• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ヘアチョーク!形だけでなく色にもこだわったスタイルを楽しもう!

Date:2013.12.14

「ヘアチョーク」というものをご存知ですか?その名の通り、「ヘア(髪の毛)」に使う「チョーク」です。

今回は、その存在を知らなかった方、名前だけは知っていたという方に、「ヘアチョークとは何なのか」「どうやって使えばいいのか」など基本的な使い方とその魅力をお伝えしたいと思います。

ヘアチョークとは

まず「ヘアチョークって何?」というところから始めましょう。実は数年前からじわじわと注目を集めているヘアチョーク。アヴリル・ラヴィーンなどの人気アーティストが使い始めたのをきっかけに人気が出ました。

ヘアチョークというのは、簡単に言えば髪の毛に色を付けるためのクレヨンのようなものです。

髪の毛をビビッドな色に“染める”のは、技術的にも(ブリーチやダメージケアなど)難しく、そもそも職場などでは受け入れられない場合が多いですよね。

地毛をお人形やアニメのキャラクターのような髪の毛の色にすることはほとんど不可能ですが、ヘアチョークを使えばそのようなことに悩むことなく髪の毛を好きな色にすることができます。

日本人の暗い色の髪の上でも鮮やかに発色し、シャンプーすれば簡単に落とせるという手軽さと、本物のクレヨンを使うように一度にたくさんの色を使えることなどが人気の秘密です。通信販売や量販店で購入できます。

使い方

このヘアチョークの使い方としては、基本的には好きな色のヘアチョークを髪の毛に塗ればよいというように、わかりやすくシンプルなものです。

色を付けたい部分を軽く水で濡らしてねじり、ヘアチョークを直接髪の毛にこすり付けます。この時、できるだけ毛束を細かく分けること、チョークをゴシゴシと往復させて塗るのではなく、上から下へと滑らせるようにするのがポイントです。

髪の毛全体に色を付けようとすると大変ですが、使い方としては「毛先のみ」や「一部分だけ」にチョークで色をつける一般的ですので、思いついたまま、好きな部分を好きな色に塗ってみましょう。

また、色を付けた後にヘアアイロンでスタイリングをすると色が落ちにくくなり、長持ちします。

仕上がりや髪へのダメージを考えるとヘアチョークを使うのがいいですが、「そんなに頻繁に使わないから」「ちょっと試してみたいだけだから」という人の中には絵を描くのに使うクレヨンを使う人もいるようです。

おすすめするわけではありませんが、そこそこの仕上がりにはなるようですよ。

注意点

簡単に使えるヘアチョークですが、使う際にはいくつか気をつけたいポイントがあります。

まず、服などに色がついてしまうと落としにくいので、ヘアチョークを使うときには、髪の毛を染めるときと同じように、ケープやタオルで首の回りから肩にかけての部分を保護したり、汚れてもよい服を着たりするなどしてから塗りはじめましょう。

また、チョークを持っている手にも着色しますのでゴム手袋などがあると便利です。

髪への影響ですが、ヘアチョークで色を付けた髪はパサパサになりやすいので、色を落とすときはシャンプーでしっかり洗うことと、トリートメントをいつもよりも念入りに行うことを忘れないでください。

また、雨や汗に塗れると色が落ちてしまうだけでなく、顔や洋服、またチョークを塗った部分に触れた他の人の持ち物にも色がついてしまう可能性がありますので、十分に気をつけましょう。

終わりに

ヘアチョークの使い方について簡単にご説明しましたが、「使ってみたい!」という気持ちになりましたか?

「服に色がついてしまったらどうしよう…」「上手にできないと思うから使わない」などと思われる方もいるかもしれませんが、やはり思い切ってやってみないとその魅力はわかりません。

ライブやパーティ、テーマパークに行くときなど、思いっきり着飾ってはしゃぎたいときには、ぜひぜひ試してみてください。きっと注目の的になりますよ♪

この記事をシェアする

関連記事