• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

初心者必見!定番メイクを今年の流行りメイクに変化させる方法

Date:2015.07.18

shutterstock_106174154 - コピー

雑誌を見ると「今年流行りのメイク」を紹介する特集をよく見かけます。女性なら新しいメイクにも興味を持ちますが何だかテクニックがないと難しそうと諦めている人はいませんか?

実は今年の流行りメイク、定番メイクをしっかりと抑えておけばちょっとしたアレンジと使うアイテムを変えるだけで今年流行りのメイクに変化させることができます。

定番メイクとはどんなメイク?

よく雑誌なでにも書かれている「定番メイク」、いったいどういうものが定番メイクになるのでしょうか。

定番メイクは王道メイクとも言われていて、雑誌やメイクアップアーティストによって定義が違うようですが、一般的には目元をブラウン系、口元をピンク系でメイクすることを定番メイクとしているようです。

今年流行りのメイクのポイントは

今年流行りと言われているメイクにはいくつかのポイントがあります。このポイントを定番メイクに取り入れるだけで印象が変わり、今年流行りのメイクに仕上がります。今年流行りのメイクで抑えておきたいポイントはどういうところでしょうか。

ジューシーっぽさを出す質感重視

今まではジューシーっぽさを出すメイクと言ったらポップな色や果実のような色を使うメイクが主流でした。しかし今年は色以外に「質感」でジューシーっぽさを出すメイクが流行っています。

色でジューシーっぽさを出す場合、カラフルな色なので年齢的に制限がありアラサー以上の人は難しかったのですが、質感はグロス使って作り上げるものなので年齢関係なく取り入れることができます。

メイク初心者には色を使った流行りメイクよりもグロスなどを使って質感をジューシーっぽくする方が簡単なのでオススメです。

派手リップは昨年で卒業

昨年までは流行りのリップといえば赤リップなどの派手色リップが主流でしたが今年は派手リップよりも唇の色を綺麗に見せてくれる淡いピンク系が流行っています。

明るめのピンクを紹介している雑誌なども付け方にポイントが合って指などでつけることで濃く・派手にならないように仕上げるのが今年流としています。

そしてもう1つが潤い感です。昨年は派手色リップが主流だったのであまりグロスが注目されなかったのですが、今年はジューシーさや濡れ感を出すためにグロスを取り入れるメイクが流行っています。

新しくリップを買おうと思っている人は派手リップではなく、淡い色を選ぶようにしましょう。

盛りまつ毛、まんまるチークはもう古い

以前から流行りメイクの主流として雑誌などで紹介されていたのが「盛りまつ毛」と「まんまるチーク」です。

まつ毛を長く、そしてボリュームあるように見せるためにマスカラをたっぷりと塗って盛ったり、つけまつ毛でボリュームを出したりするのが当たり前でしたが今年はこの盛りまつ毛は雑誌などでもほとんど取り上げられなくなりました。

ナチュラル、質感メークが主流に主流になりつつあるので、まつ毛も必要以上に盛るのはもう時代遅れになっているようです。

そしてもう1つがまんまるチーク、これは若い世代がよくやっていて、それをマネするアラサー、アラフォー女性もいました。

今年はチークもほんのりした色が流行りになっていて、まんまるチークはもう古いと言われています。古いメイクと言われないように盛りまつ毛、まんまるチークには十分気を付けましょう。

この組み合わせで定番メイクが今年メイクに

今年流行りのメイクにするには目元メイクと口元メイクの組み合わせも大事です。せっかく目元は今年風なのに口元が違うと印象が変わってしまったり、反対に古いメイクになってしまうこともあります。

自己流で組み合わせるのもいいのですが、雑誌などで紹介している組み合わせを取り入れることで簡単に今年メイクに仕上げることができます。

ヌーディー&濡れ感ですっぴん風メイク

shutterstock_148490414 - コピー今年流行りのメイクの1つがすっぴん風メイクです。すっぴん風メイクは毎年流行りメイクに入っているので必ず押さえておきたいメイク法の1つです。

今年のすっぴん風メイクの特徴は「濡れ感」です。目元のアイシャドウはベージュに近いブラウン系を選び、濡れ感を出すためにリキッドアイシャドウや少しパールの入ったものを使うようにします。

アイシャドウがヌーディーで濡れ感のあるものなので、アイラインも目立たないようなライトブラウンなどを使うのがポイントです。

口元も濡れ感を出すためにグロスを使います。リップの上にグロスを付けるのもいいのですが、ピンク色の色味のあるグロスを使うと1本で仕上げることが出来ます。色があまりないように感じますが、ピンクが入っているので唇の色を活かすこともできます。

「やっぱりリップは使いたい」という場合は、赤みのあるピンク系リップを指でポンポンと薄くつけてあげた後にグロスをつけると濡れ感のあるすっぴん風メイクに仕上げることが出来ます。

モーヴ系をひと足しして大人可愛く

shutterstock_153846044 - コピー流行りメイクにしたいけれど大人メイクに仕上げたいという場合はモーヴ系の色をプラスしてあげると全く印象が変わります。モーヴ系というのはパープル系の入った色のことを言います。

目元にモーヴ系を使う場合はアイホールの半分くらいにモーヴ系ブラウンのアイシャドウを塗り、目の際にブラウンを使うとそれだけで大人っぽい仕上がりになります。モーヴ系ブラウンのアイシャドウ単色を1つ足すだけなので、とても簡単です。

口元にモーブ系ピンクリップを足す場合は目元は定番メイクでOKです。モーヴ系ピンクリップは落ち着いた色に仕上がるので大人女性にはぴったりの色になっています。

モーヴ系は派手に仕上がらないので目元・口元揃えて使っても今年メイクに仕上がるのでオススメです。

ピンク&ブラウンとグロスでカジュアルに

shutterstock_229965739 - コピー1番覚えておきたい今年の流行りメイクがこれです。最近のアイシャドウパレットにはブラウンと一緒に淡いピンクが必ずといって程入っています。

このピンクとブラウンを上手に使うことで今年流行りのカジュアルメイクを作ることが出来ます。

定番メイクの場合、このパレットに入っているピンクはアイホール全体に塗って締め色としてブラウンを使うのですが、アイホール全体には一緒に入っている明るめの色を全体に塗り、ピンクとブラウンをアイラインのように使います。

ピンクは目頭1/3程度に「くの字」に入れます。よくホワイトをこのようにして入れる人がいますが、ホワイトだとギャルメイクになってしまうので注意しましょう。

そして残りの2/3にブラウンを入れます。クッキリと入れてしまうと目尻だけ浮いてしまうので、チップにつけた後にティッシュオフして薄く入れるのがポイントです。

口元はグロスのみで仕上げます。目元にピンクを使っているので口元は色を抑えたピンクにするとバランスが取れます。唇の色に馴染むピンクオレンジ系がオススメです。

ブラウンラインを活かして職場でも流行りメイク

shutterstock_96686545 - コピー仕事の時のメイクはプライベートのように華やかにすることはできません。でもやっぱりどこかに流行りを取り入れたい、そういう時はいつもの定番メイクのアイラインを変えるだけでキリッとした印象に変化します。

定番メイクの場合、アイラインが目立つのが嫌とアイラインを引かない人と、反対に目元が寂しいので黒のアイラインを引くという人がいます。

今年の流行りメイクは強調を抑えるのがポイントなので、普段使っているアイラインをブラウンに変えるだけでも印象が全く変わり、こなれた感が出て今年メイクに仕上がります。

口元は定番メイクで使うピンク系リップを薄くつけてあげると目元は引き締め、口元は少し甘めに仕上がるので職場でもあまり違和感はなく使えます。

メイクは難しくない!アレンジで自由自在に

「今年流行りのメイク」というとどうしても難しい、技術が必要と思ってしまいます。でも定番のメイク法を覚えておけばちょっとしたアレンジをするだけで流行りメイクを作り上げることはできます。

「私はメイクが下手だから流行りメイクは諦めた」「雑誌のような今年メイクは難しい」と思っている人はまずは1つプラスするところから始めてみてはどうでしょう。それだけで今年メイクを作り上げることは簡単にできます。

この記事をシェアする

関連記事

コメント