• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自宅で簡単歯のホワイトニング!歯を白くしてくれる7つの食べ物

Date:2015.07.14

shutterstock_227097604 - コピー

今トレンドの淡いピンク系の口紅でぷるツヤな口元にしたのに、あなたが微笑んだ時にチラリと見える歯が黄ばんでいたら、「ウっ!最悪…」と思う男性も多いはず…。

もちろん、毎日の歯磨きとデンタルフロスに、最低でも半年に1度は歯科検診を受け歯の健康を歯科医にチェックしてもらう事が一番大切ではあるのですが、そうそう歯科医に行ってクリーニング&ホワイトニングしてもらうのも出費が嵩みますよね?

それに、毎日の食事や飲み物で歯は日々黄ばむ状況にさらされているのです。

ですが、毎日の食事で歯が黄色くなるのでしたら、食べ物で白い歯を保つ事も可能…と考えるのも何となくわかる気がしませんか?

そうなのです、キッチンの戸棚やスーパーに置いてある食材の中には、手軽にそして毎日歯のホワイトニングを手伝ってくれる物も多いのでこちらで紹介しますので、是非毎日の食生活に取り入れて自分で自宅で「歯のホワイトニング生活」を始めましょう!

「チーズ」などの乳製品は美しい歯には欠かせない

笑顔で写真を撮る時の万国共通の合言葉は「チーズ!」

その言葉通り、チーズを始めとする乳製品はカルシウムの宝庫なので、“美しく健康的な歯と笑顔の頼もしい味方”です。

乳製品に含まれるカルシウムと亜リン酸は酸性とアルカリ性のバランスを示すPhバランスを整え、輝きのある歯には必要不可欠である、歯の表面のエナメル質を酸のダメージから守ってくれるのです。

更に、チェダーチーズ等の“硬いチーズ”を歯でかじると歯の表面に付着した食べ物の細かな粒子までこそぎ落としてくれその上、口の中の衛生管理には欠かせない唾液の量も増やして白い歯を守る環境を保ってくれます。

「イチゴ」は自然なホワイトニング剤

ハリウッド女優の中には歯のホワイトニングの為に潰したイチゴを毎日歯に塗っている人も多いとか…。

というのも、イチゴに含まれる酵素の一種であるリンゴ酸が歯を白くする働きがあるからなのです。

しかも、抗酸化作用の高いビタミンC、及びエラジタンニンと呼ばれる成分が歯の着色を助けてしまう雑菌を寄せ付けないので、イチゴは白い歯を応援してくれる「ナチュラルな歯のホワイトニング剤」。

ただし、イチゴを歯に塗った後はデンタルフロスで歯の間に挟まったイチゴの種を取るのを忘れずに!

歯磨き効果のある「硬い野菜やフルーツ」

イチゴに“リンゴ酸”が含まれているのなら、もちろんリンゴにもリンゴ酸が多く含まれているのでリンゴも歯の美白に効果的な食材。

それに、

  • セロリ
  • 人 参
  • ブロッコリー

といった野菜やリンゴを生で食べると歯ごたえがあり、食物繊維が豊富なので、上に書いた硬いチーズ同様、歯の表面や歯間に付いた食べ物のカス、そしてそのカスに住み着き歯を汚す細菌を取り除いてくれる働きがあるのです。

そして、噛みごたえがあるという事は唾液も多く出るので、これまた口内衛生には最適な食べ物といえます。

でも、「ブロッコリーを生ではちょっと…」という方はまだ硬さが残る位に軽く茹でる等して工夫をしてみてください。

というのも、これらの野菜や果物は余り火を通さず、できれば硬い生のままで食べる事で上に書いた効果が得られるからです。

また、ブロッコリーに含まれる鉄分には酸味の強い食べ物から歯のエナメルを守る作用がある事がヨーロッパの歯科学会誌で発表されているそうです。

それに、上の生野菜を野菜スティックとしておやつ代わりにすればカロリーオフも出来て歯のホワイトニングにダイエットと一石二鳥ですよ。

「パイナップル」の効果は歯磨き粉レベル

甘くて美味しいトロピカルなフルーツであるパイナップルに歯に良さそうなイメージを持つ人は余りいませんが、こちらのフルーツも食物繊維が豊富なので実は歯を白くしてくれる優秀食材。

それに、パイナップルに含まれる酵素であるブロメラインやパパインには歯のエナメル質を損なわずに汚れを落として、歯を白い状態に保ってくれる役割があるのです。

実際、歯を白くするとして売られている歯磨き粉の中には、ブロメラインとパパインが含まれている物もあり、この酵素が入っている歯磨き粉は他の炭酸カルシウムや発泡体の入っている歯磨き粉より、歯にダメージ与えずに歯を白くしてくれると言われているのです。

甘いのにホワイトニング効果アリの「レーズン」

これまた意外で甘い食材、レーズンも歯に良い事が海外の実験で明らかになっています。

レーズンを噛むと唾液の量を増やし殺菌効果が上がるのはもちろん、レーズンに含まれるオレアノール酸は歯周病や虫歯を引き起こすと言われるバクテリアが口内に巣食うのを防止してくれるのだそうです。

実際、レーズンが入っているブランシリアルと入っていないシリアルを食べその後、歯の汚れを比べたところ、レーズンが入っているシリアルを食べた人の歯はそうでない人よりキレイだったという結果が出ているのです。

何にでも効く万能飲料「水」

食事をする時には必ずといって良いほど飲み物を一緒にとりますよね?

これは、食事をして食べ物が口の中に残るのを防ぐのはもちろん、歯に付着した汚れも一緒に流し落としてくれるので、歯の健康の為にも食事のとくに最後には飲み物で口を清潔にする事が肝心です。

その一方、

  • お茶
  • コーヒー
  • 紅茶
  • フルーツジュース
  • 赤ワイン

これらは白い歯には大敵なステイン(シミ)を付けてしまう恐れがありますので、出来ればミネラルウォーターで食事の後は歯をキレイにする様に心がけましょう。

水で口の中を潤すと唾液の量も増え、細菌の増殖も防ぎ、口臭予防の効果も期待できます。

臭いはキツイけど殺菌効果のある「玉ねぎ」

口の中のバクテリアが増えるのを防いでくれるというと、実は玉ねぎ、特に生玉ねぎも活躍してくれるようです。

玉ねぎには、酸を作り出し歯にダメージを与える事で“口内トラブルの元”として知られているミュータンス菌に対しても殺菌効果があると科学実験で証明されている程なのです。

でも、生玉ねぎを食べた後は口臭が気になるので、サラダやサンドイッチで食べる時にはパセリなどの香味野菜やシュガーフリーミントガムなどで臭いを抑え、周りの人への配慮も忘れずに。

歯の汚れは歯磨きだけでなく食べ物でも対処しましょう

shutterstock_150462359 - コピー文頭にも書きましたが、最低でも朝と夜の1日2回の歯磨きと毎食後のデンタルフロスは白い歯を保つだけではなく口の中の健康を保つ上では一番重要なお手入れです。

その上で、上記に紹介した食材を毎日の食事に取り入れ、なるべく歯に食べカス、細菌そして黄ばみを寄せ付けない様にする事で歯医者さんへ行きホワイトニングしてもらう回数も格段に減らす事が可能なのです。

但し、歯の黒ずみや口内の異常を感じたらすぐに専門医に相談し、体同様、歯の健康管理にも注意して笑顔美人になりましょう!

この記事をシェアする

関連記事