• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたの食事が健康を担う!健康食品の効率的な取り入れ方

shutterstock_173495267

女性の美しさと健康は切っても切れない関係があり、健康であることが美容にもつながるのです。

そうした健康を維持するためなら『健康食品』は良い選択肢で、上手く活用すればもっと元気に、そして美しくなれますね。

ただし、健康と書いていても食品である以上、場合によっては悪影響も生じます。

これはどんな食べ物でも同じですが、「健康食品を食べたら逆に不健康になった…」となれば本末転倒なので、正しい健康食品の運用法について意識しましょう。

どんなものがある?代表的な健康食品について

健康食品と一口に言っても、その種類はさまざまです。とくに有名なものとしては、下記が挙げられるでしょう。

  • 青汁
  • スムージー
  • サプリメント
  • 栄養機能食品
  • 栄養ドリンク

健康食品はその形態も効果も多種多様であり、目的によって最適なものを選ぶ必要があります。

女性の場合は主に『美容効果』や『便通改善』などを重視するため、『食物繊維が豊富な青汁』や『コラーゲンを含んだサプリメント』が比較的人気ですね。

こうした栄養を含む健康食品は、一見するとどんな人にも効果的に見えますよね?しかし、健康食品に分類される製品は数え切れないほど存在し、中には粗悪品もあります。

そうした粗悪品や自分に相性の悪い製品を掴まないためにも、『健康食品の選び方と使い方』を学びましょう。

原材料に注目!健康食品の基礎項目について

多くの健康食品は複数の原材料によって構成されており、まずは使用された原材料をチェックすべきです。

健康食品の原材料は天然素材が多そうに見えますが、日持ちやさらなる栄養効率を目指した結果、人工素材を使用した製品も多いです。安全かつ効果的な健康食品を選ぶなら、素材のチェックから始まるでしょう。

「でも素人に素材選びなんて難しそう…」と悩むかもしれませんが、とりあえず下記の2点を見ておけば大丈夫です。

  • 自分が望む効果を出す素材を使っているか
  • 天然素材を多く使っているか

こうした点はネット検索で得られる知識でも十分対応可能で、「こうなりたい!」という目標があるなら、先に必要な知識を得ておきましょう。

上記を踏まえるとどのような利点があるか、少し掘り下げて説明します。

不要な素材も多い?健康食品に含まれる内容物

最近は『本来の目的以外にもさまざまな効果をもたらすために、複数の素材をミックスした健康食品』も大変多いですね。

ですが、こうした健康食品には注意が必要でしょう。

単一の素材で作られた健康食品に比べ、複数の素材で作られた健康食品は、「本来の効果よりも必要としない影響ばかりが目立つ…」なんて製品も珍しくありません。そうなると費用がかかるばかりで、自分の望む結果が出ないでしょう。

こうした健康食品を購入するのなら、『自分が欲しい効果が期待できる素材がどれだけ多いか?』を良く考えて選びましょう。

たとえば肌に潤いが欲しいならコラーゲンが多かったり、骨を丈夫にしたいならカルシウムが多かったりすれば、その健康食品は効果が期待しやすいですね。

しかし、そうした『本来の目標につながらない栄養が多すぎる製品』ならば、敢えて購入しないのも手でしょう。

天然素材はやっぱり偉大?本物の健康食品を選ぶコツ

近年は科学技術が発達し、食品製造にも活かされています。なので『人工的に生成した素材を含む健康食品』も非常に多いですが、可能であれば『天然素材をふんだんに使った製品』を選びましょう。

天然素材とは野菜や果実など、『自然由来の素材』を指します。こうした素材から作られた健康食品は安全性が高く、アレルギーなどに気をつければ、普通の食品と同感覚で利用できるでしょう。

天然素材を使った健康食品は加工が難しく値段も高めですが、それに見合った効果と安全性が期待できます。

とくに天然素材のみで構成された製品は、料理に加えても問題ないほど安全で汎用性も高いです。健康食品として加工されている分、摂取しやすいものが多く、理想的な製品でしょう。

ただし、人工素材を用いているから危険とは限らず、体質によって影響は異なります。これまで自分が摂取してきたものをよく考え、コストも検討しつつ素材をチェックしましょう。

ちゃんと食べてる?健康食品と通常の食事はどっちも大事

健康食品の特徴として、『人間に必要な栄養素を数多く補える』という点は魅力的ですね。

しかし、そうなると「健康食品だけ食べていれば健康的に、そして綺麗になれそう!」と勘違いする人が出てきます。

テレビや雑誌などで『特定の食品のみを摂取して痩せるダイエット法』が報道されるたび、それを鵜呑みにしたまま実践する人がいます。しかしその結果はどれも芳しくなく、すぐに廃れているでしょう。

健康食品を摂取する上で忘れたくないのが、『健康食品は適度な食事と組み合わせることで効果を発揮する』という点ですね。

これは健康食品を扱う企業のホームページや、製品のマニュアルにも記載されている…のですが、意外と読まずに利用する人が多く、あとになって文句を言う人もいます。

健康食品が気になるならまずはマニュアルを読み、その上で日々の生活に役立てましょう。

足りないものは見てる?健康食品の穴をチェック!

健康食品によっては『これ一つで一日に必要な○○を補充できる!』と宣伝されていますが、どんな健康食品でも『人間に必要な全ての栄養を補える!』とは書かれていませんね。

つまるところ、『健康食品にもカバーできない範囲がある』のです。

健康食品だけを食べて生活すれば、特定の栄養に関しては完璧に補充できるでしょう。ただ、人間は予想以上に多くの栄養分が必要であり、それらを健康食品だけで補うのは不可能です。健康食品だけを食べていれば、いつかは体調不良に悩まされるでしょう。

特定のものしか食べないダイエットが無意味であるように、健康食品のみの食生活もまた危険なのです。

とくに女性はダイエット法に敏感で、新しい方法や健康食品が登場すると、つい楽をしようと導入するかもしれません。しかし、健康的に痩せないと病気になったり、すぐにリバウンドしたりするでしょう。

健康食品の特性をもっと理解すればその穴も分かるし、『健康食品の正しい摂取方法』もなんとなく見えてきますね。

あくまで補助?健康食品で日々の食生活を支えてみよう

健康食品をメインに生活すると、先ほども書いたように問題が生じます。しかし、その逆…『健康食品を日々の食生活の補助にする』と考えれば、とても効率が良くなりますね。

健康食品は『特定の栄養に特化した製品』が多く、「毎日の食事だと、どうしても不足するかも…」という栄養の穴埋めに服用すれば、満遍なく必要な栄養素が補えるでしょう。野菜不足なら青汁を飲むなど、普段の食生活に健康食品を活かすヒントがあります。

とくに錠剤タイプのサプリメントは単体でこそ物足りませんが、足りない栄養をピンポイントで補うように利用すれば、お手軽価格で健康になれますね。

そうなると「食事だけでバランスが取れるなら不要だよね?」と考えるでしょうし、実践できるならそれでも構いません。ただ、現代の食生活は『高カロリーかつ塩分や脂質が過剰』と指摘されており、軽い気持ちでは実践できないでしょう。

健康食品とは、『毎日の食生活を楽にしつつバランスを整える』のが本分です。忙しいけど綺麗に、そして健康になりたい人こそ上手く使ってみましょう。

体質次第?健康食品と安全に向き合うために

健康食品で綺麗になった女性も多い一方で、『健康食品が原因でのトラブル』に見舞われた人もいます。

健康食品の多くは、入念なチェックの末に『多くの人にとって有益な製品』として販売が開始されます。しかし、その多くに含まれない体質を持つ人がいるのも事実で、予想外のトラブルも0ではありません。

こう書くとなかなか怖い話ですが、健康食品でトラブルを起こす人は『先天的かつやや特殊な体質』である場合が多く、これまで食品などで問題が起きていなければ、大抵は安全です。

どんな健康食品も摂取するまでは分からないものの、多くの人に問題が発生するような製品であれば、大々的に取り上げられてすぐに販売停止となるでしょう。よって、服用する前から過剰に心配するのも考えものです。

そうした事実を踏まえ、健康食品と安全に向き合う術を学びましょう。

どんな問題が?健康食品の代表的なトラブルについて

健康食品は効果に差があると書かれているように、体質によっては健康を損なうこともあります。

以下、『健康食品が原因で発生した症状』の一例です。

  • 湿疹の発生
  • 内臓障害
  • 血圧や心拍数の増減
  • 下痢および軟便

下痢などで済めばまだ良いものの、内臓に障害が起こると治療も困難で、安易な服用の危険性が分かりますね。

とくに食物アレルギーがある人は、「自分が摂取できない成分が入っているとは知らずに使ってしまった」なんて例もあるため、内容物については慎重にチェックしてください。

こうしたリスクは少数の人にのみ生じているものの、「不安だけど、やっぱり試してみたい…」という人は、やはり相談が欠かせません。

健康食品を利用する前はかかりつけ医に相談を!

健康食品を摂取する前、メーカーも推奨しているのが『かかりつけ医への相談』ですね。

普段から体調不良にて通っている病院だと、あなたの体質についても把握している場合が多いです。よって、健康食品の相性などについても正しく判断してくれるため、OKが出れば安心して継続できるでしょう。

普段から健康で病院が不要という人も、年に数回は健康診断を受けておき、見立てのよい先生がいればそこをかかりつけ医にしましょう。

医師の多くは健康食品に対して慎重姿勢を見せており、なかなかOKを出してくれないものの、その分OKが出た製品の信頼性は高いです。

メーカーへの問い合わせでもある程度は答えてくれますが、あなたの体質については理解が及んでいないため、最終的には医師への相談を推奨されます。よって、健康食品で悩んだら病院に向かいましょう。

メーカーはチェックしてる?信頼できる企業を探そう

ここまでに説明したことに加え、『健康食品を製造販売しているメーカーのチェック』も済ませておくと、より一層安全で高品質な製品を見つけやすいです。

メーカーのチェック基準については、下記を参考にしてください。

  • 自分が聞いたことのある企業か?
  • 周囲の評判は良いか?
  • 日本国内の企業か?

まとめると『自分が聞いたことがあるほど有名で、問題が少なく評判も良い国内企業』ならば、かなりの好感触でしょう。

最近は個人輸入もしやすくなったため、海外の健康食品も購入しやすいです。

ただ、海外の安全基準と日本の安全基準は異なり、尚且つ『日本は世界でも有数の厳しい基準』があるため、国内企業よりも安全な海外企業は少ないでしょう。

それに海外企業だとサポートも受けにくく、毎日使う健康食品の購入先としてはおすすめできません。まずは国内企業の中から選び、健康食品で綺麗になりましょう。

新着記事

1 / 141234...