• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

忙しい人にこそ使ってほしい…毎日の疲れをこまめにとる、健康グッズで癒されよう!

shutterstock_362066123
よく目にする健康グッズですが、どうやって使うのかしら?効果はあるの?と興味はあるけど色々ありすぎて何を使っていいのか迷っているなんてことありませんか?

そもそも、健康グッズとはなんでしょうか?

健康を増進させたり、たるんだ体や顔を理想に近づけることができる器具のことです。
近年、健康ブームが続き、テレビや雑誌で美や健康をテーマにした特集が多く取り上げられて、数多くの健康グッズが市場に出回るようになってきました。

ここでは、多くの女性が悩む問題を解消できる健康グッズと上手な使い方を紹介します。自分に合った健康グッズを見つけて身も心もリフレッシュして健康になりましょう。

まずは入浴剤で全身をほぐしましょう。そのうえお肌もツルツルに!

運動にも全身のウオーミングアップが必要なように、疲れをとるときも軽く全身をほぐすことが大切です。そんな時に使いたいのが入浴剤です。

入浴剤は温熱効果や清浄効果を高める無機塩類、疲労回復効果のある炭酸ガス系、皮膚をすこやかに保つ酵素系、温熱効果を高める生薬系、肌をしっとりすべすべにするスキンケア系。

夏におすすめ、メントールなどの清涼成分で涼しく入浴できる清涼系に分けられます。
そんな中で、体の疲れを取りたいときに使いたいのが炭酸系の入浴剤です。炭酸系の入浴剤はからだの芯から暖めてくれる効果があります。

炭酸ガスはお湯に溶けると水圧によって末梢の血管に入り込んできます。それによって血流がよくなり疲労回復におおいに役に立つのです。

女性なら誰もが憧れるしっとりすべすべなお肌。保湿成分の入った入浴剤は皮膚の角質を柔らかくしてすべすべなお肌にする働きがあるので入浴後も潤いが続きこれから乾燥する季節にはぜひ使いたい入浴剤です。

要注意!健康グッズには効き目のない物もある!

どんなものでも長所と短所はありますが、特に使い方を間違えると逆効果になったり、思わぬ事故になったりするので注意が必要です。

昔から電器屋さんで見かけるマッサージチェアーやフットマッサージ機の間違った使用で内出血や骨折、窒息死まで色々な事故が起こっています。

マッサージ機を使用してはいけない疾病もありますが、表示や説明が無い場合もあるので購入時に販売店に聞いたり、購入後も取扱い説明書をよく読むことも大切です。
持病のある方は、医師に相談することをお勧めします。

今や常識!?足ツボは全身に効果あり。

足ツボマッサージといえば皆さん知らないご存じではないでしょうか?足の裏には約60種類の様々なツボがあり、ツボそれぞれに意味がありツボを刺激することによって体調がよくなると言われています。

足ツボマッサージには、イギリス式、ドイツ式、台湾・中国式、日本式など世界でも有名ですが、そんな時に活躍するのが足ツボ健康グッズです。

足の形をした板にツボにあわせて突起物がついていてその上に立ってツボを刺激していくもの、突起物がスリッパにたくさんついている健康サンダル、木の細長い棒のツボ押し器などがあります。どれもお手頃価格で簡単に使えるものばかりです。

症状に合わせてツボ押しがしたいときには、やはりツボ押し器が良いでしょう。ツボを押す時はすべりを良くする保湿クリームを必ず使ってください。

何もつけずにツボ押しすると、摩擦により色素沈着することがあるので注意が必要です。保湿もできて乾燥しがちな、かかともツルツルになって一石二鳥。好みの香りのクリームを使えば心も体も癒されて一層疲れがとれますね。

何とも不思議…腰痛だけじゃない!スタイルも良くなるおしりほぐし!

おしりをほぐせば、頑固な腰痛もとれるって知っていましたか?陸上選手など足や腰に負担がかかるとトレーナーにマッサージしてもらうことも多いのですが、意外にもまず、おしりからほぐされるのです。

おしりは私たちが感じているよりずっと疲れが溜まっています。激しい運動だけでなく、座っているだけでも血流が悪くなり体の冷えを引き起こし、知らず知らずのうちに、凝り固まっていきます。

放っておくと、腰痛になったり、疲労を感じるようになるのです。

そしてなんとも怖い話ですが、おしりに老廃物が溜まることにより、おしりは垂れ下がり、脂肪がつきやすくなり、セルライトが増えて下半身がどんどん太ってくるのです。

これはもう、ほぐすしかないでしょう。でも、マッサージしてくれる人もいない…
そんなとき使いたいのがテニスボールです。

でもテニスボールはないという方にお勧めなのが、テニスボールをくっつけた形をした健康グッズです。柔らかさもテニスボールに近い物を選ぶのが良いでしょう。

横向きに寝て片方ずつおしりの上をコロコロするだけ。とても簡単で、首や背中の凝りもほぐせるのでとても便利です。

肩凝りはもはや国民病!?楽に上手く解消しましょう。

日本人の約80%は肩凝りに悩まされていると言われています。この数を見れば国民病と言われていることに納得です。

もちろん、適度な運動と規則正しい生活や栄養バランスなど気を付けることはありますが、隙間時間や寝る前のひと時に少しでも解消できれば嬉しいですね。

国民病と言われるだけあって肩凝りを解消する健康グッズは様々です。

肩凝り解消グッズの代表選手は孫の手ではないでしょうか?クエスチョンマークのような形になっているものが多く出回っていますね。肩甲骨が凝っているいるひとも多いかと思いますが、これはツボにぴったりはまります。

力加減も自分で調節できるので使い方も簡単。オフィスに置いておいて辛い時にグリグリとツボ押しするのはいかがでしょうか。

肩にかけて軽く両手でひっぱるタイプもあり、ゲルマニュームが含まれているものもあります。首の凝りにはこちらの方がいいかもしれません。

その日の凝り具合で使い分けても良いかもしれませんね。

バスタブの淵にかけて突起物をツボにあてながら入浴するグッズもあります。お風呂で血行が良くなっているうえに、ツボ押しできる便利ものです。

クッションの形や肩にかけるタイプのマッサージ機。

従来の椅子型マッサージ器とちがい場所も取らず手軽にマッサージできることが大きなメリット。

こちらも使い方には充分に注意してください。

レンジでチンして湯たんぽのように肩を温めるものや、蒸気の力で温めるものも多く出ています。ジワジワと肩や背中を温めくれるのでとても気持ちよくリラックスできます。

眠気を誘うので寝る前に使うのがお勧め。肩を温めながら足のマッサージもできるので時間の節約にもなりますね。

ふくらはぎは第二の心臓!よくもみほぐして健康なからだを維持しよう!

人間の体は酸素が必要不可欠ですよね。心臓は酸素を含んだ血液を全身に送るポンプの役割をするところで、ふくらはぎは二酸化炭素をふくんだ血流を心臓にもどすポンプの働きをするところです。

このためにふくらはぎは第二の心臓とよばれているのです。

ふくらはぎに疲れを溜めたままにしておくと冷えやむくみの原因にもなるのでスッキリとらなくてはなりません。

美顔ローラーを使って血液の流れを良くしましょう。むくみもとれて足も細くなり嬉しい事ばかりです。テレビを見ながらコロコロ、お風呂上りにコロコロしてはいかがでしょうか。

靴下やパフォーマンスゲイターを上手く使おう!

戦時中に兵隊さんたちはゲートルを足のスネに巻いていました。行動しやすいようにズボンの裾を押さえる役目もありましたが足のうっ血を防ぎ、血流を良くする目的もあったのです。

そんな昔からの知恵が今でも使われているものがあります。ひとつは着圧ソックスです。適度な圧力で血液の流れを促進してむくみを解消します。

もともとはリンパ浮腫の予防のために医療現場で使われていたのですが、むくみに悩む女性が多く、その悩みを解消すべく一般にも販売されるようになってきました。

疲れた足は本来の働きが悪くなります。血液循環、老廃物除去、リンパ液の流れの促進など、ふくらはぎのポンプの機能を助けるのに役立つ着圧ソックスは履くだけでむくみが解消。

ただし、使い方には注意が必要です。

自分にあったサイズを選ばないと、ズレが生じるため本来の働きが期待できません。
履きっぱなしは足の筋肉の機能を衰えさすことになるので日中だけ履くなど時間を決めて使用したほうが良いでしょう。

長時間の使用は肌トラブルを起こすこともあるので気をつけましょう。

もうひとつは、パフォーマンスゲイターです。

マラソン選手や水泳選手などがつけているのが目立ちますが、足の疲労回復、むくみ改善に血行促進に効果があります。

仕事中は着圧ソックス、スポーツ中や家でくつろいでいる時はパフォーマンスゲイターと使い分けしてもいいでしょう。

正しく使わないと逆効果?美顔ローラーはやりすぎ注意!

テレビドラマの中でも女優さんたちが顔をコロコロしている場面よくありませんか?
テレビを見ながらも、寝る前のひと時でも、おしゃべりしながらでも色々な場面で手軽に使える美顔ローラーは女性にとても人気があります。

美顔ローラーは表情筋をマッサージすることで顔が引き締まりシワやたるみを軽減してくれるという嬉しいグッズです。ただし、ここでも使い方がポイント。

ホットタオルなどで血行を良くしておくと効果がアップします。

足ツボと同じく乾燥した状態では使用してはいけません。摩擦により色素沈着、シワ、たるみの原因にもなります。

鎖骨から首へ、口元から頬へ、目元から耳へどれも50~60回程度行います。過ぎたるは及ばざるがごとし。やりすぎはいけません。

リラックスした状態で行いましょう。毎日続けることが大切です。手軽に美しくなれるのがとても魅力的ですね。

自分にあったグッズで快適な生活を

数あるグッズの中から選ぶのは迷うことも多く大変ですが、記事を参考に自分にあった健康グッズで美しく健康的な日々を手にいれませんか?

お気に入りのグッズが見つかれば毎日元気に過ごせることでしょう。そして、お気に入りのグッズを大切な人にプレゼントするのも素敵です。みんなでHAPPYになりましょう。