• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

初デートで彼氏のハートをガッツリ掴む5つのポイント

Date:2013.04.18

気になる彼と二人きりで会えることになったら、このチャンスに心をつかみたいと思うものです。「初デート」と言っても付き合う前のただの友達同士、お互いに相手を見定めるテストの場なのです。

そのままの自分を出す

緊張のあまり感情が乏しく見えてしまったり、浮かれてテンションが高くなってしまったりしないよう、素の自分を心がけましょう。

そもそも初デートの時点ではただの男友達なので、妙に張り切る必要はありません。気持ちに余裕を持つと行動にも余裕が出てくるもの。実際に楽しんでしまうのが一番です。「自分が相手を見定めてやる」ぐらいの気持ちでいきましょう。

言葉遣いはキレイに

「トイレ行ってくるね」ではなく、「お手洗い行ってくるね」と言い換えるだけでかなり印象が変わります。

意外と多いのが食べた後に「うまい」と言う女性ですが、もちろんNGです。お店の方などにも丁寧な対応をし、一緒にいて恥ずかしくない女性だと印象づけましょう。

特に婚活中であれば下品な言い方にはできるだけ気を付けないと、下品な妻を欲しがる男性はあまりいません。

話を聞きましょう

テストの場だからといって、自分の事をアピールし続けるのはいけません。相手の話を楽しそうに最後まで聞き、きちんと目を見て適度に相づちを打ちましょう。職場や家族や友達などの話をたくさんしてもらうと、相手を知るという意味でもとても有意義です。

悩み事などを話してくれるようになれば、だいぶ心を許してくれているかもしれません。以前に話した内容を覚えておいて「この間言ってたけど…」などと切り出すと、相手は自分の話をちゃんと聞いていてくれたと嬉しくなるはずです。

彼に「俺のこと好きなのか?」と思わせる

初デートの段階では、お互いに相手は自分をどう思っているのかと探っています。楽しそうに笑顔で過ごすことはもちろんですが、ちゃんと言葉で伝えることはとても大切です。

人の気持ちは言わなければ伝わりません。相手の選んだプランに対しての「楽しい」や、一緒に食べる料理に対しての「おいしい」や、一緒に出かけられたことに対しての「嬉しい」など、きちんと言葉にして伝えましょう。

更にドキッとさせたければ、相手のちょっとした仕草に対して「私、○○する男の人って好きだな」と言ってみてください。

よく食べる彼なら「私、いっぱい食べる人って好きだな」という感じです。彼の中では「俺のことが好きって事なのか」とちょっとしたモヤモヤができるかもしれません。

帰りは早めに

たとえ次の日が休みでも、少し早めに帰宅しましょう。楽しい時間の真っ最中でもう少し一緒にいたかったなと思えるぐらいが一番いいタイミングです。彼と別れたら、すぐに楽しかったことを伝えるお礼のメールを送ります。

もし「また○○でも行きましょう」のような話が出たら、すかさず「次はお休みいつですか?」と次のデートの日にちまで決めてしまいましょう。相手からすぐにメールが来なくても、しつこくメールするのはNGです。

この記事をシェアする

関連記事