• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

優しいセリフにご用心!口だけ男がよく言う3つの特徴的セリフ

Date:2014.08.11

恋人との楽しい時間には、甘い言葉はつきもの。彼の言葉で女性は励まされ、時に強くなり…そして、美しくなります。

昔は無口な男性がもてはやされましたが、今は違います。いかに男性側から女性の欲している言葉をかけてあげられるかが恋人同士でも夫婦間でもとても重要になっていますね。

口下手な男性と過ごすと女性にかなりのストレスがかかってしまいます。言葉の持つ力というのは目には見えませんが本当に大きなものです。

しかし、そんな言葉にも見えない毒を持った危険なワードがあります。いいことを言ってくれるのに、実は悪い男…そんな”口だけ男”がよく言うセリフです。

前もって知っておいて、彼の口癖ではないかしっかり確認しておきましょう!

1、「絶対に幸せにするから」

大好きな彼から「君のこと、絶対に幸せにするから…」なんて言われたら、どんな女性だってクラっときてしまいますよね。この人と結婚したい!と将来のことまで考えさせるこのセリフ。

一度は言われてみたいと皆が思うこの言葉ですが、注意が必要です。それはなぜでしょうか。こんなクサいセリフを日常的に言えるのは、チャラい証拠という意見もあるからです。

ですが、この言葉が要注意だとされる理由はもっともっと深い根底の部分にあります。考えてみてください。そもそも、”幸せ”って、一体何でしょうか。

ぐっすり夜眠ることが幸せの人もいれば、眠る暇が無いほど働くのが幸せの人もいます。将来的なことをいえば、結婚して子供をたくさん産むのが幸せと考える人がいれば、そうじゃない人もいます。夫婦2人で仲良く一生添い遂げたい、それが幸せだと思う人だっているのです。

幸せの定義というものは、人それぞれ違います。あなたと彼の”幸せ”の定義は一致しているでしょうか。

女性がシビれる「絶対幸せにするから」というセリフは実は、幸せという”曖昧な概念”を約束するもの。よく考えると説得力のないセリフなのです。

ですからこの場合は、「きっと、幸せにするから」と言える男性だと安心です。

きっと、という一言が付け加えられるだけでなんだか弱気で心配になる人もいるでしょう。でも、「幸せにしてあげたい…けれど幸せにできないかもしれない…とにかく幸せにするように頑張るつもりだ」という希望も不安も素直に言葉に出来る人の方が、将来ぶつかるリスクが少ないのです。

2、「俺には、君しかいないよ」

こちらのセリフもしびれますね!こんなこと言われたら、「わたしもだよ」なんて言いたくなってしまいます。でも、待ってください。君”しか”いないと強調している点に注目してみましょう。「君だけだよ」という男性も同様です。

”君しか”や”君だけ”と限定して言うのは実は感情の裏返し。自分は本当は君”だけ”の男になりたくない、みんなの俺でいたい…という深層心理が渦巻いているのです。このタイプの男性は、とてもプライドが高く計算高い人が多いです。

こんなにイケてる俺が、この女だけのものになるのか…?と、心のどこかで女性のことを見下しているケースが多いのです。「こんなにいい男の俺が、お前だけを見ているって言っているんだ、幸せだろ?」とでも言うようなものです。

そんなこと言われたら、鼻につきますよね。でもこのセリフを言う人は自分に自信がある人なので、異性関係にはとても積極的。本当にモテるかどうか別にして、異性の影が絶えないでしょう。

二股や不倫などの浮気の心配をするのは、女性にとってとても精神的に大変辛いことです。そんな不安要素は徹底して避けるべきでしょう。

3、「なんとかなるさ!

なにか困難にぶち当たった時、失敗して落ち込んでいるとき、「なんとかなるさ!」の一言で救われたりしますね。そういうときは、長々持論を展開されるよりもその一言が心にグッとくるものです。

でも、本当になんとかなるのでしょうか。なんとかなるもっともらしい理由が見当たらなくたって、この一言は言うことが出来ます。根拠もないのに、なぜか心に響いてしまう一言なのです。

そういうことを頻繁に口にする男性には、行き当たりばったりで物事をしっかり考えていない人が多いです。そんな人と将来を共にするには不安ですよね。

生きていく上でたまには、根拠も理由もなにもなくてもなんとかなる!うまくいく!と自分に言い聞かせることは必要でしょう。ですが、そんな言葉にすがっているだけでずっと上手くことが運ぶワケはありません。

「なんとかなる」ではなく「なるようにしかならない」のが悲しいですが、現実です。そんな責任放棄、丸投げの言葉を頻発するような投げやりな男性には、早々に見切りをつけて前へ進んでいってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事