• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

【写真説明有】苛性ソーダを使わない香りのいい手作りハーブ石鹸

Date:2012.07.20

昔、学校で苛性ソーダを使用した石鹸の作り方を習ったことがありますが、この「苛性ソーダ」、結構危険な薬剤で、薬局で購入するにも、特別な手続きが必要だと聞いたことがあります。また、手につくと、皮膚が溶けちゃうそうです。石鹸作りに、そんな危険な薬剤を使うのは、嫌だという方でも、手作り石鹸のよさを知っていただける、手作りハーブ石鹸の作り方を、ご紹介します。

用意するもの

・ハーブ(今回は、ローズ・マリー)
・石鹸
・ボール2つ
・お湯50cc
・包丁、まな板または、おろし金

ハーブ抽出液を作る

ボールにハーブを入れ、お湯を注ぎます。50cc位でOKです。

このまま、10分位置きます。これで、ハーブ抽出液が完成です。

石鹸を細くする

石鹸を、細かくしていきます。包丁で、写真のように、薄く切ります。おろし金が用意出来る場合、おろし金で下ろす方が、簡単で、きれいにできます。

一個位削ると、このくらいになります。

石鹸を練っていく

先ほど作ったハーブ抽出液を、削った石鹸に、入れていきます。抽出液は、少しずつ入れます。全体に、行き渡り、上手くまとめられるようになるまでいれてください。

このように、こねてください。

すると、このようにまとまります。

型に入れる

お好きな型に、いれてください。お子様向けだと、写真のようなクッキー型でいいです。型が無い場合、軽く丸めるだけでいいです。

乾燥させる

少し固まったところで、型から外し、乾燥させます。湿気の少ないところで、3日から1週間乾かします。密閉容器に、シリカゲル(お菓子に入っている乾燥剤)と一緒にいれておくと、比較的早く乾燥できます。乾燥したら完成です。

ハーブ抽出液のかわりに牛乳を入れれば牛乳石鹸になりますし、はちみつを入れれば保湿効果が見込めます。また、エッセンシャルオイルで、お好きな香り付けもできます。今回使用した、ローズ・マリーは、リラックス効果が期待出来ます。そのほか、カモミールは精神鎮静効果や、保湿効果、マリーゴールドには、肌の浄化作用、ラベンダーには、肌の引き締め作用などがあります。ハーブは、ご家庭で、比較的簡単に栽培出来ますし、スーパーでも、安価に買い求められます。一度、お試しください。

この記事をシェアする

関連記事