• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

おばさんヘアスタイルはもう卒業!暑い夏こそ簡単美人な1つ結び

Date:2013.11.05

夏の暑い日には髪をすっきりとアップにしたいと思いますよね。首筋を風が通ることで自分も涼しく感じ、周りの人から見ても涼しげで素敵です。でも朝は忙しくてアレンジする時間が無かったり、手の込んだヘアスタイルは苦手という人もいると思います。

そんな人の強い味方が1つ結びなのです!オバサンくさくなってしまったり子供っぽくなってしまったりしがちな1つ結びを、美人ヘアに仕上げるポイントをお教えしましょう。

1.まとめた髪の毛先で印象が決まる

1つ結びでまとめた髪がストンと落ちてしまっていたり、ほうきのようにバサッと広がってしまったり、寝癖でピョンと別の方を向いていたり…。そんな状態では「時間が無くて、とりあえず髪をまとめてきました!」というお疲れ感が出てしまいます。

髪をくくる前に毛先だけでいいのでコテなどで巻いておくことがオススメ。まとめた髪の毛先は基本的にふんわりとしていた方がきちんと感を与えます。ただし、ストレートのロングヘアで長さがかなりある場合などはストンとストレートで落としておくのも素敵です。

2.髪を結ぶ高さで美人度が決まる

男性の中にはポニーテールをこよなく愛する人もいるようですが、高い位置で髪を結ぶと明るい印象と同時に子供っぽい印象を与えてしまいます。更にある程度の年齢を超えると「若作り」という印象を与えてしまうこともあるようです。

逆に低い位置で結んでしまうと一気に老け込み手抜き感のあるオバサンヘアに。髪を結ぶ位置は耳の高さをキープしましょう。

ワックスなどをたっぷりつけてピッチリとまとめるのではなく、手ぐしで少しゆるい感じを残しつつまとめる方が素敵です。まとめた後はゴムの部分をゆるまないように持ち、トップの髪をつまんで少しずつ引き出し、適度にボリュームを持たせます。

あらかじめトップの部分に逆毛を立ててボリュームを出す方法もありますが、忙しい朝にはこの方法で充分です。

3.ゴムを隠して大人っぽく

ヘアスタイルが完成した後は、結んだヘアゴムを隠すと更にきちんと感が出ます。ヘアゴムは多少見えてしまいますが飾りのついたゴムをつけたり、シュシュをつけたり、自分の髪を少量取ってゴムの部分に巻き付けて隠すのもオススメです。

簡単に髪を一つ結びにできるバナナクリップを使うのもいいかもしれません。飾りの付いたゴムやクリップ・シュシュなどをつける時には、安っぽく見えない大人っぽい雰囲気のデザインを選ぶようにしましょう。

飾り1つで一気に子供っぽい若作りヘアになってしまうこともあるので要注意です。

この記事をシェアする

関連記事