• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

持っている筆記具で女子力がわかる!?油断できない意外な場所

Date:2012.08.07

100均文具は使わないように!

こんなことを言われた人はいませんか?

高額商品を扱う仕事をしている会社によくある規則らしいのですが、商談で使う文具などは安物ではいけない、という認識があるようです。言っている意味はわかります。

私どもの扱っている商品は高級品である、だからスタッフも一流である、ということを言いたいわけです。

現在は多くの筆記具や、電子技術を駆使したオフィスグッズが販売されていて、見た目にも楽しく、機能的なものを発見すると、つい欲しくなってしまいますが、筆記具の基本に立ち返って考えてみたいと思います。

小学生・中学生の筆記具集め

筆記具で女子力を上げる、とよく言いますが、女子なら誰しも小学生や中学生くらいの頃に経験済みなのではないでしょうか?

私の年代(20代後半)でいくと、ミルキーペンやラメ入りのペン、中には書くと文字が3色になったりするマーブルペンなんていうものがたくさんありました。

特にミルキーペンは専用の黒い用紙に書くのですが、黒とパステルの色味がとてもかわいらしく(今思えば、それでなぜ黒板にチョークがかわいいと思えなかったのか、不思議でならないのですが)女子必須アイテムと言っても過言ではないものとなっていました。

そういった筆記具でかわいらしい文字を書く女子が、今で言う女子力の高い子たちだったのです。

また、用もないのに友人に手紙を書いたり(毎日学校で会っているのに)、書いた手紙を無駄にかわいらしく折ったりするのも女子力の高さを見せつけるには必要なことでした。

こんなことで本当に女子力は上がるのか?と思いますが、これまた意外と効果はあるようで、確かにそういうペンで何かを書いているときは、自分の中にある女の子な部分が活性化している気がしていたものです。

それと同じような感覚で、オフィスでも他人とはちょっと違う、言わば色気のある文具を使うことで女子力を上げたいと思っている女性が多いのでしょう。

自分の趣味よりも相手に合わせる

完全なるブームで、みんながみんなミルキーペンを持っているときはいいのですが、筆記具で個性を出すとなるとこれはとても難しいことです。

そもそも私生活とビジネスとでは、使うシーンがあまりにも違います。ビジネスは対外であり、他人から見てどういった印象を持たれるか?ということがその後の成果にも大きく影響してきます。

自分の趣味や個性もいいですが、相手に合わせたものをチョイスすることで仕事の成果は格段にアップします。

人は、物を書く人のことをじっと見ることはできません。代わりに手元を見ます。どんな筆記具で書いているかはもちろんですが、どんな字を書くか、ということも大きな要素です。

PCやタブレットなどが出回っている昨今でも、やはり美しい筆記具で美しい字を書く人には好感が持てます。

筆記具にこだわったあの時代を思い出して、大人になった今だからこそできる素敵な筆記具探しをしてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

コメント