• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

新しい季節に向けて肌も準備しよう!春を迎えるためのスキンケア

Date:2014.03.19

寒い冬が終わると、明るくて暖かな春がやってきます。日差しが徐々に強くなっていき、冬の突き刺さるような寒さと乾燥はだんだんと和らいでいきますよね。

そんな冬から春に移り行くときの季節の変わり目は、重いコートを脱ぎ捨てて、薄くて軽い服に衣替えをするように、肌も季節にあったケアに変える必要が出てきます。明るくて華やかな服を用意するように、肌も春に向けて少しずつ準備をしてみませんか?

1. ピーリング

春に向けての肌ケアの第一歩として、厚いセーターを脱ぎ捨てるように、古い角質を脱ぎ捨てることからまずは始めましょう。

古くなって死んでしまった皮膚は、新しくできた皮膚の上に乗っかってしまっていて、新鮮な空気や栄養素が肌の奥に浸透していくのを防いでしまう邪魔なものなのです。何か想像すると気分が悪くなりますよね。

そこで、お勧めなのがベーキングパウダーを使ったスクラブです。顔をぬらした後、ベーキングパウダーを少量手に取り、そこに少し水を入れて、顔をマッサージします。

あとはぬるま湯で洗い流してください。驚くほどに古い角質を取り除くことができ、柔らかな肌がゲットできますよ。

2. 肌に合ったボディウォッシュで洗う

古い角質を取り除いて、新しい肌が出てきたら、それを今度は冬眠から目覚めさせるかのように優しく育てていきましょう。自分の肌質にあったボディウォッシュを選び、栄養を与えながら、保湿をしていってあげるのです。

また、自分の肌を目覚めさせてあげるようなアロマオイルをボディウォッシュに入れてあげると、香りで気持ちも冬眠から目覚めたような気分になります

3. ふたをする

まだ春が完全に来ない冬の終わりの時期は、まだ冬本番のときと同様、いつも以上に潤いが必要なときです。

お風呂上りに軽く身体の水気をふき取ったら、オリーブオイルなどの自分の肌質にあったオイルを薄くつけて、肌にふたをして潤いを閉じ込めてあげましょう。ボディウォッシュの潤い成分も肌に一緒に閉じ込めることができます。

4. 保湿する

お風呂上りにココアバターやシアバターが配合された、ちょっと濃い目のローションをつけて、しっかりと保湿してあげましょう。まだ毛穴が開いているうちに塗りこんであげることが大切です。これで肌をしっかりと保湿することができます。

5. 水を飲む

ご存知、私たちの身体のほとんどが水でできています。そのため、水分補給をすることは私たちの身体にとって、とても大切なものなのです。

特に朝起きたてであったり、お風呂上がりなど、汗などで水分が失われた後には、意識的に多めに水を飲むようにしましょう。水分が身体に行き届いて入れば入るほど、私たちの肌は健康でいられるのです。

6. 湯船につかる

ちょっと暖かくなってきたからとシャワーだけにしてしまうのではなく、しっかりと湯船につかる時間を設けましょう。少しぬるめのお湯に重曹を少し入れてあげ、その後、温めた牛乳をカップ1-2杯ほど入れてあげるのです。

そして、お気に入りのアロマオイルを数滴入れてあげましょう。このお湯にゆっくりと時間をかけて入り、毛穴を広げてあげます。さらにそこにお湯に入れた保湿成分をしみこませ、肌が滑らかになるように仕向けてあげるのです。

入浴後はタオルでパッティングするように身体を拭いてから、保湿をしてあげることをお忘れなく。

7. 紫外線対策

冬は一年の中で紫外線量が一番少なく、夏に向けてどんどんピークに達していきます。そこで、紫外線対策をどんどん強化していきましょう。

冬の間も勿論毎日日焼け止めは塗っていただきたいのですが、それにプラスして、春先は、帽子を取り入れたり、サングラスを使う機会も増やしていくと良いでしょう。

この記事をシェアする

関連記事