• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

はと麦茶の効果効能。飲むだけで美肌や便秘解消などが叶う!

Date:2017.07.09

近年、よく耳にするはと麦茶ですが、美容や健康に大変優れたお茶であることを知っていますか。

実際、はと麦茶の元となるはと麦は良質なアミノ酸で形成されているタンパク質、カリウム、鉄分、ビタミンB群などの栄養素がバランスよく含まれている食品です。

漢方薬で処方されるヨクイニン。その正体ははと麦の実の殻を取り除いて採取したはと麦の粉なんです。漢方にも使用されることから、はと麦の持つ優れた効果が伺えますね。

今回はそんなはと麦から作られるお茶、はと麦茶にはどんな効果効能があるのか、ご紹介します。


似ているようで全然違う!?はと麦茶と麦茶の違いとは

はと麦茶と混同されやすいのが、夏の定番の飲み物ともいえる麦茶。名前からして似ているようですが、実は全然違うんです。

はと麦茶
  • 原材料ははと麦
  • 麦茶よりも香ばしい味わい
  • 優れた美肌効果を持つ
  • ニキビ・アトピーの予防
  • 利尿作用がある

ハトムギの画像
▲はと麦

麦茶
  • 原材料は大麦
  • クセの少ない味わい
  • 虫歯を予防する
  • 血液をサラサラにする
  • 胃の粘膜を守る
  • 冷え症を予防する

このように原材料、効能ともに全然違います。ですので、自分の得たい効果に合わせて選んでみても良いかもしれませんね。

女性にこそ知って欲しい!はと麦茶が持つ美容・健康効果

はと麦茶は香ばしい香りが特徴のお茶で、近年では愛飲する女性も増えてきました。

そんなはと麦茶は飲むとどんな効果を得られるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

肌の新陳代謝を促し、美肌にする

豊富な栄養素を含んでいることから、はと麦は美肌効果の高い穀物として知られています。

はと麦に含まれる栄養素の中でも美肌効果のある代表的な成分がコイクセノライドと呼ばれる、はと麦特有の成分。

コイクセノライドは肌の新陳代謝を促進し、角質層の細胞の代謝を高める働きがあるため、古い肌から新しい肌へと生まれ変わるターンオーバーを促します。

ターンオーバーにより、肌荒れや肌の老化防止に非常に高い効果が期待出来ます。

はと麦茶の効果として有名なのがイボ取りですが、このターンオーバーを促す働きがあるからイボ取りに効果的と言われているんですね。

さらに、はと麦茶は体内の老廃物を排出する効果を持っているので、

  • ニキビ
  • シミ
  • そばかす

といった肌のお悩みも解決してくれます。

近年ではアトピー性皮膚炎の改善にも効果があることが研究でわかってきています。

老廃物を排出するデトックス効果

はと麦茶には食物繊維も多く含まれています。食物繊維は腸のぜん動運動を促し、便秘解消効果が期待出来ます。

また、食物繊維は糖やコレステロールを絡め取り、必要以上の吸収を抑える働きもあります。糖尿病や高血圧など、生活習慣病の予防・改善にも効果的です。

また、余分な水分や便が滞ると、老廃物が蓄積され、血液の循環がスムーズにいかなくなってしまいます。その影響として、

  • むくみ
  • 冷え
  • 肩こり
  • 疲れ

が起こり、体が不調を感じるようになります。

はと麦茶の持つデトックス効果は余分な水分の滞り、便秘を解消してくれるので、これらの症状の改善に期待出来ます。

さらに、はと麦茶のデトックス効果が嬉しいのは

  • 脚気
  • 膀胱結石

等の病気の予防にも有効な点です。尿の排出も促すので、腎臓の働きも良くします。

鉄分を補給し、貧血を予防する

現代人に多く見られるのが鉄分不足。

鉄分不足になると貧血などの症状が現れたりしますが、最近では隠れ貧血と呼ばれる、ヘモグロビンは正常値なのに体は鉄分が不足した状態の方が非常に増えています。その数はなんと女性の1000万人にも及ぶとか。

特に女性は毎月の生理や、妊娠、出産で鉄分不足になりがちですから、鉄分は積極的に摂取したい成分です。

はと麦茶は鉄分を多く含んでいるので、飲むだけで不足しがちな鉄分を補い、体を健康な状態に保ちます。

鉄分の吸収率を高めるためにはビタミンCを一緒に摂ると良いですよ。

胃の健康を保つ

私達の体は水分を摂取すると一度胃に溜めてから、十二指腸、小腸、大腸とそれぞれの器官へと運ばれる仕組みになっています。

しかし、水分を大量に摂取すると、その分胃に溜まりすぎて負担がかかり、胃液を薄めることで消化不良を引き起こします。

はと麦茶は体の余分な水分を排出する効果があるので、胃の負担を減らし、健康な状態を保ちます。

生活習慣病を予防する

ビタミンB2には過酸化脂質の分解を促進する効果があります。

過酸化脂質は体内に蓄積すると生活習慣病の原因ともなる動脈硬化を進行させる、体にとっては好ましくないもの。

ビタミンB2は過酸化脂質を分解し、血液中に中性脂肪やコレステロールが蓄積するのを防ぐので動脈硬化を予防します。

また、ビタミンB2は細胞の新生や再生を支える働きもありますので、成長のビタミンとも呼ばれます。

アミノ酸で疲労回復

はと麦茶にはアミノ酸も多く含まれています。アミノ酸はタンパク質を構成する成分で、疲労の原因となる乳酸の発生を抑える効果があります。

乳酸はスポーツを行った後の筋肉痛を感じる原因にもなる物質ですので、筋肉痛を和らげる効果も期待出来ます。

さらにアミノ酸には神経の機能をサポートしたり、肝臓の機能を高める働きも。

他にも、激しい運動などで傷ついた筋肉の修復を行う役割と様々な効果があるんですよ。

スポーツサプリ等にアミノ酸が多く含まれているのはこうした疲労回復効果の他に筋肉の修復を行う働きがあるからですね。

運動後や疲労を感じた時にほっと一息、はと麦茶を飲めばリフレッシュしながらアミノ酸を補うことが出来ます。

新陳代謝を促す

有機ゲルマニウムには細胞の新陳代謝を促す効果があります。細胞に酸素を行き渡らせるようサポートするので、細胞の生まれ変わりを促進します。

有機ゲルマニウムは若返りを望む方にも効果的な成分です。はと麦茶はアンチエイジングの手助けもしてくれるんです。

抗腫瘍作用でガンを予防する

はと麦茶に含まれるコイクセノライド。肌の新陳代謝を促し、美肌へと導く成分ですが、もう一つ嬉しい効果を持っています。

コイクセノライドには抗腫瘍作用があり、ガン細胞が発生した際に増殖や成長を抑える効果があります。

はと麦茶はその抗腫瘍作用から子宮筋腫にも効果的だと言われているんですよ。

すぐに捨てないで!出がらしはスキンケアに活用出来る

はと麦茶を飲んで残った出がらしですが、そのまま捨てていませんか。そのまま捨てるのはもったいない!実は再利用することが出来るんです。

はと麦茶の出がらしを使って入れたお茶で、肌に直接美容効果を取り入れることが出来ます。

お茶洗顔のやり方
  1. 普通に洗顔して洗い流す。
  2. 出がらしで抽出したお茶を使ってパッティングしていく。

たったこれだけです!使う出がらしは2杯目以降のものを使って下さい。毛穴引き締め効果のあるカテキンが出やすくなります。

使用済みのはと麦茶のパックで直接パッティングしても同様の効果が得られますので、簡単に済ませたい方はそちらで試してみてください。

はと麦茶はノンカフェインだから体にも優しい

これだけの効果があるはと麦茶ですが、さらに嬉しい利点があります。それはノンカフェインであるということ。

そのため、子供からお年寄りまで安心して飲むことが出来ます。

ただ、はと麦には子宮収縮を促進してしまう働きがありますので、妊娠中の方は摂取は避けるようにして下さい。

より効果を高めるはと麦茶の選び方・飲み方

美肌やデトックス、さらには健康をサポートしてくれるはと麦茶。どうせ飲むならより効率よく飲みたいですよね。

ただ飲むだけじゃなく、効率よく飲むにはポイントがいくつかありますのでご紹介します。

100%のものを選ぶ

スーパーや薬局などで気軽に手に入るはと麦茶ですが、中には大麦などがブレンドされているものが少なからずあります。

裏面の表示を確認し、はと麦100%のものを選んで買うようにしましょう。

高濃度で煮出す

やかんに軟水とはと麦茶を入れ、沸騰させます。沸騰したら弱火で10分煮出してください。冷めたらティーバックを取り出して完成です。

食前に飲む

食事の30分前に飲むようにしましょう。空腹時ですと栄養を吸収しやすく、高い効果を得られます。

今日から始められる!はと麦茶で体の中からキレイに

はと麦茶は美肌や健康、どちらも叶えたい女性にこそおススメのお茶です。

美肌や健康のために化粧品やサプリ等、あれこれ試したりする方も多いと思いますが、はと麦茶は飲むだけで美容健康効果が得られる優れモノ。

また、ジュース等とは違って糖質も含まれていないので、カロリーも気になりませんし、ダイエット中の方にもぜひ飲んでいただきたいです。

より健康で美しくなるために、普段の飲み物をはと麦茶に変えて内側からのケアをしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント