• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏が来るのに汚いまま…部屋の意外な所にたまるほこり対策とは

Date:2014.08.30

3

あなたはお掃除が好きですか? 

突然の来客にあたふたした経験はありませんか?

家具の周りや、床、キッチンなどは目につくところなので定期的に掃除をしているという女性は多いかもしれません。でもほこりという名の敵はそういった見えるところだけに潜んでいるとは限りません。常に死角にも存在している、これがほこりの正体なのです。

ばっちり掃除したはずなのに彼氏や友人が来たときに意外なところを見られて冷や汗が…なんてことにならないためにも、ほこりがどんなところにたまっているのかを見ていきましょう。そしてそれに対する対策もきちんととっていきましょう。

盲点その1・トイレの手を洗う部分

ほこりが溜まりやすい意外な場所。それはトイレの手を洗う部分です。流すたびに水が流れる仕組みのものだったとしても、水が流れない部分にはすぐにほこりが溜まります。

厄介なことに、この部分の汚れには女性は気づかない傾向にあります。ですが、男性はトイレで用を足す際に、この陶器の部分が目に入りやすくなりますよね。

つまり私たちは気づかないうちに男性に気付かれてしまう可能性があるということです。そう考えてみると男性ならではの「ほこり気づき角度」って意外と多いのかもしれませんね。

女性はトイレの壁の前面の汚れやほこりには気づきやすいかもしれませんが、えてして後ろ側には無頓着なようです。一度、男性が普段しているスタイルでトイレに入ってみて、いつもは女性にとって死角になる部分に神経を注いで観察してみましょう。

このトイレの手を洗う部分にたまったほこりはさっと拭き取るだけで対処はできますのでさっそく雑巾を持って行ってみましょう。

盲点その2・飾りで立てかけてある写真立ての上

さて、これも「上からのぞかない部分」であるがゆえに女性には気づきにくい部分です。写真立てって、普通は写真を見るためのものですから、上から覗き込んだりはしません。よって額縁の上の部分にたまったほこりを目撃する機会も少ないでしょう。

ですが、男性の身長で考えてみてください。男性は女性の部屋に来た際にはなんだか落ち着かない様子であれこれ立ったまま見て回るでしょう。そんな時に一番目に入りやすいのがこの写真立てなんです。

そのときにもし写真立ての上にたまったほこりを見られたら…。「思い出を飾ったりするわりにその扱いはぞんざいなんだな…」と思われてしまう場合があります。

しかも、写真立ての上を拭いていないということは、飾ってあっても結局はその写真をよく見ていない、見る機会が少ないというふうに思われてしまいます。「思い出を雑に扱ってる」、そう思われるのはなんだかしゃくじゃないですか。そう思われないためにも普段から拭き掃除を心掛けましょう。

対策としては、水で濡らした新聞紙を使って写真立てを拭くことをおすすめします。濡れた新聞はよくほこりを吸い取ります。ただ、なでつけるようにして拭くと、ほこりを物の表面に塗り広める結果になりかねませんので、もし拭くならサッとひとふきにすることをおすすめします。

盲点その3・プリンターや用紙の上

プリンターやその用紙の上。普段仕事で使う機会があまり多くないという人はなおさら目を光らせたほうがいいでしょう。

プリンターは上の部分にほこりが溜まりやすくなっています。柔らかい布などでそっと拭き取りましょう。機械であるため、濡れた新聞紙はおすすめできません。

また、プリンターの外に置かれたコピー用紙にもほこりがたくさんたまる場合があります。この場合には簡単です。一番上にある用紙を取って捨ててしまえばいいのです。勿体ないと思う場合にはメモとして使ってもいいでしょう。

用紙の上にたまったほこりを彼氏に見られたら、無条件に「あまりお仕事してないのかな…」と思われることもあります。普段から利用する機会が少ないという人は、一度チェックしてみて下さいね。

盲点その4・ベッドの足元

さて、ベッドの足元も意外と気づかないうちにほこりが溜まっていたりします。しかもベッドって寝ている間に少しずつ最初に置いた位置からずれてしまっているものなんですよね。その間にもれなく足元には髪の毛やらほこりやらがくっついてくる…。

これは発見し次第取り除くしかありませんが、一番いいのは、ベッドの足にビニール袋を履かせておくという方法です。大きい袋ですとごわごわしますし、前を通りすぎるたびに邪魔に感じますが、小さい透明の袋(キッチン用の口が閉まるタイプなど)を使えば、大丈夫です。

それをそれぞれ四本の足に履かせます。ビニール袋は生活の中で汚れてしまいますがほこりが目立ってきたら取り外し、新しいビニール袋を履かせれば大丈夫です。

意外なところに溜まるほこり。完全に避けるのは難しいですが、対策次第でいくらでも最小限に留めることが可能です。ぜひどれか一つでも試してみて下さいね。

この記事をシェアする

関連記事