• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

たかが1日、されど1日、日帰りデートでどこまで行ける?【国内編】

Date:2013.05.06

旅行に行きたい、リフレッシュしたい!でもなかなかまとまった休みが取れない働く女性たち。そんなとき、おすすめなのが日帰り国内旅行です。

土曜に出掛ければ日曜はおうちでゆっくり休養できるうえに、日帰りなので大きな旅行鞄はいりません。準備といえば金券ショップで格安チケットを取るだけ。次の週末、どうでしょう?

過密スケジュールになるんじゃない?

それじゃあ、まるで出張と同じ……いえいえ、そんなことはありません。始発で出掛けて、自由に観光して終電に間に合うように帰ってくればいいだけです。前日まで仕事しているのに、始発に乗れるように起きるなんて無理! 

そんなとき、オススメなのが寝台特急。個室もあるので、遠慮することなく横になって手足を伸ばして眠れます。目を覚ますとそこは目的地、というのは便利ですね。

実際どうなの?

行ってきました、欲張って2県。始発の新幹線で広島へ行き、ローカル線に揺られながら呉へ。

2時間ほど観光したらお腹が空いてしまったので、お弁当を買って松山行きのフェリーに乗船。有名な音戸の瀬戸、美しい瀬戸内海の島々を眺めながらのランチ、内海なので波も穏やか、お昼寝タイムがしっかり確保できます。

港からは再びローカル線の旅。沿線には、あの有名なドラマ『東京ラブストーリー』の最終回に登場した駅もありました。どこの駅かは乗ってみてのお楽しみ。柵の部分に結ばれたハンカチが風に揺られているので、すぐに分かりますよ!

市街地に着いたらリフトで松山城へ登り、見学して、気付けば夕方。疲れてきたので道後温泉に入ってから空路で帰京することにしました。

いかがでしょうか。湯上りに「坊ちゃん団子」を食べて心身共にリフレッシュすれば、週明けのアナタは、職場の「マドンナ」になっているかもしれませんよ?

まるで愛媛みかん100%ジュース

思い立ったらポンと出掛ける旅の濃さ。きれいな景色を見て、美味しいものを食べたり、ときには地元の人たちの優しさに触れたり。とっても充実した1日が過ごせるはずです。

とはいえ、やっぱり旅行はのんびり楽しみたいもの。お気に入りの地域が見つかったら、次はゆっくり訪ねてみてください。旅する季節や一緒に行く人が異なると、同じ土地でも違った良さが発見できます。

今回は東京発でしたが、他の地域から出発するプランなど、日本の魅力をギューッと凝縮して、さまざまな場所を紹介していきたいと思います。お楽しみに!

この記事をシェアする

関連記事