• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

海外ハロウィン事情!マスト・バイなコスメたちを集めてみました。

Date:2013.10.24

死者が街中をさまようほど不思議な夜は、気分も上がるハロウィンメイクで自分にもとびきりの魔法をかけて★

ゴシックやセクシーといった、気にはなるけどやったことがないというスタイルにトライするならこの日がチャンス!コスメの種類ごとにハロウィンに取り入れたいポイントをご紹介します。トリック・オア・トリート!

ネイル

ハロウィンにはやはり、夜、コウモリ、魔女、など黒と結びつくモチーフが多いです。それにあやかってセクシーな「黒ネイル」に挑戦してみるのはどうでしょう。ラメがたっぷり入ったタイプのマニキュアなら、ゴージャスな雰囲気にもなりますし、暗いところでちらっと光るのが印象的です。

また、ラメの入ったマニキュアは表面の仕上がりが完璧になめらかでなくてもあまり気になりませんので、セルフネイル初心者さんにもおすすめです。

ラメが入っていないクラシックな黒ネイルなら、ツヤのあるトップコートでグランドピアノの表面のように仕上げるか、反対にマットな感じに仕上げるのもクールでいいですね。

「オレンジネイル」も気になるスタイルです。ヨーロッパでは悪魔からオレンジ色を連想する人も多く、ハロウィンでは真っ黒な服装に派手なオレンジのネイルを合わせる人も少なくありません。

ジャック・オ・ランタンというかぼちゃのおばけもオレンジ色ですね。普段オフィスなどではなかなか使えない派手な色なので、ぜひこの機会に楽しんでみてください。

「ネオンイエロー」や「ダークブルー」も夜っぽさ、毒々しさを演出するのに使える色です。単色でも十分にインパクトのある色ですが、他のネオンカラーと組み合わせたり、1本だけ差し色に使ったりすることでさらにその色を際立たせることができます。

ただマニキュアを塗るだけじゃ物足りない、という方は「クラックルネイル」や「ネイルシール」を試してみましょう。クラックルというのはひび割れのことで、爪に塗った途端表面がピキピキとひび割れていくタイプのエナメルを使ったアートです。

簡単にモードな仕上がりになりますし、ベースの色によって雰囲気も変わってきますので1本持っていて損はないはずですよ。OPIやレブロンが出していますので気になる方は探してみてください。

ネイルシールも、最近はポイントタイプだけでなくデザイン全体がプリントされているものも出てきています。これなら剥がすのも簡単ですし、1日だけのオシャレに使えそうですね。

リップ

魔女やおばけって、どういう口紅を使うのでしょうか?妖艶な「パープルの口紅」や恐ろしい「漆黒の口紅」でしょうか。こういった色は、ベースメイクをいつもよりもずっと白く(美白と言うよりは蒼白!)して使うとおばけのような印象になります。

全体のバランスとしても血の気が引いたような色でまとめたほうがハロウィンらしく仕上がります。

ハリウッド女優のような「真っ赤な口紅」も試してみたいですよね。日本のハロウィンは特に恐ろしさよりもセクシーさを重視する傾向にあるようですので、真っ赤なリップでマリリン・モンローのようにセクシーに決めてみるのもいいかもしれません。

可愛く明るい「オレンジ色」はハロウィンの雰囲気は楽しみたいけれど仮装はちょっと…という方にもおすすめです。ほんのり色づくタイプの口紅やリップグロスなどで可愛く取り入れてみてください。

アイメイク

顔の印象を大きく変えるのはやはりアイメイクです。てっとり早く手持ちのコスメでやってみるなら、黒いアイライナーを使った「囲み目ライン」や「黒猫ライン」を。いつもより強めにラインを引くと目元が一層際立ちます。

暗めの「グリーン」や「ブルー」、「グレー」のアイシャドウでスモーキーな目元を作るのもハロウィンらしくて素敵です。

上手にグラデーションを作るのがポイントです。普段のメイクでは濃くなりすぎないように気をつけたいですが、折角のイベントですのであまり小さいことは気にせずに思い切ってやってみましょう。

「つけまつげ」も目元の印象を大きく変えられるアイテムです。ラインストーンや羽などの飾りがついたもの、カラフルなものなど種類もたくさんありますので服装やメイクに合わせて選ぶのも楽しそうです。

フェイス・ヘア

「カモフラージュメイク」もおばけやゾンビのような雰囲気を出すのに使えます。カモフラージュというのは迷彩柄のことで、映画で草むらに隠れるときなどにやっているアレです。

例えば黒系の色を使うとホコリっぽい感じになりますし、緑や茶色を使えばお墓から出てきたゾンビそのものといった雰囲気です。

可愛く決めたい方は「キラキラするクリーム」を頬の高いところやデコルテに塗りましょう。天使やお姫様のような雰囲気を演出できます。

「カラフルヘア」もハロウィンなら試せるという人も多いのではないでしょうか?流行りの「ヘアチョーク」やエクステの部分使いで普段とは違ったヘアスタイルに挑戦してみませんか?

ハロウィンを楽しみましょう!

今年のハロウィンこそは目立ちたいと思っている方、何かハロウィンらしいことをしてみたいなと思っている方はぜひ参考にして、楽しい日を過ごしてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事