• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

簡単!自分でできる春夏デザインネイルのやり方とマストアイテム

Date:2014.06.15

オシャレ女子にとってネイルは自信をあたえてくれるとっても大切なものです。職業上ヌードカラーから薄めのピンク程度しかネイルができなくても、手元がキレイに見えるだけでなぜかやる気が出るものです。

でもオフのときくらいポップなネイルも楽しみたいものです。ジェルネイルも長持ちする点では良いのですが、ポップな柄だとすぐに落とせない…、剥がれはじめると見栄えも良くない…、乾燥させる時の紫外線が合わなくて手荒れする…などウィークポイントが多いが玉にキズです。

簡単に、しかもきれいに見える春夏らしいネイルには普通のマニキュアが一番!ポイントは色選びと、組み合わせです。さし色に使うとグッと映えるマストアイテム色の組み合わせをご紹介します!

春カラーのお手本は…マカロン!

春はパステルカラーが基本的に良く使われますので、ドラッグストアなどのコスメコーナーにもこの手のカラーは種類豊富になります。パステルカラーだととっても簡単です。

なぜなら、パステルカラーは色の明るさが統一されて製造されているため、ピンクにグリーンなど組み合わせてもキレイなデザインになります。

パステルカラーのマニキュアでの色の組み合わせを考えるときにヒントにできるのが、マカロン!マカロンツリーを見られたことのある方も少なくないのではないでしょうか?マカロンの色の組み合わせもすべて明るさのトーンが同じなためどんな組み合わせもキレイなのです。

例えば、ブラウンにブルーやグリーンを合わせると普通なら少し違和感を感じてしまう組み合わせですが、パステルカラーの場合はきれいにみえます。

フレンチネイルっぽく、しかもグラデーションに!

夏になると、パステルカラーでは少しさびしくなるものです。とはいえあまり派手なネイルデザインを好まれない方におすすめなのが、フレンチネイル&グラデーション。フレンチネイルと言っても少し斜めにホワイトを塗ります。

通常のフレンチネイルですと自分で塗るのは一苦労ですが、ななめにフレンチネイルっぽくホワイトをベースの色にぼかしていきます。

例をあげると…、ベースにピンク(パステルカラーのように白っぽくない色目のピンク)を塗り、ホワイトカラーで斜めに爪の上側1/3程度に塗ります。

この段階ではきれいに色の境目ができなくても大丈夫!「色の継ぎ目がきれいに混ざらないのでは?」と思われるかもしれませんがここでマストアイテムを使います。それは少しラメの入ったクリアなマニキュアを使います。

1,2度重ね塗りすれば馴染んでいきますので安心してくださいね。グラデーションの次は…ボーダーデザイン。

ボーダーも仕上げでキレイに!

ボーダーデザインは線がきれいにかけないと台無しです。ですが…大丈夫!ホワイトやマリンブルー、レッドなどよく使われるカラーですが、ベースにしたい色を爪の付け根から塗っていきますが、簡単に塗るため使うのがマスキングテープ!

貼ってもはがせるテープで、紙でできていますから手で切る事ができるものです。幅を決めて指5本に貼ります。それから塗り、乾いたらテープを取り色を変え間隔をあけ2つめの色を塗り、またテープを貼り…という工程を繰り返していきます。

ぶきっちょさんは3色使いで間隔を広げてぬるとやりやすいでしょう。とりあえずすべての指が塗れたもののあまりテープを張ってもうまくできなかった(涙)…と思っても大丈夫!!

色の境目に一番細いキラキラシールを貼ればきれいにみえますし、ゴージャスになります。暖色系のボーダーデザインならゴールドのキラキラシール、寒色系ならシルバーのキラキラシールがおススメです。

失敗かな…と思ってもあきらめないで、仕上げで勝負するつもりでトライしてみてください♪

この記事をシェアする

関連記事