• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仲良しファミリーとハロウィンパーティを企画しよう!

Date:2013.10.02

ハロウィンってどんなイベント?

ハロウィンと言えば、カボチャのお化けを思い浮かべる方も多いと思いますが、ハロウィンでは子供たちが仮装をして、近所の家々を回りながら「トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」と言いながらお菓子をもらいます。

ハロウィンは、さまよっている霊たちをお供え物で鎮めようとする古代ケルトの習わしが子供の遊びに変わっていったといわれています。

ですので、よく目にする子供たちの仮装には骸骨のデザインやドラキュラ、フランケンシュタインなど少し怖いイメージのものが多いのですね。

「トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」お菓子をくれないといたずらしちゃうぞという意味を表わす言葉。トリックはいたずらという意味。とトリートがお菓子という意味です。

日本では、ご近所さんにお菓子をもらって歩くという風習は「地蔵盆」くらいでしょうか?(京都や大阪・神戸で夏の終わりに行われるも。

お地蔵さまは子供たちを地獄の鬼から救う守護神として信仰し、お地蔵様にたくさんのお供え物をしたり、地蔵尊の前で菓子を食べ、ゲームをします。神戸では町内のお地蔵さんをめぐりながら子供たちは町の人からお菓子をいただきます。

ハロウィンはCMで見たり、町のショーウィンドーの雰囲気で10月に入ると「もうすぐハロウィンか」と思わされる程度で、クリスマスやバレンタインデーのように定着しているものでありません。

しかし、子供たちにとっては人とかかわって遊ぶ良いチャンスでもありますので、是非計画してパーティーをし、さまよう霊にお供えをして鎮めましょう!

仲良しファミリーとハロウィンパーティーをしよう!

ご近所同士ではできにくい場合がほとんどなので、パーティーの企画は仲良しファミリーと行うのがベスト!家などで行う場合は、そんなにたくさんのファミリーを呼ぶのは難しいでしょう。

2~3組の親子で一緒に計画していきましょう。ココでは3組の仲良しファミリーでハロウィンパーティーを行うことを例にしてお話します。

ハロウィンは10月31日が宗教的に行われている日ですが、平日だとなかなかイベントを開くのは難しいですよね?ですので、ハロウィンのムードが盛り上がっている10月末の週末に行うのがよいでしょう。

誰の家で行うかも相談しておきましょう。声をかけた方が自分の家に呼ぶのが普通だと思いますが、それぞれの関係もあると思いますので、話し合われてくださいね。

日取りと場所が決まれば、ハロウィンパーティーの中身についてもある程度計画して、準備を分担していきましょう!

例えば、その時に飲み食いする食べ物の準備。すべて声をかけた方が準備をするのは少し大変です。ジュースや食べ物を調達してくる係りを決めておくと良いですね。また、ケーキなどを手作りで作るのが得意なママがいれば、お願いしてみてもよいでしょう!

また別のファミリーには、当日子供たちに渡すお菓子の準備をお願いしておくと良いでしょう。チョコレート、あめ、ラムネ、ガム、クッキーなど小分け包装されていて、少しずつ上げられるものがよいですね。

家でパーティーを行う場合の子供たちの行動としては、何度ももらいに来るはずです!何度来てもお菓子が当たるように少しずつあげて、楽しめるように工夫をされてくださいね!

家に来てもらうファミリーは家の準備をしましょう!どの部屋でパーティーを行うのか、子供たちが仮装をして練り歩くのはどの辺りかを考えて設定してあげましょう!

子供たちに好き勝手にさせるのではなくて、「ここからスタートだよ」とある程度のルールをもってさせてあげるほうがワクワクしますし、部屋を荒らされずに済みます。

子供たちは集まってパーティーなどとなるとテンションがあがりすぎて、普段は守れることでもその場の流れで守らなかったりするので、ルールを伝えることはとても大切なのです!

例えば、仮装用に用意した衣装に着替える部屋を用意して、その部屋の入り口から廊下を通ってメインのリビング(ハロウィンパーティー会場)へと「あの言葉」を言いながら皆でワクワクしながらあるいてくる!という計画にしておきます。

ハロウィンパーティーを通して英語に親しめるようにしよう!

あの言葉とは「トリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」ですね!

この機会に英語に触れることで、英語にも親しみながらその意味を理解していくという場にできます。英語は実際に触れて、使ってみてというようにしていかなければ身につきません!でもこうした遊びの中では楽しみながら身に着けることができます!

子供たちがトリック・オア・トリート(Trick or Treat?)」とやってくるのに対して、お菓子を上げる大人は何と答えたらいいの?とドキドキすると思いますが、「いたずら」か「お菓子」かを選んで答えると良いのです。ですので「トリート(Treat!)」ですね。

また、「Happy Halloween!」とも言います。大人も一緒に英語で答えながらパーティーを盛り上げるようにしましょう!

この記事をシェアする

関連記事