• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛出来ないのはコレが原因?卑屈な女に見えてしまう10の言動

Date:2015.04.23

shutterstock_140989165 - コピー

恋がしたい!そう思っていても、なかなかチャンスがやって来ない。また、気になる人がいるのに、どうも恋愛にまで発展しない・・・。そんな風に、恋愛になかなか縁がない女性の中には普段の何気ない言動が原因になっている可能性があります。

そんな、恋愛を縁遠くしてしまう言動とは、「卑屈な女に見えてしまう」言動パターンなのです。ここでは、ありがちな例を10コ取り上げますので、参考にしてみてくださいね。

1.自信がないアピール

自信たっぷりで、うぬぼれが強い女性も鼻に付くものですが、それとは逆に、自分に自信が全くないのを隠さずにあえてアピールしてくるような女性も、男性にとっては厄介なものです。

また、実際に自分で思っている以上に、自信がないことをあえて装っている女性もいます。こちらは、一旦自信のなさを表して、相手に「そんなことないよ」と否定してほしいという魂胆も感じられます。

いずれにしても、

  • 「私なんて」
  • 「自分にはどうせ無理です」
  • 「私はいいです(結構です)」

などというセリフや、必要以上に控え目にしたり遠慮がちに振る舞うなどは、男性から見て、魅力的に見えません。それどころか、話していても疲れを感じてしまいます。

本人は、謙虚さを装っているつもりのこともありますが、かえって面倒くさい女性に映ってしまいます。これでは、多くの男性から恋愛対象として見てもらえなくなってしまうでしょう。

2.被害妄想が強い

ちょっとしたことでも、必要以上に悪く捉えてしまう女性がいます。そして、それをグチグチと周りにこぼしています。このような女性によく見られる言動は、

  • 「私は運が悪い」
  • 「男運がない」
  • 「何をやってもうまくいかない」
  • 「また失敗した」

といった、自分についての言い方の他、

  • 「あの人のせいで」
  • 「あの人がいるから(あの人さえいなければ)」
  • 「私のせいじゃないのに」

などのように、人に責任転嫁しているような言い方もよく見受けられます。

根本に被害妄想がありますので、たまたま起きてしまった良くない出来事でも、いつも失敗したりうまくいっていないかのような表現になってしまいます。また、誰かのせいで自分はうまくいかないというような思い込みもあります。

いずれも、聞いていて気持ちの良い言葉ではないですよね。男性は、女性に優しさや癒やしを求めていますので、こんなセリフをしょっちゅう言っている女性とは、恋愛どころか、関わりたくないと思ってしまうのも無理はありません。

3.他人の幸せを喜べない

友人などの結婚報告や、おめでたい知らせを聞くと、良かったね、という気持ちで喜べずに、悔しさなどの妬みの感情が先に立ってしまう女性がいます。もし、そんな感情を抱いても、それは一瞬で、ちゃんと祝福出来れば良いのですが・・・。

まずいのは、そんな妬みの感情を、ついつい誰かにぶちまけてしまう女性です。時には、SNSの日記などに書いてしまう女性もいます。そんな時に取る言動として、

  • 「なんであの子が幸せになれて私はなれないの?」
  • 「いいなぁ・・・それに比べて私は・・・」

など、自分と比較してしまっているもの、またはストレートに

  • 「先を越されてムカつく!」
  • 「あの人ばっかりズルい!」
  • 「失敗すればいいのに」

という感情的なものや、あからさまに不幸を願うもの、また、

  • 「おめでとう」と言いながら目が笑っていない

などが挙げられます。

このような怖い言動を、男性に見られていなかったとしても、やはり誰かの幸せに対していつもそんな気持ちでいると、それはオーラのように雰囲気に表れてしまいます。どことなく卑屈な感じが漂ってしまうので、カンの良い男性には見抜かれそうです。

4.人の批判が多い

しょっちゅう誰かのことを批判しているような女性は、近寄り難く感じるものです。直接の身近な人に限らず、今テレビに出ている人のことを、まるで評論家のように批判しながら見ている女性も、ちょっと怖いと思われてしまうでしょう。

人のことを批判ばかりしている女性は、「だったら自分はどうなの?」という目で見られるようになります。人に向けた矢が自分に返ってくるかのようですね。女性同士で盛り上がることはあっても、男性相手に

  • 「あの人のこんなところはダメ!」
  • 「あの人は不注意でこの仕事に向いていない」
  • 「あの人は口下手で意味がわからない」

などと他人の批判を繰り広げていると、「この女性とは付き合いたくないな」と思われてしまうのがオチです。なぜなら、きっと自分も批判されるだろうと感じるからです。

5.何かのせいにして行動しない

あることを、本当にやりたいのか、それほどではないのかは、他人からは実際のところは分かりません。ただ、あることをしたい、やってみたいと言いながらも、何かのせいにして、行動を始めようとしない女性がいます。

彼女たちにありがちな言動は、

  • 「お金がないから出来ない」
  • 「もう歳だから出来ない」
  • 「時間がないから出来ない」

といった感じです。

なんだか、やってみる前から諦めている印象です。それならば、最初から「したい、してみたい」などと言わなければ・・・と感じてしまいますよね。

こういった言動を聞き、励ましてくれる男性もいるでしょう。それなのに、「やっぱり出来ない」と、やってみようとしない女性とは、なんだか話していても無駄だな・・・と感じさせてしまいます。

消極的、後ろ向きでつまらない女性に映り、関係が深まる前に男性が離れていってしまうでしょう。

6.人の持っているものを見て僻む

よく、人の長所や所有物、得意なことだけを見て、

  • 「あなたはいいよね、そんなことが出来て」
  • 「いいよね、○○を持っているから」

などというトゲのある言い方で僻みを露わにしてくる女性がいます。このような女性は、その人がどのようにしてそれを手に入れたり、出来るようになったのかというところは考えず、今手にしている結果だけを見て羨んでいるようです。

「すごいね、素敵ね!」という、ただ純粋にそれを褒めている、あこがれの眼差しで見ている場合と違って、言われた方は、どことなく居心地の悪さを感じてしまいます。自分自身、卑屈な女に見えて自分を下げてしまうことに気付いていないのでしょう。

そしてこのような女性は、往々にして、

  • 「男の人はいいよね!」

というセリフを言ってしまっている可能性が高いでしょう。

男性だって、色々と大変なことはあるはずです。なのに、メリットだけを捉えてそんな言い方をされても・・・と思ってしまうはずです。そのように視点が乏しい女性とは、恋愛したくないと感じさせてしまいそうです。

7.自分にないものに焦点を当てる

自分が持っていないものや、出来ないことばかりに、自ら焦点を当ててしまい、それを元にグチをこぼすタイプです。

  • 「私には才能なんてないから」
  • 「私には頼れる人がいないから」
  • 「私はかわいくないから」

など、わざわざ言わなくてもいいのに、口にしてはため息をついています。これでは、それを聞かされた人も、最初は励ましますが、徐々に対応に困ってしまうでしょう。

もしも男性が、そんな姿を見てしまったら、本当に、才能がない、特技がない、かわいくない女性なのだな!と受け取ってしまいます。

何より、それを得ようと努力しているのではなく、卑屈になって落ち込んでいる姿を見れば、魅力を感じませんし、ガッカリして恋愛対象から外してしまうのです。

8.まず疑ってかかる

今までの人生のどこかの過程で、人を手放しで信用できなくなってしまった出来事があったのかもしれませんが、人のことをまず疑ってかかるタイプの女性がいます。

原因となった出来事があったことについては、同情を感じますが、普通に接している人までも疑いから入るのは、失礼に当たりますよね。

男性に対しても、

  • 「誰にでも同じことを言っているんじゃないですか?」
  • 「ウソっぽい」
  • 「軽そうで信用出来ない」

などと言ってしまったり、相手がまじめに話しているのに、信じようとしないで話半分で聴いているような態度を取ってしまったり・・・。

そんな女性は、せっかく興味を示してくれた男性を傷つけてしまうことがありますし、そのうち男性から卑屈に見られ呆れられてしまいます。やっと信用できそうかな?と思った頃には、もう相手が諦めて離れて行った後だった・・・ということにもなりかねません。

9.褒められても全力で否定する

せっかく誰かが褒めてくれた時でも、なぜか全力で否定しようとする女性がいます。

  • 「そんなことないです!!」
  • 「私なんて全然です!」
  • 「あなたの方がすごいです!」

など、中には、相手を褒め返しながら自分を否定するような言い方もあります。

なぜそこまで全力で否定しようとするのか、照れているのかな?と思われる場合もありますが、あまりにも否定の仕方が激しいと、逆に悪いことを言ったのかな?余計なことを言ったかな?と相手に気を遣わせてしまいます。

相手が男性だった場合、「自分は嫌がられているのかも?」と不安にさせたり、「話しにくい女性かも」と感じさせたりもします。褒められた時、素直に「ありがとうございます!」と返してくれる女性の方が、男性にとってはテンションも上がるようです。

10.世の中を憂いている

世の中には、確かに自分の努力だけではどうにもならないことも、たくさんあると思います。悔しい経験をたくさんしてきたのかもしれませんが、もう世の中に対して絶望していたり、未来を憂いていたりする言動が目立つ女性がいます。

何かといえば、

  • 「こんな世の中だから無理だよ」
  • 「世の中が悪いから仕方ない」
  • 「どうせ頑張っても、こんな世の中じゃ、たいして変わらない」

などといった感じです。

うすうすそんな風に感じることはあっても、ズバリと言い切ってしまうと、なんだか希望がない感じになってしまってもの悲しくなりますね。

恋愛というのは、相手と一緒にこれからのより良い未来を思い描いていくことでもあります。それなのに、まるで人生に絶望しているような言動を取っている女性とは、明るい未来が想像しづらく、恋愛関係になる気は起こらないはずです。

自分の言動を振り返ってみる

shutterstock_123062683 - コピー
知らず知らずに、ここで挙げたような言動を取っていた!と、思い当たるフシがあった女性もいたと思います。普段、自分が何気なく口にしていることは、そんなに深い意味を込めず、単なるクセになっている可能性もあるでしょう。

しかし、人に与える印象が違ってきて、恋愛が縁遠くなってしまうのなら、できるだけそんな言動は慎みたいですよね。それにはまず、一日の終りに、今日は自分がどんな場面でどんなことを言っていたかを振り返って記録してみるのも良さそうです。

自分で、「これは直したい!」ということが自覚できれば、その後の言動を意識して改善しやすくなるはずです。

この記事をシェアする

関連記事