• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

2016年春メイクのトレンドは「きらめき」と「華やかさ」

Date:2016.02.11

shutterstock_264251102毎年この時期になると、いろんなファション誌やテレビ番組で取り上げられるのが春の新色メイクです。

春メイクというと華やかでパステル系が多いせいか、大人女性には似合わないと躊躇する人も多いようですが、今年は大人女性でも使い勝手の良い色やアイテムがたくさん揃っています。

今年の春は新しいメイクでオシャレできるよう、今から気になるアイテムや色を押さえておきましょう。

今年の春メイクのトレンドは「きらめき」と「華やかさ」

ここ数年の春メイクのトレンドは、淡いふんわりとしたものがメインでしたが、今年は少し華やかで、キラキラとしたものが流行るとされています。

特に目元は、今までの定番だったピンク系以外にも今までは躊躇しがちだった色もトレンドになると言われています。

アイシャドウはパール感やツヤ感のあるものがトレンド

shutterstock_2879727
春メイクのアイシャドウは、ふんわりと淡い色が定番になりつつありますが、今年は淡い色だけではなくパール感や付けるとツヤ感が出るものがトレンドになっています。特に注目したい色を3つ紹介します。

その1.イエローアイシャドウで明るめの目元を演出

今まで目元のくすみを解消するために、ベージュ系のアイシャドウを使うのが定番でした。しかし、今年はもっと明るめの色が目元のくすみを解消してくれます。それがイエローアイシャドウです。

黄色のアイシャドウというと何だか目元が浮いてしまいそうですが、淡いイエローなので肌馴染みが良く、ベージュよりも目元を明るくしてくれます。

「アイシャドウを使うのが苦手」という人は、イエローアイシャドウをつけてアイラインを描くだけでも目元が綺麗に見えるので、初心者にオススメの色です。

その2.ラベンダーアイシャドウで色気のある目元に

ラベンダーやパープルのアイシャドウというと昔のきつい色の印象が強いですが、今年のラベンダー色のアイシャドウは、色よりもパール感が際立っているものになっています。

アイホールに薄くつけると、キラキラとしたパール感と薄いラベンダー色が目元をクリアにしてくれるのと同時に、ピンク系などにはない色っぽい目元を作ってくれます。

ラベンダー色は使うのが難しいという場合、アイホールにはピンク系のアイシャドウを使い、二重のラインにラベンダー色のアイシャドウを使うとさらにナチュラルに仕上がります。

その3.定番色のブラウンやベージュはパールの入ったものを

春メイクのアイテムの中でも、定番色のアイシャドウも数多く販売されています。今年の春は、この定番色も今までと少し違います。それはパールが入っているので華やかさがあるものが多いところです。

特にブラウンやベージュといった定番色は、春に使うと若干地味なのですが、今年はパールが入っているので光を取り込んでキラキラと輝かせてくれます。

パールといっても粒子が細かいので、ギラギラというよりツヤのある印象に仕上げてくれるので大人女性は1つ持っておくと定番メイクだけど、今年らしいメイクに仕上げることができます。

昨年から人気のカラーアイライナーはニューカラーに注目

昨年は赤のアイライナーが流行り、モデルやアーティストがよく使っていました。今年もカラーアイライナーは春のメイクのトレンドとなっています。今年は昨年の赤ではなく、あまり使ったことがないカラーが人気のようです。

  • 明るめのブルー系
  • 深めのグリーン系
  • パープル系
  • ブラウンに近い赤系

上記のようなアイライナーが多くのブランドから発売されています。

カラーアイライナーは、普通のアイライナーのように目頭からしっかりと入れると重たい印象に仕上がるので、目尻から3分の1の位置に入れるとポイントメイクとして綺麗に仕上がります。

アイシャドウが苦手な人は、カラーアイライナーを使うと目元が華やかになるので1本持っておくと便利です。

チークは春の定番であるピンクやオレンジではなく血色カラー

春のチークというと、淡い印象を与えるピンクやオレンジといったものが主流なのですが、今年の春は昨年から続く血色チークが注目されています。

  • 青みのあるローズ系
  • レッド系
この2つは肌にのせるとほんのりとした赤みになり、健康的な血色を出してくれます。血色チークは健康的なイメージだけではなく、肌の色を綺麗に見せてくれる効果もあるので1つ持っておくと最強チークになります。

リップは口元を綺麗に見せてくれる大人色が今年のトレンドに

今年の春メイクのリップは、かわいらしさよりも大人っぽさを出してくれる色が注目されています。今まではピンクやブラウン系といったものが主流でしたが、今年はピンクも少し違った色が人気です。

チーク同様、肌の色を綺麗に見せる青みのあるピンクに注目

今年の春リップもピンクが数多く販売されていますが、特に注目されているのが青みのあるピンクです。チークもそうですが、青みの色は肌の色を綺麗に見せてくれます。

リップも青みのあるピンクを使うことで、ピンクより幼稚にならないので大人の女性でも使い勝手のいい色になっています。潤いのあるものを使うと、さらに肌の質感も良く見えるのでオススメです。

ローズ系リップで大人っぽい色気のある唇に

今年は、ローズ系のリップも注目されています。といっても派手な色ではなく、ブラウンの入ったローズ系が人気です。

今まではブラウン系といった少し暗めのものが主流でしたが、ここにローズ系特有の赤みが入ることで、落ち着いた大人の色気のある唇に仕上げることができます。

今年は目元などのメイクも淡い色があまりないので、こういった少し色の強いものを使っても違和感はありません。

「春メイクの口紅は淡い色が多くて使ったことがない」という人は、今年の春メイクであるローズ系リップだと使い勝手がいいので、試してみる価値ありです。

今年は手元がパステルカラーに!ポップなカラフルネイルに注目

shutterstock_205517998
春メイクというと顔のメイクほうがメインになってしまいますが、今年は指先のオシャレにも注目が集まっています。

今年の春注目したいネイルの色は「ミルキーパステル」といってお菓子や風船のような色で、数多く販売されています。

既にモデルさんなどもしていますが、全て違う色のネイルを塗るのも流行っているようです。

  • ピンク
  • グリーン
  • ブルー
  • イエロー

上記の4色は特に人気の色なので、ネイルが大好きという人は押さえておきたい色です。塗り方も様々で、爪全体に塗るだけではなく、フレンチネイルのように爪先だけに塗るという方法もあります。

主流となっている太眉も春メイクに合わせてリニューアル

現在、主流となっている太眉。今年の春は太眉も今までとは少し違ってリニューアルされています。

今までの太眉はストレートで濃いめの色のペンシルで1本ずつ書き足していたのですが、今年の春はもっと淡く、そして他のメイクとの馴染みがいいものにリニューアルされています。

淡くナチュラルに仕上げるためパウダーとペンシルのダブル使い

今までの太眉は、ペンシルで1本ずつ眉毛を埋めるように描いていましたが、この方法の場合、眉毛全体の色が濃くなってしまいます。

昨年までは少し濃いめの眉毛が主流でしたが、今年はアイシャドウなどが明るいため、眉毛は色を淡くナチュラルに仕上げるのがポイントです。

淡くナチュラルに仕上げるためには、ペンシルだけではなくパウダーとダブル使いをして仕上げるのがポイントです。

誰でも簡単にできるリニューアル太眉の描き方

リニューアルされた太眉は、ちょっとしたポイントを押さえるだけで誰でも簡単に描くことができます。

1番大事なのは色選びです。色は黄みの少ないナチュラルブラウンを選ぶことで自然な淡い色に仕上げることができます。

  1. 眉毛をブラッシングして整える
  2. 眉の中間から眉尻、眉頭から眉の中間の2段階に分け、淡いブラウンベースのパウダーをのせていく
  3. 眉上部分を輪郭を描くように太さを整えながらパウダーをのせていく
  4. 口角と目尻を結んだ延長上の長さになるよう、眉尻の長さをパウダーで調整する
  5. 眉毛にパウダーをのせた後、1度ブラッシングをして眉毛が薄い部分や隙間がある部分をペンシルで描いて埋める
  6. 再度ブラッシングをし、透明の眉マスカラで毛流れを整える

ほぼパウダーで描くので、アイブロウを使うのが苦手という人も簡単に描くことができます。

パウダーをあまり使ったことがないという人は、少しずつブラシにつけて描くと濃さの微調整もできます。

ポイントを押さえて新しいカラーにも挑戦!春メイクを楽しもう

shutterstock_313601669
春や秋といったメイクのトレンド色が変わる時、「今までの自分のメイクには合わない」「色が使いにくい」と諦めてしまい、結局定番メイクに落ち着き、それをずっと続けてしまうということがあります。

今年の春メイクはポイント使いできるような色やアイテムが多いので、部分的に使うことができるので今までのメイクを邪魔することもありません。

今までトレンド色を使ったことがない人も、今年は使いやすいので是非チャレンジしてみましょう。

この記事をシェアする

関連記事