• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ハロウィンパーティの経験からさらに広がる子供の遊びと育つ能力

Date:2013.09.29

盛大に盛り上がったハロウィンパーティーを再現する!

子供は、自分が経験して楽しかったことや驚いたことなどは「再現して遊ぶ」ということが多く、また楽しめるのですね。実は、子供は親子で楽しんだ経験を思い出して再現しているときに非常に育ちます。

まずは楽しかったことを思い出しながら、今度は自分(自分たち)だけの力で遊びを進めようとするので、必死に考えたり、失敗しながらも目的のものを作りあげたりしていきます。

もしかすれば、同じものがもう一つ出来上がるということもすくなくありません。しかし、子供は同じものを何度か作る中で、徐々に自分オリジナルの工夫をしていったり、新たにイメージしたことや友達に刺激を受けたことを織り交ぜて作ったり遊びを展開していったりします。

ですので、ハロウィンパーティーが終わった後の遊びの方が子供たちはグンと成長するのですね。

そのためには、ママさんたちにお願いしたいことは、「ハロウィンで使った材料などは子供の手の届く場所に置いてほしい」ということです。カラービニールなどは少し余分めに買っておいてもよいです。

「そんなの無駄でしょ?!」と思われがちですが、こうした再現遊びをしている瞬間こそ、子供の脳やイメージ力がどんどん育っていくのですよ!

文字の練習、習い事だけでは育つことのない部分です。このような脳を使ってイメージを広げる力がついていれば、小学校でも中学校でも、何か問題が起こった時にアイディアを出して乗り越えていくという力がついていきます。

人が生きていく上で非常に大切な能力ですね。そして、これが社会人になった時、会社で起こったトラブルをそのアイディアで救済するかもしれないのです。そんな力の「芽」を今から育てていけるのが、こうした再現遊びなのですね!

ですので、カラービニール代金、もったいないわ、と思うのではなく、将来の力を伸ばすのには安いもんね、くらいの気持ちで準備してあげると良いですよ!

子供たちの手の届く場所に置いているカラービニールなどの素材は、子供は目ざとく見つけて使おうとします。ハロウィンパーティーでつくった仮装の衣装で友達が身に着けていたものを自分も作ってみたり、お母さんと一緒に作ったものを自分だけの手で作ろうとしたり。

また、インターネットなどでしらべた衣装で別のデザインのものを作ろうとしたりするでしょう。ハロウィンパーティーの準備では用意しなかった別の素材(例えば、使わないレース生地、ビーズ、紐など)もあれば出してあげましょう。

自分たちで色々工夫して作って遊ぶ楽しさが味わえます。ここで「身近な素材を使って、自分なりに考えたり工夫したりして作って遊ぶ」という力が大きく育ちますよ!幼稚園などでもこのような力の育成をねらって、いろいろな遊びを計画的にできるように準備しています。

ご家庭でも是非、工夫する力、考える力の育成に焦点を当てて、生活の中で考えるチャンス、工夫するチャンスを見出してあげてくださいね!

ハロウィンパーティーで食べたお菓子の袋や包み紙を再利用!

購入したチョコレートの包み紙は、キラキラしていて、すごくきれいな模様が描かれてある物が多いです。

これは、なかなか自分たちでデザインしようとしても1つずつは難しいわけですが、チョコレートの包み紙を置いておけば、自分たちの遊びの中で新聞紙をチョコに見立てて、また配るお菓子作りができるわけです。

実際には食べられなくても遊びを進める上ではとてもよい素材なのです(チョコレートがついているものは少し洗っておくと良い)。

こういったデザインされたものを目にしたり、使ったりすることで、身の回りのものを工夫して使ったり、デザイン力なども刺激をうけて身についてきます。小学校の工作の時間もお子さんオリジナルの発想のものがどんどんできあがるようになりますよ!

こうしてできた、衣装を着て、食べられないけれど自分たちで作ったお菓子を使ってハロウィンパーティーを楽しみ始めます。もしかすると、当日と同じように、「真っ暗にしてほしい」「ライトをつけてほしい」とお願いに来るかもしれません。

子供たちは、自分が経験したことと同じように再現することが大好きなのです。再現しながら、実はそこに新たなアイディアや工夫が入っているので、結局は子供たちオリジナルの遊びになっていっているわけですけどね!

こうした再現遊びは一人でも行いますが、やっぱり友達と遊ぶ方が楽しめるので、また近いうちに仲良しファミリーの子供たちで遊ぶ日を設けてあげて、その日は材料などだけ渡して、子供たちに任せておくというような設定で遊ばせてあげるとよいですね。

自分たちで、大人の「お菓子を配る役」も決めて行うでしょうし、英語も見についているので、自然に使って遊びを展開していくようになりますよ!

こうした遊びをさせていくことで、自分の考えやイメージを伝えあったり、友達の考えを聞いて、協力して遊びを進める力が育っていきます。是非このような、機会も作って、子供たちの可能性をどんどん広げていきましょう!

この記事をシェアする

関連記事