• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

日帰りで行く春のハイキングやトレッキングで健康な体を!

Date:2014.04.09

すっかり暖かくなりました。春がきました。体で、というより五感で、この素敵な季節を感じるには・・やはり、ハイキング、トレッキングでしょう。今日は風もないし・・いい日だなと感じたら、日帰りで軽く歩きに行ってみましょう。

泊まりですと、宿泊先を予約しなくてはなりませんし、お荷物も断然多くなります。ここはひとつ、お弁当、飲み物、レジャーマットくらいをリュックにいれて、軽く出かけてみましょう。

日帰りで行けるスポットは意外とたくさんあるのです

首都圏日帰りハイキングガイドなどがいま、書店でたくさん売られています。日帰りで行けるスポットは意外とたくさんあるのです!

たとえば、高尾山、神奈川県大山、箱根とその周辺(例えば大雄山)、三浦半島の山々(三浦富士、大楠山など)、千葉の鋸山(フェリーを使えば便利です)など・・・調べてみればたくさんあります。

山を歩いていると、なぜか明るい話題ばかりです

リュックにお弁当と飲み物、レジャーシートを入れて、帽子とトレッキング用ストックをそろえれば気分はもう、山ガールです。

お友達と駅前のスタバで3時間おしゃべりするのと、山桜や新緑の木々に挟まれたハイキングコースを歩きながら3時間おしゃべりするのとでは、まったく違います。

山を歩いていると、自然と批判的な話題にはならないのが不思議です。知らず知らずと暗い話題を避け、明るい話題で楽しく笑いながら歩いていることに気が付くはずです。

いつも歩いているアスファルトとは違う、柔らかい土や落ち葉を踏みしめながらゆっくりと山の稜線沿いを歩く。高い木々からの木漏れ日が気持ちいいです。山に一歩入ると、不思議なくらい鳥のさえずりが聞こえてくるのです。

日常生活では車の音や何かにかき消されてしまう鳥の声。木々のざわめきが、柔らかな山の風と一緒に体感できます。

展望台や頂上からの眺めは、心の特効薬・美容液です

小さな山でも頂上というか展望台のような見晴らしのいい場所があったら、そこからの眺めは、あなたの心に必ずよく効く薬のように素敵な効果が期待できます。

4月から変わったばかりの生活環境、職場環境、人間関係などなど・・・ちょっと緊張して疲れていた心に素晴らしく高価な美容液のように染み込んでいくでしょう。

山を下りた時の戻ってきた感があるほど、脱日常、気分転換できた証拠です

見晴らしのいい頂上付近で、お弁当を食べてもいいですしお茶を飲んで休憩だけしてもいいです。暖かいコーヒーをポットに入れてきて、友人と持ち寄りのクッキーやパウンドケーキでTea Partyなんていうのも、まるで海外の雑誌の特集のようでです。

それから、ゆっくり、また帰路につきます。今度は下り坂です。だんだん、街に近くなってくると、バス通りのような大きな道路の音も聞こえてきます。そして、土の道から・・・ようやっとアスファルトの道に出た時。

たったこれだけのことですが・・まったく違う空間から戻ってきた感覚にとらわれます。下界というと大げさでしょうか。街灯があり、コンビニエンスストアがあり・・あ、自分はまた戻ってきたんだという気がしてきます。

この感覚が、どれだけ山を歩いているとき脱日常感に浸っていたかを表しています。往復の交通費とお弁当代くらいでお金もかかりません。入場料もなければ予約も必要ありません。とにかく、自然は広い心であなたを迎え入れてくれるのです。 

この春、ぜひ気軽にハイキングを体験してみてください。

この記事をシェアする

関連記事