• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ヘアケアにオイルの使用が人気、じゃあどのオイルが艶髪になる?

Date:2014.07.26

滑らかで櫛どおりが良く、艶があるのにサラサラのヘアー、とにかく憧れますよね!そのような髪を維持またはなるためには、まず髪の毛自体の乾燥を防ぐことが大切です。そこで植物性のオイルの出番です!髪にとって素晴らしい効果を発揮してくれます。

それではどんなオイルが良いのでしょうか?アメリカの情報サイト”NATURAL HAIR Rules”より美しい髪の毛を維持するために非常に効果的な3つのオイルが選出されていましたのでさっそくここでお伝えいたしましょう。

ヘアケア製品よりもキッチンにある製品を使い始めた女性たち

高級なシャンプーやコンディショナーを使っているのになぜか毛先は乾燥しパッサパサ。どうしてヘアケア製品の宣伝に出てくるモデルさんのような美しい髪質になれないの?そんな疑問を持ちつつもそのモデルさんの手に持っているヘアケア製品を買い続ける日々…。

そんなジレンマに陥っている消費者が多いせいか、本来髪へ使用するプロダクトではないもの、特にキッチンで使うものは安全だというイメージがあり、ヘアケアとして使うのが人気を集めています。

そのひとつがオイルを使った方法です。実はこの方法は日本ばかりではなくアメリカでも人気の方法だったのですね。それではどんなオイルを使用したらナチュラルな艶髪をつくってくれるのでしょうか?

今回、アメリカで人気のヘアケア用に使える3つのお勧めのオイルがありましたので見ていきましょう。

すでに傷んでいる髪にはビタミン剤的なアボカドオイル

日本ではアボカドオイルって聞き慣れない商品ですよね。アメリカではオイルの種類がとにかく多く、初めて見るオイルが店頭によく並んでいます。アボカドオイルもそのひとつです。

ヘルシーな食事を心がけているアメリカ人女性にはこのアボカドオイルは欠かせない存在だといいます。口に入れてもヘルシーなのですから髪の毛に良いという評判が広がるのは頷けますね。

とにかくこのオイルの優秀さは栄養の宝庫のアボカドを使用しているということ―。例えばビタミンA、B、D、Eのような健康な髪には欠かせないビタミン群、他にタンパク質、アミノ酸、鉄、銅、マグネシウム、葉酸などが含まれています。これらは髪へのダメージを防ぐために大いに発揮してくれます。

写真にあるようにアメリカではアボカドオイルは食料品店のオイルコーナーに普通に売られています。日本でもネットなどで購入できるようです。

頭皮の健康までも促進させるオリーブオイル

オリーブオイルは髪の毛への浸透力がとてもよく、エモリエント効果もあり、素晴らしいコンディショナーの役割を果たします。

オリーブオイルの中でも特にエキストラバージンオイルには不飽和脂肪酸およびビタミンEが多く含まれており、高レベルの抗酸化の作用をするため頭皮の健康を促進します。またフケも防いでくれますが、敏感肌やアレルギーが気になる方も安心して使用できます。    

※エモリエント効果とは皮膚からの水分蒸発を抑え、潤いを保ってくれるので皮膚が柔らかくなる効果のことをいいます。

オリーブオイルはキッチン棚とバスルームの棚にも1つ、そんなヘルシー女性が増えています。

ココナッツオイルは髪に必要なタンパク質を保持

ココナッツオイルはビタミンEと中鎖脂肪酸とラウリン酸が含まれています。中鎖脂肪酸は分子が細かいため髪や地肌につけるとスッと浸透していき、またラウリン酸は母乳にも含まれている優れものです。細菌を抑え免疫力を高める働きをするので抜け毛などを防止してくれます。

通常、健康な髪は高タンパク質で構成されており、シャンプーをするたびにこのタンパク質が破壊されています。ココナッツオイルはこのタンパク質を保護してくれる働きがあると証明されています。

写真はココナッツオイルが店頭で立ち並んでいるものです。いろいろなメーカーから出ているのでその人気がうかがい知れます。日本でもネットなどで手に入ります。

いかがでしたか?この3つのナチュラルなオイルはキッチンからバスルームに置き換えて利用してみると知らぬ間に髪質が変化していくかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事