• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

働く女性必見のヒールで膝に負担をかけない階段の上がり下りのコツ

Date:2013.04.05

駅の階段の上り下りの際に膝の痛みを感じたことはありませんか?スニーカーやローヒールならまだ大丈夫かもしれませんが、ハイヒールなどの靴は階段の上り下りは特に膝に負担がかかります。

ちょっとでも膝を傷めたことがある人は、ヒールでは階段をリズミカルに下りたりするのは困難です。

そのままでは、膝をさらに傷めてしまったり、他の部分にも負担をかけて他の場所が痛くなったりすることもあります。また、転んでしまう危険性もありますね。また、痛みを我慢して階段を下りている姿は格好悪いもの。

エレガントに女性らしく階段の上り下りをする方法、そして階段の上り下りで膝に負担をかけない方法を身につけましょう。

階段を上がるときにはつま先で

ヒールで階段を上るときには、ヒールの部分をつけずにつま先だけで上るようにするとスムーズで、キレイに見えます。決して前屈みにならないように注意しましょう。背筋を伸ばすことが大事ですよ。

ただし、慣れるまでは不安定になって危険ですので、最初はヒールの部分も階段に乗せるようにしましょう。その際に、つま先に力を入れてかかとの部分の力は抜くようにします。

階段を下りるときには手すりを使用

ヒールで無理に階段を下りようとするのは危険です。必ず手すりにつかまるようにしましょう。特に膝に痛みがある場合は、いつバランスを崩すか分かりません。手すりにしっかりとつかまり、ゆっくりと下りるようにします。

膝をかばって下りようとすると姿勢が不自然になりがちですが、ゆっくりと膝を曲げて下りるようにすれば、膝の痛みも軽減され、不自然な姿勢には見えないでしょう。

膝の痛みを軽減する階段の上り下り

膝の痛みが激しいときには、階段を上るときには足の裏全体をつけるようにしましょう。エレガントに見えないからといっても無理はいけません。その際に姿勢に注意すれば、格好悪く見えることはありません。痛みを軽くすることを優先しましょう。

階段を下りる際には、膝とつま先を同じ方法にして、足を斜めに下ろすようにして下りましょう。まっすぐに下ろすと膝に痛みを感じます。

また、両足の膝を曲げた状態で下りると膝に負担をかけないとされています。さらに下りる際には手すりにつかまることを忘れずに。

膝に負担をかけないヒールの選び方

膝に負担をかけないためにはハイヒールではなくローヒールを選びましょう。できるなら3cm程度のヒールがおススメです。また、ピンヒールではなく、できるだけ安定感のあるヒールを選びましょう。

足の5本の指全体が自由に動かせて、バランスよく力が入れられるデザインの靴が理想です。できるだけ、つま先がとがっているものは避けましょう。また、足に痛みを感じる靴や窮屈な靴は避けて、自分の足に合った靴を履きましょう。

太ももの筋肉を鍛える

膝に負担をかけないようにするには、太ももの筋肉を鍛えることが必要です。太ももの筋肉を鍛えるエクササイズを一つ紹介しましょう。

  • イスに浅く腰かけ、両足を床と水平になるまでまっすぐに上げます。そのまま5つ数えます。このとき腰に負担がかからないように、お腹に力を入れておきます。
  • ゆっくり足を下ろします。

足の筋肉をほぐす

足の筋肉が硬いと、膝に負担がかかりやすくなります。股関節、太ももの裏・表、足首、ふくらはぎ、アキレス腱などのストレッチを毎日行うようにしましょう。時にはマッサージや整体に行って足の筋肉をほぐしてもらうことも必要ですよ。

ダイエットをする

体重が増えると膝に負担がかかりやすくなります。体重が平均よりも多い人はダイエットをするようにしましょう。健康と美容のためにも大切ですね。

カロリーを多く摂っている人は徐々にカロリーを控え、間食が多い人は食べる時間を決めるなど、ダラダラ食べるのをやめるようにしましょう。

食事制限も多少は必要ですが、大切なのは基礎代謝をあげること。運動をして代謝のいい体をつくり太らない体にすることが必要です。

適度な運動は必要

膝が痛いからと運動をせずに膝を使わないと、筋肉が固まってしまい膝の痛みはよくなりません。無理をしない程度に運動をするようにしましょう。痛みがひどくならない程度に膝を動かすのも必要ですよ。

膝を動かした後は必ず膝を冷やすこと。氷をビニール袋に入れてタオルに巻いて10~20分程度冷やします。アイスノンなどを利用してもいいですね。

痛みがひどいときには10分冷やしたら10分置いて、また10分冷やす、というのを2~3回繰り返します。痛みのあるときには痛みがひくまで安静にしましょう。

この記事をシェアする

関連記事