• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ストレスもスッキリ!子供とハーブをベランダで育てて心のゆとりを

Date:2014.04.21

新学期を迎えたり、引っ越しで環境が変わったりなど子供たちにとってストレスになりがちですが、大きな影響を受けるママさんにとってもストレスです。

ママさんにストレスが溜まれば普段大したことのないことであってもイラっとして口調が強くなったりするものです。これは誰もが経験するものですが、セーブするかしないかで結果は大きく変わってきます。

もしセーブしなかったり対処を講じなければ、周りの人…例えば子供たちや夫、親、同僚など大切な存在であるはずの人たちとの間でひずみができてしまう事になります。実親であれば許してくれる事であっても、同僚はもちろん夫は家族であっても他人です。

雑に扱えば扱うほどひずみは大きくなり、悲しい思いをするのは自分なのです。そんな事分かっているけど、いらっとしてきつくあたってしまうものです。これはママさんだけに言える事ではないんです。

子供たちもママと一緒。

子供たちもママと一緒で、イライラするときは同じタイミングだったりするものです。しかしママとちょっと違うのは…子供たちの場合、なぜ自分がイライラしているか?またはイライラしていることさえ自分では気が付いていないものなのです。

ママさんは自分が今イライラしているというのは分かるものですし、自分に合ったストレス解消法を見つけておられる方も少なくありません。一方、子供のイライラはママさんにしか解決出来ないものなのです。

ママさんのちょっとした愛情表現で子供は安心してイライラをなくしていけるのです。これは教育者からしますと、一生懸命安心感を持たせようと努力していることを簡単にママさんはできるのはうらやましい限りです。

ママさんの手のぬくもりだけでも子供や癒されているものなのです。ですから子供にとってママは本当に大切な存在なのです。

相手を気遣うという、心のゆとりは一緒に育むもの。

と言っても、ママさんも人間であってサイボーグのようにいつも強いわけではありません。子供はママは強いものだと思い込んでいるものですから、ママも大切にされないといけない存在であることを知ってもらう必要があります。

相手を気遣えるようになるためにはココロのゆとりが必要だと気付いておられるママさんもおられるのではないでしょうか?ココロのゆとりは時間と一緒で取り分けて作っていくものです。

毎日の生活の中で自然に身についておられる方もみえますが、忙しさの中でゆとりをとるバランスを見極めるのはやはり意識や努力が大切なのではないでしょうか?簡単にできる事がいいですね…簡単で一緒にできる事!ありますよ!

ブラジルのママさんに倣って時間をとってみましょう。

それはベランダでハーブを育てる事!もちろん野菜やお花でも一緒に行えることですから構わなそうに感じますが、あえてハーブにこだわるのにも理由があるのです。

ハーブと言ってもいろいろな種類がありますがハーブは日本の野草ですから、それぞれに効能があります。一緒に育てたいハーブのおススメはローズマリーやカモミール。

ローズマリーは精神を落ち着かせる作用があり、すぐに枯れてしまうような弱いものではありませんので育てやすいのが理由の1つです。またカモミールはお花が咲くころになったら一緒に収穫し寝る前に生でハーブティーを楽しめます。

カモミールはポピュラーですからご存じな方も多いかと思います。カモミールには鎮静作用があり精神を沈め良い眠りに向かわせると言われています。ブラジルでは顆粒タイプのカモミールティーがあるため手軽に飲まれています。

ママさんたちは寝る前に子供たちと一緒にのんで就寝される方もおられます。ですから、寝る前にお子さんとゆっくりとした時間をとって心のゆとりを持つにも最適なハーブなのです。

この記事をシェアする

関連記事