• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その症状は隠れ冷え性?冷え知らずのなめらかボディになろう

Date:2012.10.29

上半身は温かいのに手足や足先が冷たい、体表だけが熱く芯は冷えている・・・こういった自覚症状のない「隠れ冷え性」は、さまざまな弊害を引き起こします。

血行の悪化、免疫力の低下などもその一つ。女性特有の不調も冷えから引き起こされるものが非常に多いのは、ご存知のところですよね。冷え取り対策で元気なカラダを取り戻しましょう。

体温低下の原因

50年前と比べ、現代日本人の平均体温は低下の傾向にあります。考えられる原因は3つ。1つめは筋肉量の減少、2つめはエアコンの普及。3つめは、ストレスです。体温が1度下がると、基礎代謝力もが12%も低下し、新陳代謝が悪くなります。

これを防ぐには、とにかく体温を上げて新陳代謝を活発にすること。こうして体の老廃物を汗や尿、便などでどんどん排出していきましょう。

暴飲暴食はなぜ悪い?

暴飲暴食について「老廃物を出す」という視点から考えてみましょう。食べ過ぎてしまった体は、自然と吸収する方向に力を注ぐため、排泄の臓器までにまで力が回りません。このような状態が続くと、排泄能力低下の原因に。

老廃物が体に溜まりやすくなります。汗、便、尿などが出るようになると、体の代謝機能も本来の力を取り戻していきます。オススメは玄米食、体を温める食材を取り入れた食事。そして足湯や半身浴。冷え防止と代謝UPの二つの効果が期待できます。

筋肉量を増やして体温アップ

現代女性は圧倒的な筋肉不足で体温が低下した、ともいわれています。筋肉は熱を生産するので、ある程度の筋肉量は冷え対策にとても大切。とはいえ、ムキムキの筋肉質になる必要はありません。

アンチエイジングホルモンとも呼ばれる、成長ホルモンの分泌を促すことで、筋肉を適度に増やし冷えにくい体を作りましょう。これにはまず、歩く、寝る、就寝4時間前の飲食をなくす、の3つを心掛けて。

歩き(運動)はゆっくりとした速度を心掛けましょう。速度が遅いと筋肉は負荷の大きな運動だと錯覚し、脳が成長ホルモンの分泌を促します。これにより筋肉量が増え、体温も上昇。話題の加圧トレーニングも有効です。睡眠時には、必ず電気を消すことが大切。

電気を付けたままの就寝では、眼球が光を感知し、脳から睡眠を促すメラトニンが分泌されないため、睡眠の質が低下します。また、睡眠中の成長ホルモンを促すのに大切な条件が「空腹であること」。満腹状態で寝ることは内臓脂肪の原因にもなりますので、早めの夕食がオススメです。

香辛料で体温UP

ご存知の通り体温を上げる香辛料として有効なのが、トウガラシ、にんにく、しょうが、こしょう、わさび、からしなど。香辛料は、食べ合わせを気にする必要がないため、日頃の食事にどんどん取り入れましょう。ショウガを入れたジンジャーティーなどは、手軽に飲めるのでオススメです。

そして体温を上げるのに有効な栄養素が、たんぱく質。食べ合わせでより効果的に摂取することができます。オクラやなめこ、海藻といったヌルヌル・ネバネバ食品は、たんぱく質の吸収を高める食材。低体温が気になる方は、こういった食材をたんぱく質と組み合わせて食べるようにしましょう。

また、発酵食品に多く含まれるビタミンB2は、たんぱく質の代謝を高める効果があり、積極的に食事に取り入れたい食材です。たまねぎや青魚も、血行を促進するので、低体温の改善に有効です。

深呼吸は代謝を上げる

冷えの改善には、体に酸素を取り入れ新陳代謝を良くすることが大切です。きちんと呼吸をすることで、酸素を全身に巡らせ悪い物を吐き出していきましょう。

ストレスの多い現代では、緊張により呼吸が浅くなりがち。無意識のうちにこうなってしまうと、酸素の巡りが悪くなり体が冷えてしまいます。会社や出先などでは、腹式の深呼吸を5回程度行うだけでも、リフレッシュにもなりかなり有効。

毎朝、寝起きに10~20回程度深呼吸を行えば、徐々に血流が良くなり、目覚めもスッキリ。全身の血の巡りが良くなっていることを実感できるでしょう。

やっぱりオススメは半身浴

お風呂での温めは、冷え取りや冷え防止の最大の味方。シャワーのみで済ませることなく、しっかりと湯船につかりましょう。また、熱いお湯にサっとつかってカラスの行水・・・これも冷え防止には効果がありません。

体の表面の皮膚は熱くなりますが、血管が縮むため却って血行は悪化します。38~39℃のお湯で20分程度、ゆっくりと半身浴をして体の芯から温め、汗を大量にかくことで老廃物もしっかり出しましょう。

日々の習慣を改善していくことで、冷え防止には大きな効果があります。焦らずゆっくり、そして継続的に一年を通して、冷え知らずな体質、代謝の良い体質に。美肌にも大いに役立ちます!さぁ、毎日コツコツ、頑張りましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント