• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

なりたいヘアスタイルをビシッとキメるヘアワックスやヘアクリームの選び方

Date:2013.06.28

キレイなサラサラのストレートヘアに憧れる女性も多いものですね。あんなキレイな髪の毛は生まれつきに違いない、と自分の髪質では無理、とあきらめている人もいるのではないでしょうか?

サラサラの美しい髪の毛が生まれつきの人もいるでしょうが、苦労してその美しいヘアスタイルを作っている人もいるのです。

その秘密はヘアクリームやヘワックスにあります。髪質にもよりますから、全ての人がそうなるとは限りませんが、使ってみると納得ですよ。

髪のツヤを出すのも、キレイなウェーブを出すのもヘアクリームなら可能です。さっそく自分のなりたいヘアスタイルをヘアクリームやヘアワックスで作りましょう。

パサつく髪にヘアクリーム

髪のパサつきが気になる、という女性は多いですね。特に乾燥する季節はお肌だけでなく、髪の毛も乾燥します。そんなときには、夜寝る前にヘアクリームをつけて寝ると、翌朝、髪はしっとりしますよ。

ヘアクリームは朝スタイリングをする際につけるだけのものではありません。髪を洗った後、ドライヤーで乾かす前にヘアクリームをつけて乾かすと髪の乾燥を予防することができますよ。

ヘアクリームのベタつきが気になる人は、毛先だけにつけてもOK。最近ではベタつかないヘアクリームも増えていますから、使い心地を口コミなどで調べてから購入すると失敗しないです。

使いやすさを求めるならムースタイプ

髪のスタイリング剤としてよく使われるのがムースタイプのスタイリング剤ですね。ムースにもナチュラルタイプ、ハードタイプなどさまざまなタイプがありますから、目的に合わせて選ぶようにしましょう。

カチッと決めるならハードタイプのムースですね。ただ、あまりにもカチッとして髪が固まった感じになるので、それがイヤな人はナチュラルタイプのものを使うか、ワックスに変えてみるのもいいでしょう。

一番簡単で、思い通りになるのがムースタイプのスタイリング剤かもしれませんね。

しっかりカタチをキープするワックス

固めのクリーム状のものがヘアワックスです。油分も含んでいるのでツヤだしにもなりますよ。髪がパサつきやすい人はワックスを使うとツヤが出て、パサつきが気にならなくなります。ワックスにもハードタイプとソフトタイプがあります。

ヘアスタイルをキープしたい、ウェーブをキレイに出したい、という場合はハードタイプのワックスを使うといいですよ。ワックスを使うときには手の平に取って、伸ばし、それから髪にまじませるようにしてつけます。

そのままだと固まっていて髪になじみにくく、塊が髪についてしまいますから注意しましょうね。

手軽なヘアスプレー

シューっと髪の毛にスプレーするだけでスタイルをキープすることができるのがヘアスプレーですね。一番時間のかからないスタイリング剤です。手も汚れませんね。ただ、匂いが気になることが多いので、オバサン臭くならないスプレーを選びましょう。

また、ヘアスプレーは不自然に髪を固めてしまうこともあるので、髪に近づけすぎずに、ある程度髪から離してスプレーするようにしましょう。

ナチュラルなヘアスタイルにするポイント

ウェーブやパーマをキレイに出し、髪が固まりすぎないようにするには、ワックスにしてもクリームにしても少しずつ取ってつけていくことがポイント。

最初から大量に手にとってつけると、一部分だけにワックスやクリームがついてしまい、固まってしまいます。ちょっとずつ手に取って少しずつ髪になじませていきましょう。

崩れないようにキープしたいときには

髪をセットしてそれを夜まで崩さないようにキープするには、ハードタイプのものを選びます。

スタイリング剤を手に取って髪にもみこむようになじませていきます。ドライヤーで乾かしながらスタイリングするとキレイに仕上がりますよ。最後に固めるタイプのスプレーをすれば完璧です。

髪に負担をかけずにとかすにはコレ

ロングヘアの人は特に毛先が絡まってしまったり、ブラシの通りがよくないことがありますよね。それを無理してとかすと切れ毛になったり髪の負担になります。そんなときはブラッシングスプレーを使いましょう。

ブラッシングスプレーは、ブラシの通りをよくして髪のからまりをなくしてくれるだけでなく、静電気も予防してくれます。髪の広がりもおさえられますよ。枝毛や切れ毛も防いでくれるというメリットがあります。髪に負担をかけずにとかすにはブラッシングスプレーがおすすめ。

スタイリング剤はしっかり落とす

シャンプーの際にスタイリング剤はしっかり落とすようにしましょう。スタイリング剤が残っていると、頭皮の毛穴がつまりフケやかゆみ、さらには抜け毛や薄毛の原因になります。

シャンプー前のブラッシングをして、お湯で素洗いをして、その後シャンプーでやさしくていねいに洗って、髪についたスタイリング剤をしっかりと落としましょう。

この記事をシェアする

関連記事