼女はかなりのイタズラ好きで、チャーミング。ハロウィンの日は何をされるかびくびくしていたのですが、夜まで何も起こらずにすぎて少し拍子抜けしていました。ところが、やっぱりただでは終わらせないのが僕の彼女。

お風呂に入る前に、しっかり自分のスウェットを用意して入ったはずなのに、出てみてびっくり!ミッキーマウスの着ぐるみに変わっていて、、。裸で出て行く訳にも行かないので、仕方なく着て出て行ったら、彼女がミニーちゃんで待っていました。

ミッキーとミニーちゃんみたいに、ずっと仲良しでいようね、と屈託なく笑う彼女にイタズラされた事も忘れてにやけてしまって。今年は何が起こるのか、ヒヤヒヤしてしまうけど、そんな彼女が大好きなんです」(24歳 男性 自営業)

自分も一緒になって、彼にあわせたコスプレをして待っていたのが可愛いと思われるツボだったよう。「ミッキーとミニーみたいに」という愛情のこもった一言を添えるのもポイントですね。

2、お弁当をあけたらハートマークと小さなメモが

「僕の彼女は料理が好きで、残業の日は夜食用のお弁当まで作ってくれます。ハロウィンの日、いつもよりご機嫌でいってらっしゃい、と送りだしてくれた彼女。

何かあるな、とは思っていたけど、お弁当をあけて見たら、昭和のドラマに出てくるようなサクラでんぶのハートマーク。慌てて隠そうとしたけれど、隣のデスクに座っていた同僚に、大笑いされてしまいました。

恥ずかしくて、少しイラっとしましたが、ご飯を食べ終わると、下からラップに包んだメモがでてきて。中には、”お仕事大変だと思うけど、無理しないで。たまには早く帰ってきてくれないとこうやってイタズラしちゃうからね!”とのメッセージが。

残業続きでなかなかかまってあげられなかったのに、このいたずらは、きっと彼女なりの優しさだったんだと思います」(28歳 男性 会社員)

お弁当に細工をする、というところまでは、割と普通のアイディアですが、中に手紙を仕込んでおくというのは手が込んでいます。ただメッセージを添えるのではなく、隠しておくというのがにくい演出ですね。

3、ゴルフ場についてびっくり!ゴルフボールとクラブが・・・

「ハロウィンだから、デートしようね、と約束していた日曜日に会社の接待ゴルフが入ってしまって。彼女は膨れっ面ながらも、気をつけていってきてね、と送り出してくれました。

ゴルフ場について、お客さんと雑談しながら、さぁプレイとなったときにお客さんが驚いた顔をして僕のバッグを覗いていたんです。不思議に思って中を見ると、どこで買ったの?というくらいのピンクでかわいいゴルフボールと、デコレーションされたゴルフクラブが。

すぐに彼女の仕業とピンときました。普段クールで通しているだけに、かなり気まずかったけど、どこか彼女を憎めないのがつらい男の性ですね」(32歳 男性 会社員)

ゴルフ好きの男性には、ちょっと酷ないたずらかもしれませんが、それでも怒らない優しい彼氏。その日のゴルフは早めに切り上げ、彼女と楽しい夜を過ごしたそうです。イタズラされる側も、彼くらいの大らかな気持ちを持ってくれるといいですね。

4、職場恋愛中の彼女が僕の時計を・・・

「一つ年上の憬れの先輩に思い切って告白して、付き合い始めて3ヶ月。その日は、会社の近くのクラブで行われるハロウィントイベントに行く約束をしていました。 腕時計が終業時刻10分前になったので、急いで帰り支度をしていると周りが不思議そうな顔。

どうしてかな・・・と思ってPCの時計を見ると、まだ18時!(彼の会社は、19時定時だそうです。)いつの間にか時間を1時間はやめられていたようです。

待っていたかのように、○○君もう帰るの?と声をかけてきたのはやっぱり彼女。まぁ、気づかなかった僕も僕ですけどね。

後から聞くと、本当にひっかかるとは思わなかった、とのこと。結局、早くデートしたくって、ハロウィンだし!という言い訳に負け、つい許してしまいました。彼女に頭が上がらないのは、いつものことで慣れてます」(27歳 男性 金融業)

職場ならではの、微笑ましい光景が目に浮かびます。年上彼女のいたずらなら、怒る訳にはいかないのを逆手にとったかわいいいたずら。ぜひとも真似してみたいシチュエーションです。

5、やっぱり王道!男の子はみんなコスプレがすき!?

「僕の彼女はまじめで控えめ、普段は清楚なザ!OL!という格好をしています。ハロウィンの日、家に遊びにいったら、セクシーな魔女の衣装でお出迎え。ベタだけど、こういうサプライズって嬉しいですよね。

普段とのギャップが大きいだけにときめきます。少し恥ずかしそうにしているところがなんともまた、、。写メをとらせて、ってお願いしたけど、断られてしまったのが何とも心残り。今年のハロウィンが楽しみで仕方がありません」(24歳 男性 金融業)

「家に帰ったら、彼女がメイド服で待っていました。ハロウィーンだから、ということで、その姿のまま夜の町にお出かけ。いろんなコスプレをしている人がいたけど、彼女が一番かわいかった」(28歳 男性 建築業)
「朝起きたら、猫耳つけて、仮装をした彼女が。コスプレとか、興味ないと思っていたけど、いざ目の前にすると可愛らしいし、愛しくなるものですね。にゃーと言われたときに、思わず笑顔になってしまいました」(32歳 男性 広告代理店勤務)

いたずら、というよりも、サプライズに近いのでしょうか。日常生活と違う自分を見せることができるのも、ハロウィンの楽しみ方の一つです。

今年のハロウィン、ぜひあなたなりのアイディアで彼を喜ばせてあげてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事