• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ホワイトニングだけじゃない!歯を白く見せて笑顔を輝かせるコツ

Date:2014.08.21

貴女は、顔を合わせた相手がニコッと笑った瞬間、その口元から顔をのぞかせる美しい白い歯に魅了されたこと、ありませんか?

白く真珠のように輝く歯は、その清潔感と美しさから、人に良い印象を与えてくれます。恋愛でもビジネスのシーンでも白い歯は、笑顔と合わさることでぐんと相手に好感を持たせてくれる道具になるのです。

歯を白くするには歯医者でのホワイトニングや歯のマニキュアなどが手っ取り早い方法です。後は地道にホワイトニング効果のある歯磨き粉で歯を磨いたり、市販のホワイトストリップを付けて自宅でホワイトニングしたりという方法があげられるかと思います。

ここではそのようなホワイトニングを行うのではなく、メイクなどを用いることで今の歯を更に白く見せる方法を中心にご紹介していきます。これで自分の笑顔に更に一層自信を持てるようになるはずですよ!

口紅の色を工夫する

黄色っぽい服を着ていると、肌にその色が反射して顔がいつもより黄色っぽく見える傾向にあります。これは歯に対しても同じなのです。黄色がかっている口紅は歯が黄色っぽく見えてしまうのです。

そこで、お勧めがブルー系のベリーカラーです。ブルーをベースとしたピンクは、ニコッと微笑んだ時に覗く歯を綺麗に白く見せてくれますよ。まずは自分に似合うかどうか一度試し塗りをしてみてはいかがでしょうか?

唇の輪郭をしっかりと

口紅を付けるときに口紅一本でぱっと塗って終わり…そんな方はひと手間かけて唇の輪郭をしっかりと強調してあげましょう。

リップライナーとグロスを使ってを使って唇を縁取り、更にその外側にコンシーラーで縁取りをしてみるのです。こうすることで、唇がよりぷっくりと見えます。そして口紅の色とコントラストを取って歯が白く見えるため、美しい笑顔を演出してくれるはずですよ。

アイシャドウにもこだわる

目元を可愛くもセクシーにも見せてくれるアイシャドウは、歯を白く見せる演出にも貢献してくれます。

白い歯に見せるにはパープル、ブルー、グリーン系の寒色系のカラーをアイシャドウとして取り入れると良いでしょう。これらの色を瞼に乗せることで、歯から黄色味を目立たせなくする効果があるのです。

ブロンザーを使う

日焼け肌の演出や、顔の立体感作り、小顔づくりに役立つブロンザーは、歯を白く見せるのにも役立ってくれます。

ブロンザーや普段のファンデーションよりも1トーン暗いファンデーションを頬骨の下と鼻筋の両脇に軽く影を付けると、顔の立体感ができて、顔が引き締まって見えます。そのため、笑顔がより美しく見えるのです。

また、その影の作用でコントラストを作りだし、歯も白く見せる効果があります。

ワセリンを歯に塗る

肌荒れ治療に使われるワセリンですが、これが白い歯を保つのに役立つのをご存知ですか?

使い方は簡単。歯に薄くワセリンを塗るだけです。これでコーヒーや口紅が歯についてしまうのを防ぐことができ、更には歯が輝いて見えるのです。実はこれはモデルの写真撮影の時等にも使われるテクニックなのです。

ワセリンは無味無臭なので気にならないので、どうぞ一度試してみてくださいね。

果物と野菜を沢山食べる

上ではメイクなどの一工夫で白い歯に見えるコツをご紹介してきましたが、白い歯を保つには日々の歯磨きがやはり必要です。

それを基本とした上で、日常的に食事に歯を白くしてくれるものを加えてみませんか?その代表がイチゴです。イチゴに含まれるビタミンCは歯垢を取り除く働きがあり、更には歯の汚れを取り除いてくれる天然の収れん剤が入っているのです。

そのほかにも、セロリやニンジンなど、野菜スティックとして食べるような歯ごたえのある野菜やリンゴなどの果物がお勧めです。

いかがでしょうか?すぐに取り入れられるコツもあったかと思います。あとは自信をもって、口角を上げて笑うだけです!ちなみに目元から笑うとより自然な笑顔となりますので、どうぞ試されてみてくださいね。素敵な口元と笑顔で自分自身も周りもハッピーにしちゃいましょう!

この記事をシェアする

関連記事