• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恐妻にこっぴどい目に合わされた世界的に有名人たち

Date:2013.04.17

リンカーン大統領の奥さんは実は鬼嫁だった!?物理学界の天才博士、スティーブン・ホーキンス博士の2番目の妻はDV女房だった!?などなど…。

「えっ、それ本当なの?」と思わず驚いてしまう世界的に有名な男性たちのつれあいのイケていない女たちの記事をアメリカの情報サイトで見つけました。

以前にあげまん、さげまんという言葉が日本で流行りましたが、さげまんの女性と一緒に生活をしていた男性たちはどんなだったのでしょうか?ここで考えてみたいと思います。

エイブラハム・リンカーン(第16代アメリカ大統領)の妻

この冬にアメリカで公開したスティーブン・スピルバーグ監督の「リンカーン」でまたまたリンカーンブームが沸き起こっています。

みなさんもご存知のアメリカの歴代の大統領の中で名大統領と言われたエイブラハム・リンカーンの伝記映画です。日本では2013年4月19日に公開します。

さて、世界的に知られるリンカーン大統領の奥さんが実は、鬼嫁だったということご存知でしたでしょうか?アメリカでは結構有名な話として残っています。

コネチカット大学でヒストリーを教えるマイケル・ヴァーリンガム教授によると、リンカーン大統領の奥さんであるメアリートッドさんは旦那を地獄のどん底に叩きつけるような嫁だったと言います。

たとえば、嫉妬深く、また浪費癖のあった彼女は自分の気に入らないことがあると、旦那であるリンカーンに八つ当たりや文句を毎日のように浴びせかける、そしてヒステリーが治まらないときは暴力に訴えでていたと言います。

話のひとつにこんなものがあります。リンカーンが暖炉に薪(まき)をくべる時に、薪の量がたりずに充分に火がつかなかったことに彼女は怒り、薪の棒で彼を思いっきり叩きました。

また他では、朝食用のお肉をリンカーンが買わなかったことに激怒し、彼の顔を思いっきり殴り、顔面出血をさせたことがあります。

彼女はリンカーンがまだ大統領ではなく弁護士の時代に出会い結婚をしました。「メアリートッドとの結婚は自分にとって地獄のような日々の始まりだ」と言わしめています。

ですが、かたや不幸な結婚がありましたが、リンカーンは何度も選挙で落選してもあきらめずに政治家の道を歩み、成功していきます。そしてついに第16代目のアメリカの大統領になります。

あとはみなさんご存知のとおり、その仕事ぶりは歴史に残るほどのすばらしいものとなりました。リンカーンはとにかく家庭に居ることを嫌い、仕事に没頭していきます。そして帰宅せずに事務所や友人宅で夜を明かすことが日常でした。

リンカーンが家庭を顧みず(いや家庭から離れたい為にと言った方が正解かもしれません。)仕事に打ち込めたのは彼女のお陰…?そう、メアリートッドさんは、さげまんどころかあげまんの奥さんだったという見方もできますね!?

クリスチャン・スレイター(映画俳優)の妻

2003年11月、ハリウッドムービースターのクリスチャン・スレイターの奥さん(現在は離婚している)のライアン・ハドンさんとラスベガスのホテルで大ゲンカになり、彼の顔めがけてグラスを投げつけ、スレイターの首を20針も縫う大けがをさせました。

そして現行犯逮捕でライアンさんは逮捕されてしまいます。クリスチャン・スレイター自身、おさわがせスターの1人、飲酒運転や痴漢行為などでタブロイド紙に多くお目見えするスターです。

ハリウッドの世界は一見きらびやかに見えますが、精神的なプレッシャーが多く、飲酒や薬などを常用するスターは多いと聞きます。有名人の妻になると相方の余計なことまで考えてしまうものです。

ライオネル・リッチー(歌手)の妻

世界的に有名な歌手、「セイユー、セイミー」のライオネル・リッチーはニコール・リッチーの養父としても有名ですね。彼の元妻、ブレンダ・ハーヴェイさんはライオネルが売れていない時代からお付き合いをし、幸せな結婚をしました。

しかし、彼がミリオンセラーの歌手となり、愛人を作ったことで彼女の心は懐疑心と嫉妬心で煮えくりかえります。ライオネルと愛人の密会場所のホテルを突き止め、2人に対して暴行を働き、警察に逮捕されてしまいます。1988年は夫婦にとって苦難の年でした。

スターになるとある意味で孤独になると聞きます。その空虚感を埋めるために浮気も多いとか…離婚が多いというのもうなずけますね。スターの妻はハラハラし通しです。

スティーブン・ホーキンス博士(物理学者)の妻

筋肉が委縮してしまう病気、筋委縮性側索硬化症という難病を抱えながらも宇宙の謎を解き明かす天才的車椅子の物理学者であるスティーブン・ホ―キンス博士。

彼を2番目の妻エレイン・ホ―キンスさんが虐待しているのではないか?というニュースが2000年のイギリスの新聞の紙面を飾りました。博士の娘がその模様を目撃したのがきっかけだったとか…。

たとえば、博士の手首を骨折させたり、髭剃りのときに剃刀の刃でわざと顔に傷を負わせるなどの暴行を加えていたとの証言です。とにかくその頃、博士は何度も入退院を繰りかえしていました。

しかし、ホ―キンス博士は自ら、事実無根と主張して奥さんをかばっています。真相はいまだわかっていないようです。

いかがでしたか?有名人男性の私生活のふたを開けてみると意外な女性遍歴やエキセントリックな奥さんや彼女を持っていたことに驚かれたと思います。

あなたはこれらを反面教師として、良い奥さん、彼女に徹して彼を支えてあげてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事