• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

人生の転換期にハワイのゲストハウスをおすすめする理由

Date:2013.08.14

四年ほど前、私はハワイ島のゲストハウスに住んでいたことがあります。当時私は留学中で、借りる家を探すまでの間でしたが、ゲストハウスでは色々な人々と出会い、四年たった今でもその時出会った人とは強い絆で結ばれています。

では、ゲストハウスで出会った色々な日本人と、その人達を紹介していきたいと思います。

東京のスポーツジムを辞めて一人旅に来ていたAちゃん

Aちゃんとの出会いは、イルカなどの本を何冊か出版し、ハワイ島レトリートなど多方面で活躍している野崎友璃香さんが当時運営していたゲストハウス「ドリームハウス」ででした。

日本にいる頃、私は野崎友璃香さんの本を愛読しており、ハワイ島に留学した際、実際に友璃香さんがいる事に驚きました。

留学していた学校の掲示板で、友璃香さんがタッピングの教室を開くという事で、友璃香さんに一目会いたくてさっそく参加しました。

その、タッピング教室に参加していたのが、Aちゃんでした。Aちゃんは、東京のスポーツジムで働く27歳でした。女の上司に目をつけられ、いびられた挙句、我慢の限界が来て仕事を辞めたとの事でした。

そして、仕事を辞めた翌日、雑誌で見たハワイ島へ、その雑誌に載っていた野崎友璃香さんのゲストハウスを頼りにやってきたそうです。

Aちゃんとは、よく一緒に白い砂浜の広がるビーチに行きました。日に焼ける事を気にせずに、パレオの上に寝転がり一日海にいました。

ハワイ島では、星の観察のため世界中の天文台が集まる島という事もあり、街頭がない島で、夜になると真っ暗になってしまいます。そんな理由もあり、夕日が沈むと、一日が終わってしまいます。

昼の間は、あんなに強い光で照らしていた太陽が沈む瞬間を、浜に座って何度か一緒に眺めました。日本人のいないビーチでは、どれだけ大きな声で私的な話をしても、誰にもわかられないので気楽に自分たちの話をしていたのを覚えています。

そんな異国の地で、出会った不思議な縁もあり、日本では東京と沖縄と言う離れた土地に住みながら、今でもたまに連絡を取り合っています。

長年の友璃香さんのゲストハウスの常連Tさん

Tさんは、会った瞬間から自然とスッとしゃべれる不思議な心地よさがありました。Tさんの見た目は、細身で、黒髪が美しい見た目20代後半位のお姉さんでした。しかし、実際の年齢は40代に入ったところと聞いて驚いたのを覚えています。

派手な印象は一切なく、おとなしい印象でしたが、初めての出会いでいきなりみんなで海辺のレストランに食事をしに行きました。その時、女ばかり5人が集まったため、結婚の話となりました。

そして、いきなり会ったばかりのTさんに私の未来の旦那さんはこんな人だよ~と言われ驚きました。Tさんとは、ペレが住むと言われるボルケーノに一緒に出掛け、日本での色々な話をしました。

Tさんが一番最初にハワイ島にやってきたのは20代の頃で、本で読んだ友璃香さんを頼りにやってきたのだそうです。最初は、精神的に病んでいたのだけど、ハワイ島の海で泳いだり、自然の中に身を置くことで大分回復したそうです。

それからというもの、ハワイ島の友璃香さんのゲストハウスによくやってくるようになり、今回もその旅行だったそうです。Tさんは英語がペラペラで、外人の彼氏がいたこともあるらしく、今回は婚活も兼ねてやってきていました。

ハワイの結婚相談所に登録して、ハワイの男性と結婚を夢見てやってきた面もありました。その件については、色々あったみたいですが、四年たった今では日本で年下の彼氏をみつけ、心身ともに幸せに生活を送っているようです。

Tさんとは、一番深いつながりを感じた人で、日本に帰っても、何かあった時には相談のメールをするなどしてずっとつながり続けています。

不思議な世界観を持つ占い師 Hさん

Hさんは、日本では霊視や手相などを使って人を鑑定する占い師として活躍している女性でした。Hさんはとても元気のいい女性で、ハワイに来た解放感も手伝ってなのか、ご飯をおごってもらったり、世話を焼いてくれました。

Tさんと最初に出会った時にレストランで、私の将来の旦那さんをどんな人かと言われたと言いましたが、この時Tさんと一緒にいたHさんは一緒になって見える映像を私言ってきてくれました。

二人とも、同じ人が見えていたのでしょうか?不思議でなりません。Hさんも、友璃香さんと長年の知り合いらしく、友璃香さん、Hさん、Tさんの三人でしゃべっていると、世代がぴったりとあてはまり、聞いていてとても面白かったのを思い出します。

Hさんには、私たちの見えない何かが見えるようで、「あの人は、こんな心を持っているよ」とか、「あのビーチは霊がいっぱいいるよ」など、色々な面白い話をしてくれました。

ただ、少し気になったのはあまりによくない物も見えすぎて、少し彼女自体が苦しそうに見えたところでした。きっと見える人には、見える人なりに何かあるのだろうと思います。

旅先の出会いは一生もの

これら出会った皆とは、一緒に野生のイルカと泳いだり、星を見たり、お酒を飲んだり、ベランダでご飯を食べたり、楽しいことを沢山しました。その思い出は、今思い出しても本当にいい思い出です。

あの時に出会えたメンバーの奇跡を感じずにはいられません。もし、Aちゃんと、Tさんと、Hさんのくる時期が少しでもずれていて、私の学校の休みの時期が重ならなければ、出会う事のない皆でした。

この時に出会えた人達は、皆それぞれの転換期にハワイに一人でやってきていた女性達でした。私も含め、全員が一人で来ていたため、現地でひとり者同士急速に仲良くなったと言えるでしょう。

その他にも、一人でやってきた女性で、ゲストハウスで日本人の彼氏ができた人、ハワイアンの彼氏ができた人など、恋愛的な出会いを果たす人もいました。

ハワイ島のコナ地域に日本人が少なく、また日本人が経営するゲストハウスも少なかったために、同じゲストハウスに日本人が宿泊する率が上がり、このような出会いが生み出されたのではないかと思います。

もし、あなたも何か思い切って海外に一人旅に行ってみたいなら、ハワイ島のコナ、是非おすすめです。

この記事をシェアする

関連記事