• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

間違った貧血処置が原因!脂漏性皮膚炎はこうして起こる

Date:2012.07.21

女性は貧血に悩まされている人が多いです。頭痛や立ちくらみ、イライラの原因になるこの貧血を少しでも改善しようとしてせっせとサプリメントで補充しようとしていませんか?

しかし、あなたのその症状は本当に貧血ですか?間違った貧血対策は思わぬところで別の症状を生む事にもなってしまいます。

脂漏性皮膚炎は、血液の塩分濃度が上がりすぎて起こる

人間の体液は、生理的食塩水と同じでその濃度は一定に保たれています。その濃度が濃くなると、血液の塩分濃度が上がって血が濃くなります。

これは、完全に水分不足の状態です。血中の塩分濃度が濃くなると血液の温度が上がってしまうのをご存知でしょうか。

そうするとさらに水分不足となって肌は乾燥し、炎症をおこしやすくするのですね。「脂漏性皮膚炎」も、お肌の水分不足が原因のひとつになって起こります。

お肌の水分量が少ないと、普通は皮脂を水分で中和して放出させるところを皮脂だけが出るようになります。この自分で放出した皮脂に肌がかぶれてしまい炎症を起こすのが、この「脂漏性皮膚炎」なのですね。

ようは、脂分を含む自分の”体液”が濃すぎるためにかぶれてしまっているのです。

塩分を控え、水分を多く取って濃くなりすぎた血を薄めてあげて

塩分濃度が高くなって起こる「脂漏性皮脂炎」には、塩分を控えて水分を補給するが一番の解決方法です。また、貧血だと思い込んでむやみにサプリメントなどを服用すると、ますます血が濃くなってしまいます。

生理時の出血量が増えたりなどの症状を起こすことだってありますので、注意が必要です。もちろん洗顔をこまめに行う事も大切です。ただし、洗顔の時はむやみにゴシゴシこすって必要な脂まで流してしまわないように注意しましょう。

最低限度必要な皮脂は残しておかないと、身体は皮脂不足をキャッチしてますます脂分を分泌しようとするからです。

洗顔は、入浴時以外は石鹸を付けて洗わなくてもかまいませんよ!ぬるま湯で丁寧にすすぐだけでも効果はありますし、下手に潤いまで奪わないのでお肌には最適でしょう。

ただ、乾燥はNGですから、洗顔のたびに保湿性の高いスキンケアなどで毎回ケアしておきましょう。

まずは、本当に貧血かどうかの診断が必要です。また、骨盤の開閉がうまくいかない人は、水分を蓄える力が弱い傾向にありますので、骨盤をしなやかに保つという事も乾燥体質の人に必要です。

この記事をシェアする

関連記事

コメント