• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

レディースのハット・重要なのはコーディネートよりも「捨て時」でした!

Date:2014.12.08

ハットっておしゃれには欠かせないアイテム。実際にかぶらなくても部屋に飾っておくだけでも可愛くて好きという女性も多いでしょう。

でもハットを楽しむために一番大切なのは「使用期限をいかに見極めるか」という事だったりします。

ハットは人の目を引くアイテムです。きちんと捨て時をマスターしましょう。

ハットはおしゃれをいい方向にも悪い方向にも導きます】

一言でハットと言っても帽子にはたくさん種類がありますよね。

麦わら帽子、ボーラ―ハット、ベレー帽、カンカン帽…ほかにもたくさんあると思います。

ですが、このハットたち、どんな洋服に合わせるかということももちろん重要なのですが、「捨て時のマスター」はもっと重要です。

形や色がいくらおしゃれでも、毛玉が目立つような状態のままかぶっていたり、つばが折れているのに使い続けていたら、せっかくのおしゃれ感が台無しです。

ハットは、あなたのおしゃれの完成度をあげてくれるアイテムであると同時に、下手をすると「うわ、あの人、あんな帽子かぶってる…」と思われてしまう残念なアイテムになってしまう可能性もあります。

おしゃれを目指している女性にとってハットは天使と悪魔のような存在です。

捨て時その1・「ハット同士を平気で重ねられるようになったとき」

ハットを購入したときにはウキウキですよね。

どんな洋服に合わせてかぶろうか、いつからかぶろうか、などいろいろ考えて、気分も晴れやかなはず。

そして家にハットを持って帰って、丁寧に保管場所に置きます。

その上に別の物や別のハットを重ねて保管しよう、とは絶対に思わないはずです。

ですが、日が経つにつれて、そのハットの新鮮さがどんどん薄れていき、そのハットの上にポンと別のハットを重ねて保管できるようになったとき、それがそのハットの「捨て時」です。

人は気に入っているハットの上に、別のハットを重ねるということは絶対と言っていいほどしません。これを、捨てる際の一つの基準にしてもらえればと思います。

捨て時その2・「毛玉が目立ってきたとき」

これは冬物のハットや帽子、ニット帽などに関する捨て時ですね。

毛玉が目立ってきたり、ところどころ糸がほつれてきてしまったとき、それはその帽子の捨て時と言えるでしょう。

ですが毛玉くらいで捨てるなんてもったいないと感じる人もいるでしょう。

ですが帽子というのは不思議なもので、毛玉をとってもまた新しい毛玉が目立つようになります。

いくら毛玉をカットしても、次から次へと新しい毛玉が目につきます。

思い切って処分することも大切です。

新しい帽子に出会うためにも、この機にすべての帽子をチェックしてほしいと思います。

捨て時その3・「変形が著しく目立つようになってきたとき」

 ハットは、形がすべてと言っても過言でもありません。

買ったときにはとても素敵な形を保っていたとしても、そのうちに現れる「使用感」…。

これがハット全体に現れたら、捨て時です。

そしてハットに使用感が現れたあと、必ず来るのは「形の変形」です。いわゆる劣化という現象ですね。

たとえば「ボーラーハットの頭頂部が簡単にへこむようになってしまった」、「麦わら帽子のつばの部分が反り返ってきてしまった」などの現象が起きたら、思い切って処分しましょう。

捨て時その4・「髪が伸びたり、切ったりしたら

さて、こちらは意外な捨て時かもしれません。

ハットの傷み具合ではなく、「あなた自身の髪が伸びたり、もしくは切って大きくヘアーチェンジを行ったとき」に焦点を当てるというもの。

髪型が変わると、当然似合うハットも変わってきます。

ロングヘアに似合うハット、ショートヘアに似合うハット、それぞれ違いますので、ヘアスタイルが大幅に変わったときには「ハットの捨て時」と考え、クローゼットを整理してみることをおすすめします。

髪の毛の雰囲気も変わり、そのついでにハットも整理すれば、手軽に気分転換ができると思いませんか?

ハットは一度も洗わない

ハットってよくよく考えてみたら、買ってから一度も洗わないアイテム、なんですよね。

頭にかぶるもので、髪の毛に直接触れるもの、しかも汗なども付着しやすいというのに、一度も洗わない…。

だからこそ、ハットの管理、捨て時を見極めることって大切なんですよね。

誰がどう見てもクタッとなっているのに、本人だけは「まだかぶれる」と思ってかぶり続ける…。

もちろんものを大切にすることはいいことですが、あまりにも傷んでいるハット、変形したハットをかぶるのは、あまりいいこととは言えません。

よく「おしゃれは足元から」と言いますが、「頭の先も大事」だと思います。

ハットは手を抜きやすいアイテムではありますが、きちんと管理・保管・処分すればあなたがおしゃれをする上での大きな味方になってくれるはずですよ。

この記事をシェアする

関連記事